「ナウマン伝」

昨年発行された「ナウマン伝」を紹介した。いろんな資料を追加して話しをしたら40分の予定時間をかなり超過してしまった。帰りに先輩から良かったと言われほっとした。 第148回 最終間氷期勉強会のお知らせ     日  時:2020年 8月 29日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号)…
コメント:0

続きを読むread more

暖かい海水の流入によって生じる白瀬氷河の顕著な融解プロセスを解明

北大の新着ニュース。https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/08/post-716.html 北海道大学低温科学研究所の平野大輔助教,国立極地研究所の田村岳史准教授,海洋研究開発機構の草原和弥研究員らの研究グループは,現場観測と数値モデルの手法を融合し,暖かい海水の流入によって生じる白瀬氷河の顕著な融解…
コメント:0

続きを読むread more

與那城美和の 白鳥の歌

「ミワさんの名が世に知られるようになったのは、7年前。 『っすとぅす゜(白鳥)ぬあーぐ』という古謡との出会いだった。 狩俣で遊んだ帰りの青年たちが、サディフガーの近くで とても美しい女性の唄声を聞いたんだって。 その声に惹かれて近くに寄ってみると、 大樹の枝が天に昇るように伸びていて、 そこに一羽の白い鳥がとまってた…
コメント:0

続きを読むread more

三峡ダム

日経ニュースによると「長江中流の湖北省にある三峡ダムへの警戒は高まる。中国国営中央テレビによると、三峡ダムへの入水量は過去最大の毎秒7万6千立方メートルに近く達する見通し。すでに10カ所の水門から過去最大となる毎秒4万8千立方メートルを放水するが、流入量に追いつかず、水位は過去最高の166メートルに達する見通しだ。」 20日19時で1…
コメント:0

続きを読むread more

まぶたがピクピク動く

眼瞼(がんけん)けいれん というらしい。 「最近私は、薬物性眼瞼けいれんの予備軍ともいうべき症例を早期に発見するために「ベンゾジアゼビン眼症」という用語を提唱しています。この薬ではないかと自分で気付き、断薬したことで完全に改善した患者について前述しましたが、この例は、非常に早期に発見すればこの難病も改善させられる可能性を示しています。…
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園

夏のカナールの清掃が終ったので、再訪した。カナールの水は底が見える程綺麗になっていた。カモの子供が8羽泳いでいる。流れない水たまりは腐敗する。すぐ脇を流れている川の水の一部を流すことができればいいのにと思う。 ムクゲが咲始めている。真っ赤な花は八重のようだ。これは園内のアズキナシ。 「今年は新型コロナウイルス対策で春のカナール清…
コメント:0

続きを読むread more

「不許可写真」

草森紳一「不許可写真」(2008年)文春新書 は膨大な戦時中の写真を閲覧して作った作品。 「戦争は、所詮、殺戮合戦である。兵器は殺人のためにあり、惨劇は大前提である。死体写真は論外の「不許可」となるのは、綺麗な戦争というものはないからである。にもかかわらず、「不許可」にして、あくまで死者なきが如く綺麗事に見せるのが、戦争宣伝である。…
コメント:0

続きを読むread more

「星夜航行」

上下2巻の分厚い本だ。主人公は架空の人物かと思って、読み終えたが、実在の人物らしい。森鴎外の短編小説「佐橋甚五郎」がその根拠らしい。家康のもとから姿を消した甚五郎が後年、朝鮮国からの使節団の一員として家康の前に出現する話。「星は雨や曇りの日には見えませんが、一定の軌道で動きます。人生には変転がありますが、どんな立場になっても心の指針がぶ…
コメント:0

続きを読むread more

墓参り

8月16日、やや涼しげな墓参り日よりでした。姪一家4名も参加し、お花も色とりどりでした。赤ちゃんは最初は緊張していたが、最後には笑い顔を見せてくれた。コロナのため接触はしなかったが、今度はだっこしましょう。
コメント:0

続きを読むread more

オウバイ(黄梅)

「新しい植木事典」を見ていたら、ラッパ状の黄色い花を見つけた。高杯形の六枚花弁。春一番を告げる早春の花とある。同時に咲く梅の花と似ているので黄梅と呼ばれている。別名は金梅。ジャスミンの仲間だが匂いはないらしい。つる性の木で茎は丸くなく四稜形で、葉が出る前に花が咲く。全国で植栽可とあるが、札幌でもあるのだろうか。英語でWinter jas…
コメント:0

続きを読むread more

ヘティ クース エンダン

Hetty Koes Endangはインドネシア西ジャワ州出身の歌手。クロンチョン、ダンドット、ポップスンダなどレパートリーが広い。 一時、ヘティ クース エンダンやエルフィー スカエシなどのインドネシアのカセットをよく聞いていた。日本の感性とよく似ている。 Kasmaran恋におちて 花を見ればあなたのことが思い浮ぶ、素敵な顔が見…
コメント:0

続きを読むread more

北大フェロー(研究員)の周庭氏

北大の研究員だとは知らなかった。 8月14日の道新ニュース 香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で逮捕、その後釈放された民主活動家で北大フェロー(研究員)の周庭氏らを支援するため、同大の教員らが賛同者の署名を募っている。  周氏は昨年10月から北大公共政策大学院のフェロー。同大学院の遠藤乾院長ら大学教授や弁護士など20人…
コメント:0

続きを読むread more

今年度初めての音楽会

RedBerry Studio GardennLive14。8月13日16:00~16:40 。西区八軒のレッドベリースタジオの玄関前庭を開放しての辻千絵ピアノソロ屋外ライブ。途中から椅子が追加されて座ることができた。ちょっと涼しい感じで気持のいいコンサートでした。参加無料で投銭歓迎。 この場所にはredoberry(カリンズ)が…
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群

8月13日01時頃。流れ星はけっこう発生しているが、カメラの向きにはなかなか来てくれない。30分でやっと1個撮った。月の明りで右側が明るくなっている。上の方のWの形はカシオペア。
コメント:0

続きを読むread more

悶え神

「煩悩」と言いますのは、宗教的には絶たなきゃならないものですが、水俣では肯定的に使います。年寄りたちが幼いものたちに情愛をかけることを、「わたしは、あの子に煩悩で、煩悩で」と申します。情愛の表現として、離れがたい、絶つことのできない情愛を肯定的に申します。「あの子たちに煩悩でならんこっで、あの世になかなか行けません」という風に言いますけ…
コメント:0

続きを読むread more

雪氷桜のオブジェ

「真夏に咲き誇る桜。雪で冷やした倉庫に貯蔵して開花を遅らせた「雪氷桜」です。札幌のマラソンコースに飾るため道内34市町村から集められたものですが、オリンピックが延期となり市民や観光客ため展示されることになりました。」雪氷桜を作るため、いくら掛ったのだろうか?無意味なお・も・て・な・し。これは札幌駅地下。
コメント:0

続きを読むread more

お盆の法要

仏前に提灯を飾り、お寺さんに読経をしていただく。今年もお盆のかき入れ時は忙しそうだ。コロナのおかげで何もかも簡素化が進み、お寺、葬儀屋、仕出し屋、花やさんは大変です。コロナが終った後に簡素化だけが残るのがもっと怖いとか。
コメント:0

続きを読むread more

花石菖

昨年頂いたハナゼキショウに初めて花が咲いた。総状花序の小さな白い花が美しい。山野草の愛好家に人気があるらしい。オモダカ目チシマゼキショウ科に属する。
コメント:1

続きを読むread more

空一面の巻雲

昨日の夕方。巻雲の説明に「高度が高いため、全天を覆うと、一点から放射状に広がっているようにも見えることもある」とあるが、左下から広がっているように見える。
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンの歌姫

Sanam Marvi サナム・マールヴィーは世界中でスーフィーのコンサートを行い、スーフィー、ガザール、フォークのジャンルで最も優れたパフォーマとされている。(wikipediaによる) (サナム・マールヴィー。パキスタン若手女性歌手のトップに立つ古典及び民謡歌手。1986年、パキスタン・スィンド州ハイデラバード生まれ。父…
コメント:0

続きを読むread more

記憶は誤りやすい

George Harrison - My Sweet Lord (Official Audio) The Chiffons - He´s So Fine オリヴァー・サックスの遺作「意識の川をゆく」の「記憶は誤りやすい」のなかで、「心や脳内には、私たちの思い出の真実を、というか少なくとも事実と一致する特徴を、保証するメカニズムはない…
コメント:0

続きを読むread more

インドの感染者

1日当りの感染者はブラジルを抜いて、3位から2位になった。 27日の同国の新規感染者数は4万4千人と米国(5万6千人)に次ぐ規模で、ブラジルの2倍近い。警察官ら公務員の感染が続いているほか、結婚式で感染が拡大するケースもあり、一部の州は結婚式の参加人数を制限した。貧困層の感染も多い。ムンバイで実施された「抗体検査」ではスラムの被検者の…
コメント:1

続きを読むread more

危機をあおるニュース

危機的な情報ほど予算が取りやすいのだろうか。 これは森林の減少が現在のペースで進行すると、低人口で安定状態になるか、あるいは完全な絶滅に至ると予想され、その期間不能点は20年~40年以内に来る、という論文。 Nature Scientific Reportsにチリ・タラパカ大学電子工学科のマウロ・ボローニャ教授と、アラン・チュー…
コメント:0

続きを読むread more

顔を見せない歌姫 SIA

バセドー氏病により顔が変ったのが顔を隠す原因らしい。アルコール依存症や薬物中毒から抜出して創ったのがこの「 Chandelier(シャンデリア)」 SIA(シーア)は1975年生れのオーストラリアの歌手、ソングライター。
コメント:0

続きを読むread more

Eテレがおもしろい

最近、Eテレが面白く、バルバラ等を見ている。昨日は地球ドラマチック「1億年の謎!恐竜化石の事件簿」を見た。 胃の中の食べ物の化石から秋の雨期に死亡したことを推定したり、腹を上にして堆積している原因を解剖学的腐敗実験から探ったりと、素人にもなるほどと思わせる番組だった。海緑石は深さ50m以上の海底で生成されると番組では説明していたが、生…
コメント:0

続きを読むread more

伊達被ばく論文 英学術誌が撤回

福島県立医科大学などの研究グループが、原発事故にともなう伊達市の住民の被ばく線量を推定した論文に、住民の同意を得ていないデータを使っていた問題で、この論文を掲載したイギリスの学術誌は、倫理的に不適切なデータが使われたことを確認したとして、論文が撤回されたことを公表しました。<中略>県立医科大学は、論文をもとに授与した宮崎講師…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルニュース 7月分

7/31 コロナのデータ、広島原爆犠牲者並みとの声も、死者91,377人(1日に1,189人増)、感染者2,613,789人(1日に58,271人増) 7/31 新紙幣200レアル札発行=8月末から流通予定 7/31 「リオを再び首都に!」=仰天の憲法改正案を提案 7/30 《サンパウロ市》成人11%以上がすでに抗…
コメント:0

続きを読むread more