「不許可写真」

草森紳一「不許可写真」(2008年)文春新書 は膨大な戦時中の写真を閲覧して作った作品。 「戦争は、所詮、殺戮合戦である。兵器は殺人のためにあり、惨劇は大前提である。死体写真は論外の「不許可」となるのは、綺麗な戦争というものはないからである。にもかかわらず、「不許可」にして、あくまで死者なきが如く綺麗事に見せるのが、戦争宣伝である。…
コメント:0

続きを読むread more