[「雪の練習生」

ところがその同じナマケグマが二度目に顔を合せると厳しい顔で、「君は意味も無くその辺を歩き回ったり、ショーをやってみんなを喜ばしたりしている。そんな人生に意味はあるのか」とつっかかってきた。「そういうあなたは一体どうゆう有意義なことをして毎日を過しているんですか」と聞きかえしてやると、「怠けているのさ」という答えが返ってきた。「怠けるというのはとても立派な仕事で、しかも勇気のいることだ。君はみんなの前で遊んで見せることを期待されている。遊びを怠けて観客をがっかりさせる勇気があるか。君は毎朝楽しい散歩に出かける。その楽しさを締めて、怠けて部屋に残るだけの意志の強さがあるか。」
-----------極北の地に生まれ、サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書きつづける「わたし」。その娘で、女曲芸師と歴史に残る「死の接吻」を演じた「トスカ」。そして、ベルリン動物園のスターとなった孫の「クヌート」。人と動物の境を自在に行き来しつつ語られる、奇想天外で美しくたくましいホッキョクグマ三代の物語。yuk.PNG----------
「時々でいいから、全然知らない人と、用もなく喋ってみてください。これは私からの提案です。意味のない会話が、今の日本には欠けているんじゃないかな。用がないと話さない社会なんて、とても寂しいです。何もないところから、あることないことを引き出していくやり取りって、大事だと思うんですよね。そういう会話にも、楽しさや喜びがあるんだということを、ぜひ覚えていてください」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント