サハの口琴「ホムス」

ホムスの名人は多い。大会も開かれている。
The Udagan's dream" BRAND NEW music video by Saydyy Kuo FedorovaSaydyy Kuoは、ユニークなSakha楽器「Khomus」のスペシャリストであり、多様なSakhaボーカルスタイルのマスターでもあります。彼女はこれらの要素をまとめて正確なビジョンに作り上げ、その起源の本質だけでなく、観客の想像力も捉えたパフォーマンスを通じて国際的な影響を与えました。(自動翻訳)。シベリアの先住民族サハ族の伝統後継者。


アジアセンター2015で第1回フーメイ国際フェスティバルコンペティションのオープニングでアルビナ・デグチャレバAlbinaDegtyareva(ヤクート(サハ)による演奏。彫刻コンプレックス「キングスハント」、クズル、トゥヴァ共和国、10.08.2015

宇宙の伝説-アルビナ/アヤルハーン

アヤルハーンAyarkhaan世界創造の伝説
東シベリア・サハ共和国の口琴/ヴォイスグループ。グループ名は「創る心」を意味する。リーダーのアリビナ・ジェグチャリョーヴァは、ヤクーツク国立大学(現・北東連邦大学)歴史・言語学部でヤクート(サハ)語・ヤクート(サハ)文学を専攻中にイヴァン・アレクセイエフの口琴アンサンブル「アルグィス(祝福)」のメンバーとなり、1991年にサハで開催された第2回国際口琴大会参加をきっかけに、世界各地で演奏を行なうようになり、2011年の第7回国際口琴大会で9人の「世界口琴名人」の1人に選ばれている。2002年にアヤルハーンを結成。世界各地に様々な形態で存在し、サハでは神が作った楽器とも言われ国民的に親しまれている口琴(ホムス)を超絶技法で駆使。また、消滅しつつあった伝統的歌唱法「d'ieretii yrya」を復興するとともに究める。電子音響とも錯覚するような複雑で豊かな倍音を生み、様々な動物の鳴き声、風や波の音などを生き生きと再現し、音/音楽/歌/言葉が同時に響くパフォーマンスを通して「自然」を現前させる。
「d'ieretii yrya」の歌唱法って、どうするんだろう。

Ayarkhaan - Dedication to Kudai Bakhsy, the blacksmiths' patron

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント