ヤマガラとカワラヒワ

ヤマガラが来ると,カワラヒワは席を譲る。今日は天気がいいので、冬囲いを解く。手稲山を観るとpn2.5も黄砂もないはずなのに、ぼやっとしている。濃度は薄いけれども、まだ黄砂は残っているのだろうか。それとも春霞というものかな。
コメント:0

続きを読むread more

ノマドランド

シアターキノで「ノマドランド」を観る。二重丸のお勧め映画だ。俳優は二人だけで、他は実際のノマドの人々らしい。ヒリヒリする寂寥感とその中にある僅かな希望がたまらない。現代のホーボー物語だ。ノマドは放浪の民のこと。ホームレスではなく、ハウスレスで車上生活をしながらノマド生活を続けている。開拓者に郷愁を持つアメリカならではのロードムービーだけ…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックは中止すべき。

トップがオリンピックを止めたいと思っても、止め方が判らないのではないか。辞めたときの影響の大きさに判断停止状態になっているのではないか。外圧が大きければ、すんなり従うけれど、今回は妙に曖昧で。 ------------------- 米放送局「NBC」が「新型コロナウイルスの恐怖がある中、東京五輪の聖火リレーが始まったが、これは廃止…
コメント:2

続きを読むread more

ゾンビ遺伝子

Gigazine 2021.3.25のニュースより。 死後にグリア細胞を発現させた遺伝子群は「ゾンビ細胞」といった名前で知られ、これまで人間の体内で存在が確認されてきましたが、今回の実験で脳内にも存在することが示唆されました。 グリア細胞は酸素欠乏や脳卒中などによる脳の損傷後、壊れた神経細胞などの老廃物を除去する働きを持っていま…
コメント:0

続きを読むread more

福寿草

やっと咲きました。 先日、テレビの「植物に学ぶ生存戦略」を見ていたら、福寿草は太陽の光を集光し温度を上げることできると説明していた。実際に温度を測ると花の中は23.2度、回りの草木は22.0度で確かに温度が高い。
コメント:0

続きを読むread more

ララバイ

アゼルバイジャン(ロシア)のララバイ--Rauf & Faikは双子の兄弟 Vietsub _ Lyric_ Колыбельная (Lullaby) - Rauf & Faik オオカミのララバイ--ジョナ・ジントンはスエ-デンの音楽家 THE WOLF SONG - Nordic Lullaby - Vargsången…
コメント:0

続きを読むread more

従業員の仕事にたいするモチベーション

平川克美「株式会社の世界史-「病理」と「戦争」の500年」2020年より。多くのサラリーマンが実感していることが分りやすい言葉で書いてある。 経営者も、従業員も、もし個々の経済合理性だけで行動してゆけば、企業そのものを存続させてゆくためにどうしても必要な、モチベーションを維持することができない。金銭モチベーションは瞬間的には効果的だが…
コメント:0

続きを読むread more

サハの口琴「ホムス」

ホムスの名人は多い。大会も開かれている。 The Udagan's dream" BRAND NEW music video by Saydyy Kuo FedorovaSaydyy Kuoは、ユニークなSakha楽器「Khomus」のスペシャリストであり、多様なSakhaボーカルスタイルのマスターでもあります。彼女はこれらの要素をま…
コメント:0

続きを読むread more

エメル・マトルティ

エメルはチュニジア出身のシンガーソングライター。チュニジア革命の声として広く知られる。 夢 目を閉じて夢を手に取ることができれば、新しい空を舞い上がり、悲しみを忘れてしまいます。想像の中で旅をすることができれば、愛と希望のある宮殿や夜を建てることができます。成長することができ、私たちは痛みを消し去ります。 Emel Mathlout…
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画「地球で最も安全な場所を探して」

原題「Journey to the safest on earth」 世界各地の原発から出る“核のごみ”の処分場を巡る問題に迫ったドキュメンタリー。この60年間に蓄積された高レベル放射性廃棄物は、世界で35万トン以上にも及ぶ。それらは数万年にわたって安全な場所に保管する必要があるが、その施設が十分に整備されないまま、廃棄物は世界中…
コメント:0

続きを読むread more

南極観測隊帰国報告会

南極地域観測隊帰国報告会---オンライン開催 3月21日(日)14時~15時 出演者 61次隊 越冬隊長 青山雄一、62次隊 隊長 橋田元 配信媒体:極地研公式YouTubeチャンネル 質問コーナーも入れて、1時間では概要しか説明できない。しかもyoutubeだと、誰が聞いているか分らないので、迂闊なことはしゃべれないしなー…
コメント:0

続きを読むread more

クレオパトラ・ストラタン

モルドバ出身でルーマニアを中心に活動している歌手。2002年生れ。3歳で歌手デビュー。 Cleopatra Stratan - Ghita (Official Video) デビュー曲にあたる『ギツァ』(Ghiţă)が2006年のルーマニアのシングルチャートで6週連続1位 Cleopatra Stratan - Zunea-zun…
コメント:0

続きを読むread more

コンサート

JAF会員のための音楽会 3月16日19時~21時 場所 hitaru シベリウス 組曲カレリア シベリウス ヴァイオリン協奏曲 金川真弓 モーツアルト 魔笛 序曲 ヴェルディ シチリア島の夕べの祈り 序曲 ワーグナー ニュルンベルグのマイスタージンガー 前奏曲 指揮 飯森範親 演奏 札幌交響楽団 コロナのせい…
コメント:0

続きを読むread more

目からウロコが落ちる

中野剛志「奇跡の経済教室-基礎知識編」2019年 を読む。すごく歯切れのいい解釈で、分りやすい。最後の章では15のポイントにまとめられている。経済の素人なので、善し悪しは分らないが、日本だけになぜ長期のデフレが続いているのかの解釈がないのが残念。
コメント:0

続きを読むread more

戦前の男性バックコーラス2

コロンビアからポリドールに引抜かれたリズム・ボーイズはポリドール・リズム・ボーイズと名前を変えて活躍する。 春の溜息 月村光子、ポリドール・リズム・ボーイズ 昭和11年 エノケンの月光値千金榎本健一、ポリドール・リズム・ボーイズ ポリドールには以前から男性コーラスがいたようですが、人気が無かったのかな。 酒呑みの唄 昭和8…
コメント:0

続きを読むread more

5-ALAについて

2月9日の長崎大学のニュース。 5-アミノレブリン酸(5-ALA)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)原因ウイルスの感染抑制が判明 ~今後の治療薬候補として期待~。 長崎大学とネオファーマジャパン株式会社が、培養細胞の感染実験において5-ALAが新型コロナウイルスの増殖を100%抑制したと発表した。 このニュース…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の女性バックコーラス

当然の流れとして彼(中野忠晴)は次に女声コーラスも編成し、コロムビア・ナカノ・リズムシスターズと名付けました。1936年(昭和11年)の1月に「ダーダネラ」という曲で、 “淡谷のり子とコロムビア・ナカノ・リズムシスターズ”としてレコードを発売しました。こうして日本最初の女声ボーカルグループが誕生しました。 ダーダネラ 淡谷のり子、コロ…
コメント:0

続きを読むread more

句読点のない文章

読みにくいかと思ったが、そうでもない。 初めて 原稿用紙と原稿用紙の間に 文字と文字の間に その隙間から吹いてくる隙間風のようなに気づいて そんな馬鹿なと思い けれど 好奇心を抑えることができずに 覗き込んだのはいつのことだったろう そこにはなにもないはずなのに ないもないはずの場所から 冷たい風が吹いてきて それ…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の男性バックコーラス

武蔵野音楽学校の卒業生4人が組織した四重唱カルテットである、コロムビア・アイキー・コルテットに目を付けて、この4人組にジャズ・コーラスの唱法を指導、昭和8年10月に自分のソロ・ボーカルにコーラスを加えた中野忠晴とコロムビア・リズム・ボーイズの名で「山の人気者」を録音する。これが好評を博したため、リズム・ボーイズとしての録音が発展すること…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手6 森山久・ディーブ釜萢・タフト別府

入社から1年目に吹き込んだ「霧の十字路」(作詞;高橋鞠太郎)が、意識してブルースに挑んだ最初の楽曲になった。これをサンフランシスコ生まれの2世で、トランペット奏者だった森山久(森山良子の父)に歌わせたところ、コロムビアの若手社員の中で評判が良かった。 霧の十字路 森山久 昭和12年服部良一のブルース作曲第一弾 森山久は明治43年…
コメント:0

続きを読むread more

長い文章

古川日出男「グスコーブドリの太陽系」2019年より。北上線の、電車の、その小ささに私は驚いた、なにしろ一輛だけなのだもの、わたしは蝦夷塚をたずねる、そこにならば鬼がいるのかいないのか、そもそも岩手が鬼に作られたというのは本当なのか、たれに訊ねればいい? そうだ北上駅の新幹線乗場の待合室の、わたしは、いちばん最後に腰をおちつけていて、する…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手5 チェリー宮野

チェリー・ミヤノは昭和10年に15歳で来日した。父は日本人、母はアメリカ人の日系二世。 川畑文子の弟子に当たるとか。 雨の中に唄ふ ディック・ミネに続く、テイチクの人気ジャズ歌手となる。 『君微笑めば When You’re Smiling』ディック・ミネ、チェリー・ミヤノ、リキー宮川 テイチクで吹き込んだジャズソングは3…
コメント:0

続きを読むread more

現実が思い出

三島:過去なんですよ。それはお能とぴたりあうんです。お能は、ドラマがみんな終っちゃったところからはじまるでしょう。現に進行していることは、みんな過去なんですからね。いま僕が美しいとお能の舞台で見たものは、とっくに死んだ昔の恋物語ですから、そこに存在するはずがないんですよね。お能には、そういうトリックがあるんですね。普通の西洋の芝居は現在…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手4 ヘレン隅田

ヘレン隅田は昭和9年に17歳で来日。 可愛い眼 昭和9年 ピアノも弾くしタップも踏む多芸多才な少女。 おゝどんな・くらら/ヘレン隅田 藤山一郎(昭和9年) 昭和12年にアメリカに帰国。 『公園で』 ヘレン隅田 藤山一郎 昭和9年 10数曲のレコードが残されているとか。 あこがれの空/ヘレン隅田(昭和9年)
コメント:0

続きを読むread more

カザフスタンの音楽

ドンブラは2弦の撥弦楽器で、カザフの代表的な民族楽器。演奏者は伝統的に男性であったが、19世紀後半から女性の演奏者も現れるようになった。 あなたは私の夢 ドンブラの演奏には、キュイあるいはキュと呼ばれる、曲の注釈となる伝説を有し、演奏者が演奏に先だって伝説を語るスタイルがある。歌はアンと総称され、歌い手が伴奏しながら歌う。 …
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手3 宮川はるみ・リキー宮川

昭和8-9年頃に来日した宮川はるみとリキー宮川は兄妹。シアトル生れ。 唄え唄え 昭和13年 宮川はるみ ややハスキーで都会的な哀愁味のある声とリズム感が抜群。 恋の街 : 宮川はるみ 本格的ジャズ歌手としてミュージシャン仲間に最も人気のあったのは、昭和10年にデビューした宮川はるみである。 あゝ馬鹿みた  リキ…
コメント:0

続きを読むread more

本当の本当の、この旅の目的

「ねえ。あなたの友達の王子様と、僕の友達のカムパネルラが、もしも、同じ少年だったとしたら、どんなにたのしいだろう」「僕も今、それを考えていたんだ」太田光「マボロシの鳥」2010年 より。こんな本を書いているとは知らなかった。
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手2

2番目にやってきたのはベティ稲田。昭和8年、20歳の時に来日。 愛の信号(昭和10年) 川畑文子は日本に2-3年程しかいなかったが、ベティ稲田は長い間、日本で活躍していた。 フラの踊り(昭和15年) 戦時中はディック・ミネと満州へ慰問公演を行っている。ディック・ミネが白系ロシア人女性と奉天のホテルのベッドの上にいる ところにベ…
コメント:0

続きを読むread more

デジタル地形は面白そう。

試錐研究会 3月4日(木) 14:00~17:30 札幌サンプラザ 1階 「コンサートホール」 主催:地質研究所(地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所) 正式名称は異常に長いな。 特別講演 デジタル地形データから読み取る地質構造と地球テクトニクス 川村 信人 倶…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日系2世3世の歌手

最初にやってきたのは3世の16歳、川畑文子。昭和7年来日。来日早々から大評判となったため、それ以降、多くの日系2世3世がやってきた。 上海リル 川畑 文子(かわばた ふみこ、本名:橘 文江、たちばな ふみえ)1916年 - 2007年)は、昭和戦前期にアメリカと日本で活躍したハワイ生まれの日系三世のダンサー、歌手である。当時売出し中…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース

2/27 コロナ禍で各州が外出禁止など規制を強化 2/27 1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄 2/17 7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領 2/27 失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪 2/26 食品加工業の売上が急増=中でも砂糖類は58%増 …
コメント:0

続きを読むread more

やりたくないことはやらないほうがいい

いまは雇用環境が悪化しているために、過労死寸前まで働かされている人がたくさんいます。そういう人は、一度病気に倒れてからようやく生き方を変えるということになる。 そこまで我慢するのは、申し訳ないけれど相当に身体の感覚が鈍っているということです。「こんなところにいたらそのうち死んでしまう」ということは、働き出してしばらくすればわかったはず…
コメント:0

続きを読むread more

文学のふるさと

そもそも童話が子供のための話とされるのは、まだ実社会に馴化されきっていない者に、いわば世界の原理を模型として伝える機能があるからで、それは数学のように法則は示しても対他的交渉のバランスとか塩梅、斟酌、駆引き等の、場に合わせた現実的配慮を教えるものではない。だからこそそこには他者の「思い」に敏感に反応せよという圧力がない。公理のように無情…
コメント:0

続きを読むread more

ミニコンサート

2月28日(日)イオン発寒にいったら、ミニコンサートをやっていた。 大好きな林ひかる(ヴァオリン)と内田聡子(ピアノ)のコンサート。 この日は4回のコンサートの予定 となっていたが、急いでいたので僅か1曲しか聴けなかった。 イオンのイベントニュースに紹介されていないので、急に決ったのだろう。 このミニコンサートはコロナのためしば…
コメント:0

続きを読むread more

屋根の雪下ろし

この冬初めての雪下ろし。屋根に積った雪の下側10~20cmは氷に変化し、少しづつ軒先に移動して、1m程屋根から突出て危険な状態になっていた。今日の気温は+6度まで上がったので自然に落雪するかと思ったが、なかなか落ちそうにないので、屋根に上がって落すと、大きな音がして氷が落ちた。幸いに外壁にはぶつからず、ダメージはなかった。あと何年、自分…
コメント:0

続きを読むread more