益田勝美の授業

田中:法政大学に入るときに、益田勝美のところに行くか小田切秀雄のところに行くか迷ったりしてましたね。二人とも法政大学にいました。で、大学一年の時に益田勝美の授業で、石牟礼道子の「苦界浄土」を知ったんです。私が入学したのは1970年ですから、その前年に出たばかりの「苦界浄土」を、古代文学の先生が授業中に取上げたんです。そのときのショックはいまだに忘れられない。「こんなものが世の中にあるのか」と思った。
田中優子・松岡正剛「日本問答」2017年 より。
nip.PNG10代で苦界浄土を読んだら、今正に進行中のこととして、強烈な影響を受けるでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント