真の暗黒時代ー疫学的に滅亡した人々

「反穀物の人類史-国家誕生のディープヒストリー」より。 ”初期国家の時代の世界人口の大半は、国家を持たない狩猟民、採取民で構成されていた。そうした人々が、穀物コアでの密集状態から生れた新しい病気と接触したらーたとえそれが都市の人々にとってはもはやただの流行病で、それほど致命的ではなくなっていたとしてもー人口統計的に 見て壊滅的な打撃を…
コメント:0

続きを読むread more