この教室は知らなかった

【東京ホンマもん教室】8月14日 放送 見逃し動画 医療ビジネス主義の大罪〜“ゼロコロナ”ホンマもんの話〜 ゲスト:宮台真司(対談テーマ:コロナ禍の思想と日本の劣化)
コメント:0

続きを読むread more

作家や作品から声をお借りしましたと、各章で断ること

以前、ダイジェスト版を読んでいて、これは面白そうだと思っていたので、すべて読んでみた。「とげ抜き地蔵新巣鴨地蔵縁起」伊藤比呂美著2007年。長編詩のような、講釈本のような、阿呆陀羅経のような文体で、いろんな詩人の声が中に取り込まれていて、不思議なリズムがあり、暗い話が多いけれど、明るさや希望に満ちてもいる。宮沢賢治の「空のみじん」や石牟…
コメント:0

続きを読むread more

偲ぶ会

新聞の死亡欄で、先輩の名前を見つけた。コロナの時代は密集を避けるために、三々五々に来ては帰るスタイルらしい。一回り年が離れているので、若い頃は知らなかったが、この12年程前からレイチェル・カーソン北海道の会のメンバーとなり話し合うようになった。しかもジムもお互い夫婦とも一緒で、時々帰りが一緒のこともあった。この1年は体調が悪そうだったの…
コメント:0

続きを読むread more

洞窟での歌

Miserere mei Deus - University of Utah Singers(場所はイスラエルのベト・グヴリン=マレシャ国立公園にある鐘形洞窟:地質は石灰岩) Singing in Rydal Cave: Silent Night(ライダル洞窟) Georgian choir in Rydal C…
コメント:0

続きを読むread more

BYUの合唱団

BYUはBrigham Young University (ブリガム・ヤング大学)で通称モルモン教が運営するアメリカの有名私立大学でユタ州にある。この大学には有名な水泳選手の長崎 宏子が在籍したことがある(ウィキペディアによる)。男声合唱団も女声合唱団も有名らしい。 Tundra (by Ola Gjeilo) | BYU Wom…
コメント:0

続きを読むread more

フィドル

フィドル(英語: fiddle)とは、弓を用いて演奏する擦弦楽器、特にヴァイオリンを指す名称である。「ヴァイオリン」という言葉がイタリア語から派生した言葉であるのに対し、「フィドル」は英語である。 Roundtable Rival - Lindsey Stirling フィドルは、ヴァイオリンとまったく同一の構造を持つが、主に民俗音…
コメント:0

続きを読むread more

口笛言語

日本では口笛言語は発達しなかったようだ。人口密度が高いせいだろうか。 離れた場所にいる相手に情報を伝えるため、声ではなく「口笛」を用いて言葉を伝達する口笛言語は、世界中で少なくとも80以上の文化で確認されています。 声帯を震わせない口笛言語では通常の発話と比べて表現が制約される場合が多く、特にトーンの種類が少ない声調言語においては、…
コメント:0

続きを読むread more

ポーランドの女性歌手グループ

Laboratorium Pieśni (Song Laboratory)=ソングラボラトリーはポーランドの女性歌手のグループ。2013年結成。 Laboratorium Pieśni - Käppee (Värttinä)この歌はアイヌの音楽に似ているところがありますね。 彼らは伝統的なポリフォニックな歌唱を使用して、ウクライ…
コメント:0

続きを読むread more

アフガンの歌姫 アリアナ・サイード

2021年8月、カブールがタリバンに陥落した後、彼女はカブールからカタールのドーハに避難し、トルコのイスタンブールに向かった。[16] CNNニュースによると サイードさんは婚約者のハシブ・サエドさんとともに脱出し、今は米国のロサンゼルスにいる。 母国に取り残された友人や家族とは連絡を取り合っていると語り、「みんな絶望のどん底…
コメント:0

続きを読むread more

フィンランドのフォークグループ

Värttinä(ヴァルティナ)はフィンランドで最も成功した現代のフォークミュージックグループです。 Värttinä - Miinan laulu (2013) 3人の女性歌手が正面を向き、6人のアコースティックミュージシャンがサポートし、伝統的なカレリア語やその他のフィンウゴル語のスタイルに基づいて、モダンで完全に独特でオリジ…
コメント:0

続きを読むread more

ジプシージャズ

オーストリア・チロル州都インスブルックを拠点に活動するジプシージャズバンド、ホットクラブ・ドゥ・ナックス(Hot Club du Nax)。 Joseph Joseph この5人組はロンドン出身のシンガー、イゾベル・コープ(Isobel Cope)とプラハ出身のヴァイオリニスト、トマス・ノヴァク(Tomas Novak)を中心に、ジ…
コメント:0

続きを読むread more

ヘビ嫌いとクモ嫌い

養老:ヘビ嫌いとクモ嫌いは、明らかに分かれるんです。クモの嫌いの人はたいたいヘビが大丈夫。ヘビの嫌いな人は,クモが大丈夫人が生まれながらにして持つ感性には生物としての倫理がある。それを大切にして、人間以外の自然とも感動を分かち合う生き方を求めていけば、崩壊の危機にある地球も、ディストピアに陥りかけている人類も救うことができる。 養老孟…
コメント:0

続きを読むread more

プロも間違える

昨日のイオンでのミニコンサート 聴いていたら、どうもピアノとベースの音が合っていない。 廻りがうるさくて、互いの音がよく聞こえなかったようだ。 しばらくすると、最初に戻ると指示をだして修正した。 プロが間違える珍しい場面を見て、ちょっと得した気分になった。 以下はネットで拾ったミス
コメント:0

続きを読むread more

文学は実学である

荒川洋治「文学は実学である」2020年 より この世をふかく,ゆたに生きたい。そんな望みをもつ人になりかわって、才覚に恵まれた人が鮮やかな文や鋭いことばを駆使して、ほんとうの現実を開示してみせる。それが文学のはたらきである。 文学は、経済学、法律学、医学、工学などと同じように「実学」なのである。社会生活に実際に役立つものなのである。…
コメント:0

続きを読むread more

ネパールのウゲス・リンブ

ミュージシャン、ソングライター、俳優、音楽プロデューサー、音楽ブロガー、そして人道主義者でもあるウゲス・リンブは、人生を最大限に愛し、生きているネパール系アメリカ人です。 UGES LIMBU - SWAYAMBHU その後、ニューヨークで「Normal Academic」というバンドを結成し、4枚のアルバムをリリースし、2011年…
コメント:0

続きを読むread more

フォークコサックの歌とアコーディオン

 ハーモニカに合わせてフォークコサックのロマンス「信じていた、信じていた、信じていた」。この曲は、誰からも愛される愛についての曲です。 ハーモニカにフォークコサックの歌 'ああ、私はあなたを好き \/ 木立の中でナイチンゲールを歌った'. 私は非難されるべきなのか Marion LMJMは、オクシタニア出身のフランス人…
コメント:0

続きを読むread more

インドで一番美しいテルグ語の音楽

テルグ語はインド南東部で使われていて、話者の人口は約9千万人とか。 Digu Digu Digu Naaga 心にふれる歌 インド映画で最も使われているのはテルグ語らしい。 テルグ語は22あるインドの公用語の一つで、ドラヴィダ語族に属する言語である。多くの方言があり、標準化も進んでいないが、日本人にはなじみのある発音しや…
コメント:0

続きを読むread more

「のさりの島」

キノで20日のみの1日上映の映画。“のさり”とは、いいこともそうでないことも、自分の今ある全ての境遇は、天からの授かりものとして否定せずに受け入れるという、天草の優しさの原点ともいえることば。らしい。 嘘と本当が地続きになっている世界。終盤に石牟礼道子の「されく(漂浪く)」という言葉をふくむ文章が挟まれ、全体が幻想的な世界となる。エン…
コメント:0

続きを読むread more

オランダの歌手カロ・エメラルド

英語で歌うポップ歌手で2007年に活動開始、2009年のデビューシングル「Back It Up」で一躍有名になりました。 Caro Emerald - Back It Up (Official Video)  1981年にオランダのアムステルダムで[4]、オランダ人の父親とアルバ人の母親の間に生まれました。 Caro Emeral…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのコンサート

SCARTSステージシリーズ 大学連携コンサート 北海道教育大学岩見沢校 東欧・弦の響き トリオとデュオによるロマン派~近代の作品を集めて 8月18日(水)14:00~14:55 会場 札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSコート 出演:ヴァイオリン 太田楽、ヴァイオリン 浅野李空、ヴィオラ工藤綾乃   曲目: …
コメント:0

続きを読むread more

O Sister!

1920年代と1930年代の北米のポピュラー音楽であるボーカルジャズの黄金時代を再現したスペインのスウィンググループです。 O Sister! - Vet Boswell Tribute (May 2011, 100th anniversary) バンドは2008年にセビリアで始まり、最初のラインナップは、ポーラ・パディージャ(アル…
コメント:0

続きを読むread more

ナイジェリアのゴスペル ADA EHI

Congratulations ADA EHI エダ・エハイ(名前の日本語表記は見当たらないが、発音の聞き取りから)はナイジェリアのゴスペルシンガー・シンガーソングライター。 10歳の頃からバックアップシンガーとして活躍。キリスト大使館合唱団に参加して以来、彼女はキリスト大使館の音楽省に積極的に関わり、ヨーロッパ、アメリカ、アフリ…
コメント:0

続きを読むread more

手稲富丘の神社

丸亀うどんを食べて、近くの公園を探すと冨丘南公園というのがあったので行ってみる。 公園の駐車場がないので、高速のアンダーパスをくぐり抜けるとスペースがあるので駐車。 すぐ目の前に赤い鳥居が見えたので登ってみた。 球徳稲荷大明神の幟がある。昭和33年の建立とある。祠の中には金剛夜叉明王という仏様が鎮座しているらしい。 ほこらの前に…
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園のリス

8月15日の午後、図書館の後に公園を散歩。駐車場はかなり混んでいる。レフ板を使って本格的に撮影しているグループ、親子で松ぼっくりなどで工作している人たち、ヨガをしている人たち。展望ラウンジの近くで変わった色のムクゲを見た。 親子がリスを見たと言っているので、話を聞いたらスマホを出して、エゾリスの動画も見せくれた。その先をしばらく歩くと…
コメント:0

続きを読むread more

平和のための歌

平和のための歌 イタリア、アブルッツォ州の歌:「オリーブが落ちるとき、私の愛を別れ」。2005年6月27日、ビレット教会でのコンサート「Little Prayers to Hear」でアリゼ・エレファンテが歌った。 イタリア、戦争に反対するマニフェスト:「ゴリツィアよ、あなたは呪われている」。この曲は、1916年8月のイタリ…
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙考古学の冒険」

副題は「古代遺跡は人工衛星で探し出せ」。サラ・パーカック著 熊谷玲実訳。衛星写真が使えるようになり、早くに考古学に使えるようにして、多くの遺跡を発見したが、遺跡現場の作業は相変わらずアナログの世界というのが楽しそうです。膨大な画像を一般市民を巻き込んで研究する道を歩き始めているそうです。TEDでは2016年にプライズ賞(賞金100万ドル…
コメント:0

続きを読むread more

発寒緑地の散歩

川辺で憩うグループ 花の終わったノラニンジンにたかるアカスジカメムシこの植物は英語圏では「アン王女のレース編み」と言うらしい。真ん中に赤い花ビラが一つあることから付けられたと思われるが、札幌では赤い部分は見つからないことが多そうだ。 ひつじ雲
コメント:0

続きを読むread more

知者と賢者と直感力

何もわからない素人さんに、難しいことを分かりやすく説明してあげてリテラシーを上げる。これが啓蒙型の考えでしょう。僕が先ほど「家事的な発想」で言いたかったのは、もはやこうした啓蒙型ではダメだということなんです。科学者は今や賢者ではなく、たんなる知者にすぎない。特定分野について人より多くのことを知っているだけの存在です。そうではなく賢者とは…
コメント:0

続きを読むread more

百合が原公園

13日はやや肌寒い天気で、百合が原公園に行く。早速、キアゲハのお出迎えを受ける。 最終便のリリートレインに乗る。これは廃食油を燃料としている。夏休みの子供たちで賑やかだ。 温室はフクシア展。 ユリの多くは花の時期が終わっている。 カモの親子に見送られて退園。
コメント:0

続きを読むread more

流星群

札幌は深夜になって、予報通り星が見え始めた。シャタースピード25秒、ISO3600で120枚撮影したが、撮れたのは3枚のみ。インターバル機能があるので、30枚づつ自動撮影。これはカシオペアとペルセウスの間を流れている。13日2時36分撮影。
コメント:0

続きを読むread more

ロシアのアコーディオン音楽

アコーディオン伴奏の歌を集めてみた。 リュドミラ・ニコラエワとアンサンブル「ロシアの魂」のランオブザイヤー 広いヴォルガ川の遠くの唾で、汽船が口笛を吹いて誰かを呼んでいます。 アンサンブル・プタシサ - 私はバラに会った アコーディオン倶楽部の集会かな
コメント:0

続きを読むread more

札幌市の星空指数と流星群

12日は区によって星の見え方が大分違うようだ。手稲区、西区、豊平区ではよく見える予想になっている。 18時現在は西区で見ると、雲量8割くらいだけど、今晩がピークの流星群は本当に見えるのだろうか? 24時過ぎた頃からPentaxKPを出して狙ってみよう。流星群のピークは今晩28時(明日早朝4時)頃。 星空指数からは流星群が見えるのは…
コメント:0

続きを読むread more

Fragile Woman

王菲 - 容易受傷的女人 (粵語) MV 歌詞は台湾語と北京語で表記しているのかな。中島みゆきの名曲「ルージュ」ですね。 王 菲(フェイ・ウォン、Faye Wong、1969年8月8日 - )は、中国出身の香港の歌手、女優。 この歌は爆発的なヒットとなり、その年の香港の音楽賞を総なめにした。 この歌のタイトルは英語では Fra…
コメント:0

続きを読むread more

ボスニアのダミル・イマモヴィック

Damir Imamovic: O bosanske gore snježne ダミル・イマモヴィック(1978年生まれ)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの伝統音楽「セヴダリンカ」または「セヴダリンカ」の著名なボスニアのミュージシャン、歌手、作曲家、作家です。2021年のソングラインワールドミュージックアワードで「ヨーロッパのベストアーテ…
コメント:0

続きを読むread more

「ヒットラーの秘密図書館」

彼の政治家としての短いキャリアは、恫喝と口車とペテンの上に築かれていた。否定的で辛辣な警句を駆使して、彼は批判を封じ込め、注意を逸らしてきた。演説はうまかったが、作文は苦手で、「わが闘争」は文法の誤りや誤字脱字が多すぎて、編集に1年もかかったらしい。 訳者あとがきでは。 ヒットラーは読書家だった。少なくとも一晩に一冊、ときにはそれ以…
コメント:0

続きを読むread more

アゼルバイジャンのムガム音楽

ファルガナ・ガシモヴァ はムガム歌手で、有名なムガム歌手のアリム・カシモフの娘です。 Fərqanə Qasımova - Füzuli kantatası 西洋の旋法と異なり、ムガム旋法は音階だけでなく、演奏者が即興で奏でる口頭伝達旋律とも組み合わせられる[4]。 Alim Qasimov & Fargana Qasimova …
コメント:0

続きを読むread more

墓参り

8月8日午後。まだ霊園は閑散としている。三代の家族で墓参り。花に黒いアゲハと黄色いアゲハが寄ってきた。一瞬、このアゲハ、家から付いてきたんだろうかと思った。写真を撮ろうと思う間もなく、行ってしまった。
コメント:0

続きを読むread more

グルジアの合唱団RUSTAVI

1968年に設立されたグルジア国立アンサンブル。 Rustavi choir Shen Khar Venakhi directed by Sandro Vakhtangov.wmv  仕事と戦争のための歌と踊り、見事な衣装、独特のジョージアン様式のポリフォニックな歌と豊かな声がルスタビ合唱団の特徴です。重なり合い、絶え間なく動くハー…
コメント:0

続きを読むread more

泣き娘

 小島環「泣き娘」は則天武后の時代の哭女を主人公にした小説で帯に歴史青春ミステリーとあり、唐の歴史が分かって面白かった。  泣き女(なきおんな)または泣女(なきめ)または泣き屋(なきや)は、葬式のときに雇われて号泣する女性である。哭き女、哭女とも書く。  現在の日本では職業としては存在しないが旧習として存在し、中国、朝鮮半島、台湾、安…
コメント:0

続きを読むread more

ウイグルのフォークソング

ウイグルはかって新疆と呼ばれていたが、1934年に「ウイグル」という呼称と「維吾爾 (Wéiwú'ěr)」の漢字表記を定めた。民族としてのウイグル族は中国の新疆ウイグル自治区やカザフスタン・ウズベキスタン・キルギスなど中央アジアに居住しており、人口は約1千万人[26]、テュルク諸語のウイグル語を話すムスリムである[27]。 Uygh…
コメント:0

続きを読むread more

インディ・ザーラ(Hindi Zahra)

インディさんは1979年にモロッコで生まれたベルベル人。13才の時、家族と共にフランスのパリに移住。 2005年に自作の曲をマイスペースにアップしたら、それが評判を呼び仏・ブルーノートと契約に至る。 ビューティフル・タンゴ 「ビューティフル・タンゴ」は邦題で、原題は「Handmade」 曲作りからプロデュース、アレンジ、演奏、ア…
コメント:0

続きを読むread more

スミラ・カルピオLuzmila Carpio

スミラ・カルピオはボリビア出身のシンガーソングライターで1949年生まれ。現地のケチュア語とスペイン語で歌い、120曲以上を作曲した。 Luzmila Carpio - Misk'i Takiy [Huayño para Comparsa de Carnavales ] ボリビアの先住民であり、非常に人種差別的で男性が支配的な社会の…
コメント:0

続きを読むread more

ヴォクストラ Voxtra

ヴォクストラはバルカン半島の国アルバニアのアイソポリフォニー、地中海に浮かぶサルデーニャ島のカント・ア・テノーレ、マダガスカルに暮らすマハファリ人の音楽ベコ、北欧サーミ人の伝統音楽ヨイクなどといった、世界に点在するさまざまな辺境の歌声を一堂に会し、これまで誰も行って来なかった驚異のコラボレーションを聴かせるプロジェクト。 VOXTRA…
コメント:0

続きを読むread more

ファナ・モリーナ

Juana Molinaは音楽ジャンルの壁を凌駕する唯一無二の独創的才能を持つアルゼンチンのアーティスト。1996年デビュー。 Juana Molina - Paraguaya (official music video) '00年に発表した2ndアルバム『セグンド』によって人気に火がつき、徐々に世界にその名が知られ始める。3rdア…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 7月分

7/31 シネマテッカでまた火災=連邦が放置、貴重な資料焼失 7/30 ボルソナロ大統領、選挙の不正の証拠示せず 7/30 国家衛生監督庁が警告=ワクチン接種の副反応?=ギラン・バレーの症例報告 7/30 3度目の南極下ろし直撃!=各種農産物への被害は甚大=価格上昇、回復に1年以上か 7/30 東京五輪 体操個人…
コメント:0

続きを読むread more

松葉

化学肥料のなかった時代、渓流水の恵みだけでは足りず、スギの針葉や小枝をすき込んでいた。スギの枝葉はカルシウムを豊富に含んでいる。桃太郎のおじいさんの芝刈りには肥沃な土を維持する意義もあったのだ。藤井一至「土 地球最後のナゾ」より。 松葉は不老長寿の妙薬として仙人が用いたといわれ、昔から薬効のある素材として民間療法に広く使われてきました…
コメント:0

続きを読むread more

対話とは

今日の道新のシリーズ評論「核のゴミどこへ㉛」に大阪大の小林さんが書かれています。 対話とは本来、自分の意見が変わる可能性を互いに認めることによって成り立つものだ。だが、国民の声を聴いて原発政策を変える覚悟が国にはない。それでは対話はなりたたない。 なりたたない対話を続けていると、不毛であるばかりか、心が壊れたり、日本語が壊れたりと普…
コメント:0

続きを読むread more