本の評価

小説は何の先入見もなく、ただ読むだけで評価されるべきである、という、もっともらしい意見があるが、私は信じない。読者において、「先入見なし」などあるえないからだ。そして、全く白紙のつもりで読んでいても、そこには同時代の、あるいは読み手の属する共同体内の規範がどこかで投影される。小説ではないが、たとえばデュシャンの「泉」(ただ便器を題名とと…
コメント:0

続きを読むread more