カーボベルデ出身のセザリア・エヴォラ

カーボベルデはアフリカ北西部セネガルの沖にある小さな島国で、50年程前にポルトガルから独立。
セザリア・エヴォラ(Cesária Évora、1941年8月27日 - 2011年12月17日)は、同国を代表する音楽ジャンルであるモルナ(英語版)の歌手。もともとは同国内の盛り場で歌を歌って糊口を凌ぐ生活を送っていたが、1992年にフランスでリリースしたCDの中に収められた曲"Sodade"が大ヒットし、その後世界各地で活躍するようになった。
「裸足の歌姫(Barefoot Diva)[1]」や「モルナの女王[2]」と称された。 (wikipediaによる)
Besame Mucho Cesaria Evora

Cesaria Evora - Ingrata

Cesária Evora - Angola (Official Video)
エヴォラさんの音楽は、カーボベルデ諸島の居酒屋で歌われるモルナと呼ばれるスタイルでした。ゆっくりとした物思いにふけるバラードと、サウダージに満ちた、ポルトガル中の音楽に浸透するノスタルジックな憧れのカーボベルデクレオールの言葉です。言葉はサウダージです)とその前の帝国。

エヴォラさんは、カーボベルデの主要な詩人の歌に暖かさと重力をもたらしたハスキーで威厳のある、ゆったりとしたコントラルトで、奴隷制を含む愛、悲しみ、歴史について歌いました。彼女はまた、彼女の国のより明るいスタイル、コラデイラとフナナーで歌いましたが、彼女の穏やかに悲しむモルナは彼女の遺産でした。

彼女はいつも裸足で、貧しい女性との連帯のジェスチャーをしました。コンサートのレビューニューヨーク・タイムズでは、ステージ上の「哀愁のヨーダ」として彼女を説明しました。
Cesaria Evora - Live at Lisbon Coliseu(2010)1時間11分と長いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント