新しい音や新しい言葉なんてどこにもない

”セロニアス・モンクは僕がもっとも敬愛するジャズ・ピアニストだが、「あなたの弾く音はどうしてそんなに特別な響き方をするのですか?}と質問されたとき、彼はピアノを指さしてこう答えた。
「新しい音(note)なんてどこにもない。鍵盤を見てみなさい。すべての音はそこに既に並んでいる。でも君がある音にしっかり意味をこめれば、それは違った響き方をする。君がやるべきことは、本当に意味をこめた音を拾い上げることだ」”村上春樹「雑文集」より

"新しい音や新しい言葉なんてどこにもない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント