ロマンシュ語で歌うビビ・バプロン

21日の道新で紹介されていたスイスの歌手です。


どの歌も悲しげな歌ですね。

本名はBianca Mayer・ビアンカ・メイヤー 1979年生まれ
シンガーソングライターでピアノとハープシコードが得意

ロマンシュ語はスイスのグラウビュンデン州で話される言語で,1938年以来スイスの国語の一つに認められている。話し手は約5万人。
”「アレグラ(Allegra)!」— 「あなたの幸せをお祈りします」という意味の挨拶を目や耳にしたら、あなたはロマンシュ語を話す地域にいる。ローマの時代からアルプスの山間部で話されてきた言語で、国の言語として認められているのはスイスでだけ。母語として話す人数は減る一方で、ユネスコの消滅危険度評価では「危険」と位置づけられている。”www.swissinfo.ch/jpnより

"ロマンシュ語で歌うビビ・バプロン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント