低温研公開講座

第2回目 10月7日18:00~19:30
「宇宙空間における物質進化」 講師:助教 日高宏

星間塵に多くの有機化合物があり、光化学反応でラジカルが生成し、複雑な有機分子の塊ができる。
マーチソン隕石の分析ではカルボン酸、核酸塩基、多環式芳香族炭化水素、アミノ酸(グリシン、アラニン、グルタミン酸など)、ポリアルコールなど数百種類~数万種が見つかっている。
現在、地球に降り注いでいる固体粒子は4万トン/年。
つまり、膨大な有機化合物がこれまでに降り注いでいる。
地球生命は宇宙からもたらされた?!
-----------------
「いん石・宇宙からの手紙」

"低温研公開講座" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント