英国離脱と音楽

2月1日 日経1面の記事です。
お別れは「蛍の光」の大合唱だった。29日、欧州議会が離脱協定案を可決すると、議員は総立ちになってなってスコットランド民謡を口ずさんだ。
また同じ1面の春秋欄ではこんな記事。
合唱で出演する友人の応援に駆けつけたコンサートで、期せずして「威風堂々」を聴いた。英国民の愛する「第二国歌」。<中略>欧州連合からの離脱を3日後に控えた夜だったからだ。プロムスと呼ばれ親しまれる本国ロンドンの音楽祭では会場を埋める数千の聴衆が立ち上がっての大合唱となる
日本にはこんな時に歌える歌、人々をまとめ上げる歌ってあるだろうか?

"英国離脱と音楽" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント