世界の喉歌

モンゴル
喉歌(のどうた、Throat-singing, Overtone-singing)は、喉を詰めた発声から生じるフォルマントを利用した、笛のような音などを特徴とする声を用いた特殊な歌唱法。
イヌイットとモンゴルの喉歌
器楽的特徴をもつ歌唱法で基音と倍音を同時発声する倍音唱法の一種である[2]。 極東地方に広く伝承されており、アルタイ山脈周辺の民族のカイ、モンゴル国のホーミー、トゥバ共和国のフーメイ(ホーメイ)などがよく知られている[2]。
イヌイットのlove song
イヌイット、アイヌ、チュクチ人など北太平洋沿岸の諸民族の「喉遊び」(Throat-playing)も喉歌と呼ばれることがある。
トルコ

Natascha Nikeprelevic

"世界の喉歌" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント