友川カズキ

1950年、秋田県生れの歌手、競輪評論家、画家である。。
イカを買いに行く・祭りの花を買いに行く「祭りの花」は浜田真理子で知ったが、彼の曲とは知らなかった。
中学生時代に中原中也の作品に出会い、影響を受けて詩を書き始める。
トドを殺すな 犬
高校時代はバスケットボールに明け暮れる。
一人ぼっちは絵描きになる
二十歳のころ、行きつけの赤提灯で岡林信康の歌を聴いてフォークシンガーを志す。
一切合財世も末だ
1971年、全日本フォークジャンボリーに飛び入り参加。
夜へ急ぐ人
熱狂的な競輪ファンである。寿司屋のガリが大好き。
乱れどんぱん節ー死にぞこないの歌

"友川カズキ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント