琥珀入り石炭

地質巡検
場所:美唄の三美鉱業(株)の露天鉱
参加10名。
この見学会は私の発案で実現した。

数少ない石炭の露天掘りの現場を観察(3露天鉱のうち2カ所)。
前日の雨でマイクロバスは不可ということで、ジープを三台用意していただいて見学する。

南露天鉱
ここは石狩層群 美唄層の三枚の炭層が観察できる
地層の傾斜は10~30°
北海道の地質百選のトップを飾ってもおかしくない、すばらしい露頭がある。
画像

この露頭では砂岩・泥岩・火山灰・石炭層・小断層が観察できる。
画像

露天掘りは現場復旧義務があるため、このままでは盛土で隠されてしまう。
来年には国際地質学会(堆積学)の見学も予定されているとか。
この石炭層には琥珀も含まれている。
虫入りは見つけることができなかった。
画像


朝駒露天鉱(砂川町)
同じ美唄層 地層の傾斜は60°
深さ70mくらいまで堀込まれている。
画像


三美鉱業の皆様には丁寧なサポートをしていただき、深く感謝申し上げます。

"琥珀入り石炭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント