水俣で水銀汚染の可能性

http://kumanichi.com/news/local/main/photo/20160501001_DAT_20160501072501001.jpg
http://kumanichi.com/news/local/main/photo/20160501001_DAT_20160501072501002.jpg

熊本地震によって、水俣病の原因企業チッソの廃棄物処分場跡(水俣市、通称・八幡プ
ール)と不知火海を隔てる市道が崩れる恐れが強まり、市が警戒を強めている。チッソ
はかつて八幡プールにメチル水銀を含む排水を貯蔵していたことから、埋め立てられた
現在も土壌に汚染が残っているとみられる。老朽化のため、市は護岸の役割を果たす市
道の改築を計画していたが、度重なる地震でコンクリートのはがれやひびが拡大している。

 八幡プールは水俣川河口左岸にある。水俣病発生当初、水俣湾に排水を流していたチ
ッソは1958年、排水を八幡プールに一時貯蔵した後に不知火海に流すようになり、
汚染が拡大。その後、チッソが埋め立てた。

 市道は、不知火海と水俣川河口を隔てるように八幡プールの周囲を走っており長さ約
1・2キロ、幅2~7メートル。もともとチッソの管理道路で市が譲渡を受けたが老朽
化しており、現在立ち入り禁止になっている。

 市は昨年度まで市道を調査し、幅数センチのひび割れや鉄筋の腐食、護岸のゆがみな
どを確認。「今すぐ崩壊する恐れは低い」としながらも、市道の全面改築を計画し、環
境アセスメントや設計の費用約5500万円を本年度予算に計上した。

 ところが、熊本地震が発生。市土木課が見回りを強化したところ、新たなコンクリー
トのはがれやひびの拡大が見つかった。活断層の日奈久断層帯に近く、同課は今後の強
い地震を懸念している。

 一方、チッソの事業会社JNCは14日以降、現在所有する廃棄物処分場跡の約20
万平方メートルを調査。「異常はない」としている。

 同プールの一部は86年に市が購入し、下水処理場とごみ処理施設を建設した。市が
87~88年度に2施設の土壌を調査した記録によると、土壌1キログラム当たり最大
で総水銀11・80ミリグラムを検出。ヒ素、鉛などの重金属も含まれていた。

 熊本学園大の中地重晴教授(環境化学)は「地震で液状化を起こす恐れもある。行政
が調査し、リスクの再評価を急ぐべきだ」と指摘している。(隅川俊彦)

くまにちコム:http://kumanichi.com/news/local/main/20160501001.xhtml
------------------------------------------

あんまり問題な気がしないけど
そもそも埋め立てて下水処理場と
ごみ処理施設を建設しんでしょ?

市道が壊れたからって何がどうなるんだ?
危険性がなにか変わるのか(´・ω・`)


汚染された土壌の上からアスファルトとかコンクリとかで固めて流出を防止してる
大きな余震が来てひび割れが拡大するとコンクリ下の土壌がむき出しになって、大潮と台風が重なったりとかで海面が上がって海水が浸入してくると流出しかねない

"水俣で水銀汚染の可能性" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント