ウェットな氷表面が引き起こすオゾン層破壊

低温研 公開講座 2回目
「ウェットな氷表面が引き起こすオゾン層破壊」
講師 長嶋剣

オゾンホール問題
氷が引き起こすオゾン層破壊
極成層圏雲-南極上空にできる特殊な雲(高度20~30km付近の成層圏にできる)
氷の表面はウェット-レーザー共焦点微分干渉顕微鏡
氷表面にできる塩酸液滴
画像

----------------------------------------
話の中の極成層圏雲は先日 荒川逸人さんに南極の話をお願いしたときにも聞いた。
オゾン層が破壊されるときに見えるきれいな雲があると、ちょっとだけ触れられた事もあって調べてみた。
この特殊な雲は別名真珠母雲とよばれ、真珠貝のような美しい虹色を帯びているらしい

日本でも時々見られる彩雲とはどう違うのか
知恵袋のQ&Aに載っていた https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1371666073

虹色雲は彩雲で、夕立がきそうな湿度の高い時に、小規模なものは頻繁に見えますよ。

また、彩雲は絶対に夜見えません。
太陽光のスペクトルが投影したものだから。

真珠母雲は北極圏の白夜のある地方または、その周辺で、太陽が地平線上に昇らなくても、高い高度にある雲に太陽光線が届くことがある。

この時、太陽はでていないのに雲だけが光って見える。これが真珠母雲。

夕暮れの時、日が没んだ後も、雲が夕日に照らされて明るいことがある。イメージはこれに近い。
ただ、真珠母雲は発現条件が揃わないと見えないので、夕焼けほど頻繁に出現しないだろう。

したがって、虹色雲と真珠母雲は全く異なるメカニズムで発生している。
----------------------
夏隊で行った時にスカルブスネスで見た彩雲は真珠母雲ではなかったんだ。
残念。


オゾン層破壊の科学 [ 北海道大学 ]
楽天ブックス
北海道大学 北海道大学出版会オゾンソウ ハカイ ノ カガク ホッカイドウ ダイガク 発行年月:200


楽天市場 by オゾン層破壊の科学 [ 北海道大学 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"ウェットな氷表面が引き起こすオゾン層破壊" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント