ここではないどこか

”ここではないどこかに、何かがある-----これが、私たちの精神的支えになっていることもあります。<中略> 「ここではないどこか」にある理想的の姿は、現実に生きている自分を照らす鏡のようなものと考えるといいのですが、それがすぐ実現できるとか、そうなるべきだと考えると、苦痛になったり、どうせダメだからと悲観的になってしまいます。求めてい…
コメント:0

続きを読むread more

仕事の成果って、気にしてもしようがない

”内藤:私は美術をやっていて、こういう作品は残るけど、むしろ作品という形になったものよりもこれらをひとりで作っていた何年間かの時間のほうが自分という存在のよすがになるのかもしれない。 茂木:作品は人と共有できるけど、それを作っていた時間というのは他人と共有できないですもんね。そう思うと、なんとなく人はどう生きるべきかっていう誰もが…
コメント:0

続きを読むread more

ダーファー・ユーセフ

すばらしい。Dhafer Youssef - Satyagraha ダーファー・ユーセフ(ダファー・ヨーゼフ);1967年生まれ、チュニジア出身の作曲家/ウード奏者/ヴォーカリスト。中東の音楽に根差しながらヨーロッパのジャズやエロクトロニカを融合させた独創的なサウンドと、倍音や鼻を押さえながら高音で歌う独特の歌唱で注目を浴びる。
コメント:0

続きを読むread more

まれに思春期のない人もいるけれど、遅れてくる思春期は数倍たいへんかも

異国で思春期の娘と暮らす母親の奮闘記。思春期って対処法がなく、子も大変だけれど、親も大変だというのがよくわかる。危機的な状況も時期が過ぎるとなんとなく収まってしまうというのも摩訶不思議。---------- 伊藤ふきげん製作所 (新潮文庫)より ”以前、カウンセリングの先生が言いました。子供の「うつ」は、好きだったことに興味をなくす…
コメント:0

続きを読むread more

反復の多い音楽は覚えやすい

"だいたい音楽は鳴ればすぐ消える音を聞く者に覚えさせつつ、脈絡をつけていこうとする面倒なもので、その覚えには反復による刷り込みが手っ取り早い。"「音楽放浪記世界之巻」より --------「ヘルシンキ大学の心理学者カルロス・ペレイラの研究チームが行った実験によると、好き嫌いを問わずよく知られている音楽を聞いている時、人々の脳は感情を司…
コメント:0

続きを読むread more

ロマの音楽

深夜TV「はるかなる音楽の旅-さすらいのヴァイオリン」というロマの人々の音楽を訪ね歩く番組を最後まで見てしまった。朝が起きれない。 ヴァイオリンを弾き始めたのはそんなに昔からではないらしい。お金もないので楽器の一部は自作のようだ。
コメント:0

続きを読むread more

LUNA(vo)from Tokyo JAZZ LIVE

大きな声からピアニッシモの声まで自由自在な歌唄い。 9月8日(日) 13:00~ 13:30 場所:1F すずらん広場 出演: LUNA(ボーカル) 板谷 大(ピアノ) 柳 真也(ベース) LUNA(ボーカル) 音楽教師の父と筝曲大師範の母のもと、様々な音楽に触れて育つ。3歳よりクラシックピアノを学ぶ。2001…
コメント:0

続きを読むread more

蛇池雅人Trio feat.satoko JAZZ LIVE

satokoさんの歌声はとてもすてきだけれど、透明すぎて、買物客が大勢いる中ではなんだか埋没してしまう。 9月7日(土) 15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 蛇池 雅人(アルトサックス) satoko(ボーカル) 南山 雅樹(ピアノ) satoko(ボーカル) さとこ 北海道北広島市出身。5…
コメント:0

続きを読むread more

ディテールに拘って一喜一憂して生きていこう

"具体的な事物に向合っていないと、どうしても潰せない時間ができてしまい、妙なことになってしまう気がします。もちろん、忙しすぎてうつ病みたいになる場合もありますけど、余裕のある時間に正面から物事を見据えようとすると、精神がおかしくなるのではないかと思うのです。” 「新冷戦時代の超克-「持たざる国」日本の流儀」より世界はどこへ向かうか? …
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 8月分

8/31 ブラジル産大豆の不買示唆=世界的なサケ養殖業者(ノルウェイ)がアマゾン理由に 8/31 違法伐採=パラー州の農園主を逮捕=麻州でも衛星使った摘発続く 8/30 連邦政府がアマゾンでの焼畑禁ずる=国際的な批判への対応策-60日間 8/30 総人口は2億1千万人 8/30 サルバドル(Salvador)のビ…
コメント:0

続きを読むread more

体罰による身体能力操作の悪習は日露戦争から

「大東亜共栄圏とTPP 片山杜秀の本-7」より 一般的に体罰的なものというのは、日露戦争より前には見つけられない。でも、日露戦争からあとになってくると、だんだん一般化してくる傾向にありまして<中略>それはたまたまそうなったんじゃなくて、やはり国の、とくに軍の姿勢として、そういう方向が出てくるわけです。 これはスポ根もの「巨人の星」…
コメント:0

続きを読むread more

明日待子さん

今日の道新に明日待子(あしたまつこ)さんの記事が大きく載っている。このブログでもちょっとだけ紹介したことがあった。 https://momijigasa.at.webry.info/201602/article_50.html 戦前はムーランルージュのアイドルで、戦後は札幌で活躍されていたらしい。今年の7月に99歳で死去されたが、今…
コメント:0

続きを読むread more

高橋智美カルテット LIVE

ちょっと変わった声のジャズ歌手です。------------- 9月1日(日)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 高橋 智美(ボーカル) 酒井 由紀子(ピアノ) 佐藤 裕一(カホン) 斎藤 里菜(ベース) 高橋 智美(ボーカル) たかはし ともみ 北海道十勝出身、JAZZ&POPSボーカリスト…
コメント:0

続きを読むread more

PAN DURO LIVE

ハンドパンという楽器は21世紀になって作られた新しい楽器らしい。音階があり、癒やし系の音色だそうだ。ハンドパンとヴァイオリン、二人とも素晴らしい!!------金属製で、膨らんだ円盤のような形をした楽器。抱えるようにして、あるいは支えに乗せて固定し、素手で叩いて音を出す。円盤の表面には複数の「面」があり、叩いたときの音階がそれぞれの面で…
コメント:0

続きを読むread more

新しい音や新しい言葉なんてどこにもない

”セロニアス・モンクは僕がもっとも敬愛するジャズ・ピアニストだが、「あなたの弾く音はどうしてそんなに特別な響き方をするのですか?}と質問されたとき、彼はピアノを指さしてこう答えた。 「新しい音(note)なんてどこにもない。鍵盤を見てみなさい。すべての音はそこに既に並んでいる。でも君がある音にしっかり意味をこめれば、それは違った響き方…
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の報告会

1年も経つと関心が薄れるのか、会場はガラガラでした。 「平成30年北海道胆振東部地震による地盤災害調査団 最終報告会」 主催:地盤工学会 共催:土木学会 日時:令和元年8月29日(木)13:30~16:35(開場:13:15~) 会場:北海道大学フロンティア応用科学研究棟2Fレクチャーホール(235席) (〒0…
コメント:0

続きを読むread more

「命みじかし、恋せよ乙女」

樹木希林の遺作となった映画。異界の表現が外国の監督だとずいぶん直裁的で余韻が残らないというか、叙情的でないというか。でもいい映画でした。片岡鶴太郎の「異人たちとの夏」を思い出しました。原題はKirschblüten & Dämonen(満開の桜と妖精)。ユウ役の入月絢さんは1983年生れの舞踏家。
コメント:0

続きを読むread more

饒舌体

「ラニーニャ」より ”するとそのうち、よいしょというたびに、口から息がすっと抜けていくことに気づいた。エクスヘイルって。えーと、日本語で何というのか、息を吐く。反対がインヘイル、息を入れる、息を吸う。 プリーズ、ってケヴィンがいいますから、よーしインヘイル、よーしインヘイルって、ケヴィンがときどきいいます。あたし筋肉が緊張して…
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震による厚真川流域巡検

朝7:09のバスを乗りついで8:25に出発地点に着く。約40名が参加した。前半、雨に当ったがすぐに止んだ。多くの斜面崩壊現場、同じ火山灰が2回表れる崩壊地、巨大な(小野先生によるとたいしたことはない)岩盤すべり、などを前に、約60枚のカラー印刷された試料を元に詳しい解説がなされた。岩盤すべりでは厚真町から地元の40名も集合。事故も無く、…
コメント:0

続きを読むread more

神樹の実

神樹(またはニワウルシ)の赤い葉のようなものが何か気になっていたが、実らしい。遠目にもはっきりと判る色なので今の季節に特別に目立つ。この木は大木になり、実の前に出来る花はきれいらしいが小さいため、まだ意識して見たことがない。実は初めは黄緑色であり、赤くなり、冬には白くなって風に吹かれて散らばっていく。繁殖力の強さによって嫌われものらしい…
コメント:0

続きを読むread more

世界をかける隕石ハンター

深夜のTVで隕石ハンターの事を知った。 かってはモンゴル砂漠では1グラム1円程度で取引されていたそうだ。 その後、アメリカでは隕石の値段が高騰しバブルになっているとか。このTVが製作された後では中国でも隕石バブルが起っているらしい。 ------------------------- プレミアムカフェ 宇宙からの宝を探せ!~世界…
コメント:0

続きを読むread more

看護師の賃金相場

都道府県でかなり差がある。 看護師の求人データを見ると、常勤の月給が高いのは東京都(30万701円)、神奈川県(29万4578円)、大阪府(27万9856円)の順になっています。一方、低い方のランキングは宮崎県(19万8390円)、熊本県(20万9903円)、青森県(21万1655円)の順でした。常勤の月給に関しては、最も高い東京都と…
コメント:0

続きを読むread more

マッコウクジラの話

フランスのカメラマンのルネ・ウゼ(rune heuzey)さんのすばらしい映像と奥様でソプラノ歌手である山本由紀美さんの通訳と映像に合わせた歌声を3時間楽しめました。ルネさんは環境保護の団体を立ち上げ、小中学校を廻っては啓蒙活動などを行ったり、プラスティックをできるだけ使わないような製品を作ったりしているそうです。マッコウクジラの最大の…
コメント:0

続きを読むread more

低温研のシンポジウム

いろいろな物質を対象として、氷期・間氷期の時代を決めるときに、一元的に決まるわけではなく、いろいろな補正をしなければならず、その補正の方法は研究者によって異なる。若い研究者がこんな分野で育っているのはうれしい。南極アイスコアの分析で、かってマイナス20度で保存していた時の試料では包有物が流失してしまい、今ではマイナス40-50度で保存し…
コメント:0

続きを読むread more

お台場の海“トイレ臭”の必然

選手はモルモットではない。 選手が当日ボイコットしたら、どうするつもりだろうか。 --------------------- ”さらに、選手に酷だったのがニオイだ。約1時間泳いだ男性選手は「正直、くさいです。トイレみたいな臭いがする」と衝撃の証言をした。だが、お台場の海が“くさい”のは必然だという。元東京都衛生局職員で、環境・医事…
コメント:0

続きを読むread more

洞爺湖のトライアスロン

8月18日(日)5時にスイム会場近くでのミーティングから始り、18時過ぎの大会後のパーティー終了まで、今年もほぼ立ちっぱなしの1日だった。大会は大きな事故も無く終了した。気温が高いせいか、完走率が低かったような気がする。バイクのチェック時に最近のバイクにはクイックレリーズがないタイプがあると教えてもらった。きっちりセットでき安全性が高い…
コメント:0

続きを読むread more

フルート・ピアノコンサート

フルート・ピアノコンサートとはいっても、今日のピアノは伴奏かな。 ------------------- 8月17日(土) 13:00~ 13:30 場所:1F すずらん広場 出演: 八條 美奈子(フルート) 谷敷 さなえ(ピアノ) 八條 美奈子(フルート) はちじょう みなこ 北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コ…
コメント:0

続きを読むread more

石川啄木の飛行機

[ニッポンの小説3」の「風立ちぬ」を「読む」の章より 冒頭近く、少年である「二郎」は、夢の中で飛行機を疾走させる。遙か空高く、風を切って疾駆する飛行機を、「二郎」少年は、見つめる。そのシーンを見ていて、僕の唇から、このことばが、不意に洩れ出た。 <見よ、今日も、かの蒼空に 飛行機の高く飛べるを。 給仕づとめの少年が た…
コメント:0

続きを読むread more

映画「クリムト エゴン・シーレとウイーン黄金時代」

いまいち良く分らない映画だった。 --------19世紀末のオーストリア・ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの没後100年にあわせて製作されたドキュメンタリー。官能的でありながら、常に死の匂いを感じさせる作品を残したグスタフ・クリムト。クリムトから強い影響を受けながらも新たな表現を模索し続けたエゴン・シーレ…
コメント:0

続きを読むread more

戦前、学校をつくらせなかった

「水俣から」の色川大吉さんの章から--- 労働者には、だいたい小学校卒業の連中を安い工員として雇う。中学校はつくらせない。戦前、水俣には中学校はありませんでした。何故かというと中学校を出ると生意気になって批判するようになるから困るんで、そういうのはよそに行ってくれということで水俣には小学校しかなかった。だから石牟礼さんも中学校、当時の…
コメント:0

続きを読むread more

手稲山の雲海

里塚から手稲山を見ると、山頂部を除いて雲海が広がっていたが、写真を撮る場所がなく諦めていたが、4時間後も規模は小さいながらもまだ現れていたので、撮ってみた。
コメント:0

続きを読むread more

墓参り

平和霊園と里塚霊園の2カ所に13日の午後に行く。どちらも渋滞はなかった。ほとんどのお墓には花が生けられている。いつも渋滞にあっているが、これからはこのスケジュールにしよう。里塚霊園の墓石の多くは昨年の地震のせいでズレたり破損したが、大半が修復済みである。一部ではズレたまま放置されている。液状化の被害地に近いところが変形も大きいようだ。
コメント:0

続きを読むread more