アクセスカウンタ

モミジガサの探し方

プロフィール

ブログ名
モミジガサの探し方
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ゴッコは今が旬らしい
ゴッコは今が旬らしい ゴッコはなかなか手が出ないな。代りにキューリ(ウオ)を買った、。今年のキューリは大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/22 14:40
北大合唱団定演
北大合唱団定演 2019年1月20日 18:00〜20:20 場所 教育文化会館 札幌は久しぶりの雨が降っていたが、客席は結構な入りでした。 後半は難しい曲が多かったが、よく最後まで歌いきったなと思う。 趣味の合唱とは別世界の音楽でした。 -------------- ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/21 10:06
Satoko・南山雅樹DUO LIVE
すずらん広場のコンサートにしては、珍しく客席はガラガラだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 21:59
Crann Fields LIVE
札幌でアイリッシュ音楽を主に演奏するグループとしてはHard to findくらいしか知らないが、陽気で楽しい雰囲気が出ていて、いいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 01:20
伊達の新年会
伊達の新年会 今年はイタリアン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 02:45
伊達のガソリン代
伊達のガソリン代 2019年1月18日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 02:20
「ゴールは結婚 イタリア--南極 1万3千キロの恋」
「ゴールは結婚 イタリア--南極 1万3千キロの恋」 昨年、白石元極地研究所所長に会ったとき、13次隊の石川さんが上記の本を出版され、我々の事も僅かに載っていると聞いた。紀伊國屋などに取寄せをお願いしたらリストにない出版社の本のため不可となり、そのままにしていた。しかし石川さんとは南極から帰国後一度も会っていなくて、どうも気になったので、アマゾンで購入してみた。帰国途中にフィアンセとフィレンツェで結婚した顛末が主題の一つになっているが、50年近い昔の南極の事をよく覚えていて書かれていると感心した。お元気そうで、なによりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 11:28
イディッシュの歌2
イディッシュ語の音楽は過去の音楽ではなく、今でも創られているらしい。亡くなられた阪井葉子さんの論文がネットに公開されている。「「殺人者の国」に響く故郷の歌 ドイツのフォークリバイバル運動におけるイディッシュ・ソング」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 10:36
西野神社で「どんど焼」
西野神社で「どんど焼」 西野神社は15日だが、琴似神社や北海道神宮は別の日になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/16 18:50
神様ののらくろ者
神様ののらくろ者 ”私は大学を出て2年くらい、何もしないという時期がありました。ドイツ語で「神様ののらくろ者」と言います。神様が許してくれるのらくろ者、そういう言い方があって、この時期は神様が許してくれるからのらくらしていていい、という。それは普通、ドイツ人は大学を出たあたりです。” 「澁澤龍彦の記憶」の「贅沢な怠け者・池内紀」より ------------------- 今では40代50代にそんな時期が必要かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/15 17:28
梅原猛さんが死去 93歳
日本古代史への大胆な仮説や「森の文化」の復権を唱え、日本文化や現代文明の在り方を問い続けてきた哲学者で文化勲章受章者、国際日本文化研究センター顧問の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。 ------------------------------ 若い頃、「隠された十字架 法隆寺論」、「隠された十字架 法隆寺論」、「神々の流竄」、「仏教の思想」、「日本の深層-縄文・蝦夷文化を探る」など夢中で読んだ記憶がある。ご冥福をお祈りします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/15 09:31
コンサート
この楽器の組合わせは珍しいらしく、この三重奏の曲も少ないとか。 演奏はクラリネットが主導しているのかな 普段あまり聞くことのないクラシック音楽を聴けてよかった。 レ・トロワ・ソレイユ と直訳すると三つの大陽 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 17:50
ソプラノ・ピアノ コンサート
ソプラノはのびがあり、すばらしい演奏会でした。 ------------------- 1月13日(日) 15:00〜15:35 場所:1F すずらん広場 出演: 川島 沙耶(ソプラノ) 前田 朋子(ピアノ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 12:26
サイエンスカフェ in 紀伊國屋
サイエンスカフェ in 紀伊國屋 2時間たっぷり勉強させていただきました。 及川さんは半袖シャツ1枚で登場し、家族や南極観測隊の仲間および病院のスタッフにもマイクをむけての大活躍でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/13 14:31
ライブパフォーマンス in 三好好太郎美術館
ライブパフォーマンス in 三好好太郎美術館 緊張感のあるライブパフォーマンスでした。 ひかるさんはヒカブレフでもいいが、単独でもいいですね。 二人のジュニアのダンサーもとてもよかった。 入館料が必要かと思ったが、シニアー料金として無料になっていた。 出演 ダンス 西野留以・森永雪巴・葛葉琥太郎 ヴァイオリン 林ひかる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 22:39
勝ったほうが生き残るとは限らない
勝ったほうが生き残るとは限らない ”プロスポーツは別として、あまり勝負にこだわるのはどうかと思うが、小学校の運動会で順位をつけない傾向もよくない。速い子と遅い子、走るのが好きな子とイヤイヤ 走る子がいていいのだ。 ただし、いちばん速い子をちゃんと表彰したあとで、先生は教えなきゃいけない。 後ろからトラが追いかけてきたとしたら、ビリの子が食われる。でも、ゴールでトラが待伏せていたら1等の子が食われるよ、と。 生き物には多様性があるのが自然であり、勝ったほうが生残るとは限らない、ということを教えるのが本来の教育であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 14:54
イディッシュ語
”池内 東方ユダヤ語と呼ばれる言葉があります。「イディッシュ」と言って、ミュージカルの「屋根の上のヴァイオリン弾き」の村で使われていたのは、明らかにイディッシュです。カフカは当時、軽蔑されていたイディッシュ語についての講演をやったり、イディッシュ劇団の世話係まで熱心にかって出たりしている。僕は「変身」などの小説家としてだけではないカフカを、これからユダヤを考えるいくつかの手がかりの中に捕え直してみたいなと思っているところです。” 「見える日本、みえない日本」より イディッシュ語の音... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/10 15:48
無意識をいかにコントロールするか
無意識をいかにコントロールするか ”無意識をいかにコントロールするか。これはやり方を誤ると、暴走を始めてしまう。無意識をコントロールする最上の方法は自然の中に身を置くことで、それが仏教の教えなんです。だから、お釈迦様も菩提樹の下で瞑想したわけです。 <中略> 自然に近いところで住んでいる人は、”ここから先は入れない”という場所、聖域をもって生活できるわけです。そうすると、意識と無意識とのバランスがよくなる。現代社会は意識を強制する、いわば奴隷制の社会ですから。” 「見える日本、見えない日本」より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/09 12:58
無料登山地図アプリ「YAMAP」
スマートフォン向け無料登山地図アプリ「YAMAP」を提供する情報技術(IT)ベンチャーのヤマップ(福岡市)が、遭難事故による死者を減らすため、アプリを活用した新たな安全確保サービスを開発した。 利用者同士が山ですれ違うたびに互いの位置情報を自動で交換し、同社のサーバーに送信。事故発生時に遭難場所を素早く絞り込み、早期救助を可能にする仕組みだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/08 12:25
読書用眼鏡
読書用眼鏡 "[2000年間で最大の発明は何か」という題名の翻訳本が出た。<中略>わけても私がいたく共感したのは「読書用眼鏡」という回答だった。そのコメントはなかなかふるっていたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/07 21:42
HIKAblef(ヒカブレフ) コンサート
ヒカブレフはやはりいいですね このヴァイオリンを聞いていると気持を持っていかれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/07 01:31
ブラジルのニュース 12月分
12/28 米国追従に3分の2が反対=次期ボウソナロ政権は、発足前からラブコール ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/05 11:47
液状化の被害
液状化の被害 昨年の震災の被害地を一度も見ていないので、米里の液状化の災害状況を見に行く。 今でも、被害の大きな区域は立入り禁止になっていて、管理人が見張っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/04 10:32
初詣
初詣 1月2日17時 気温-6.5° 神宮に参拝する。 人はそれほど多くはない。 交通安全の矢守を入手する。 買ったばかりの防寒防水手袋は効果なく、手が冷たい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/03 15:05
モナーク蝶が激減
モナーク蝶はレイチェル・カーソンのシンボルになっている。 餌となる植物が激減したことなどからモナーク蝶も絶滅の危機に追込まれている。 -------------------------------- ■北米を数千キロにわたって大移動するオオカバマダラ、西部個体群は86%減少 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/02 11:31
光の犬
光の犬 昨年最後に読んだ本は「光の犬」。著者の言葉がネットに載っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/01 19:13
歌うネパール尼僧
アニ・チョイン・ドルマさんの歌です。 心が穏やかになりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/31 16:23
世界の若者は均質化している
そうか、カラオケでは自分の好きな曲を歌うわけではないんだ --------------------------- 日経新聞12/29の記事より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/31 14:48
阿部ヒロカズ トラッドジャズカルテット
12月30日 15:00-15:35 すずらん広場のコンサート 昨年も年末に来ていましたね。 阿部さんの人柄かもしれないけれど、トラッドジャズはいいですね。 最後の曲はこれでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/31 10:58
女子複合選手
女子複合選手 昨日の新聞より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/30 13:56
優香Large Ensemble (ラージアンサンブル)LIVE
今日の優香さんは声がよくのびて、これまで聞いた中で最高でした。 照明のせいか、首筋にある胸鎖乳突筋が浮上がって見えて、力感が感じられた。 優しい笑顔と優しい話し方は苦労して身につけたものだろうか。 中島さんの演奏は久しぶりに聴いたが、相変らずうまい。 演奏中、ニコリともしないのも相変らずか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/29 22:36
音楽は危険な夜の女王
音楽は危険な夜の女王 ” 昔の貴族達にとって、音楽は真剣そのものの営みであり、神仏へのあこがれと恐れを常に意味する「神の遊び」だった。 そして、優れた音楽はちょうど、アラディンのランプに閉込めていた魔物のように、特別な場所に封じ込めておかなければならないもの、場合によっては人間の死を招くものだった。 そして、今でもじつは、音楽はその本質を変えてはいない。現代の私たちも音楽によって「魔除け」をしているし、不安とともに、神の声を音楽に聞取ろうとしているのではないだろうか。” 「夢の歌から」より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/28 00:51
煩悩スイム
12月25日。 108本×50mのスイム練習をやるというので、途中から参加して、残りの38本泳ぐ。 最後の50mをダッシュで泳ごうと思ったら、最後のターンで足が吊ってきて減速してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/26 13:50
氷と雪で満たされたクレーター(火星)の写真
欧州宇宙機関(ESA)の探査機「マーズ・エクスプレス」が、火星の軌道上での活動開始から15年になることを祝い、莫大な量の氷と雪で満たされたクレーターを撮影した詳細で非常に美しい複数の写真を取得した。これらの写真は、欧州宇宙機関のウェブサイトに掲載された。 https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/573/43/5734374.jpg ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/25 11:09
タダタケを歌う会
タダタケを歌う会 1年前に亡くなられた多田武彦氏を偲んで、彼の作品を歌う会が23日 北海道クリスチャンセンターで行われた。 札幌の男声合唱団のある4大学のOBが集り、2時から5時までたっぷり合唱を楽しんだ。 事前練習は一切無しでも、なかなかいい演奏会になりました。 謹んでご冥福をお祈り致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/24 13:34
クリスマス・イブ×3に響け!男声トリオ クリスマスコンサート
なかなかボリュームのある歌声でうらやましい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/24 00:03
滝雲
滝雲 滝雲という言葉を知った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/22 02:39
遠峰あこ-唄うアコーディオン弾き
この歌手は面白そう 崎陽軒「シウマイ旅情」 遠峰あこ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/20 10:33
五足の靴
五足の靴 「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行」 明治四十年夏、与謝野寛(鉄幹)、北原白秋、吉井勇、平野萬里、太田正雄(木下杢太郎)が、南蛮文化への興味を胸に九州にひと月の旅をした。その体験は多彩な文学として花開く― この昔の旅行の跡をたどり、著者がその行程を旅行した感想を本にしたようだが、何か消化不良のまま書いたようで、何を言いたいのか、最後まで判らなかった。当時の若者の価値観は今と随分違うので共感できない部分が多かったせいだろうか。 ただ、この5人の独学のレベルの高さはうらやましい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/19 09:19
fusionofmusic12
fusionofmusic12 クリスマスコンサート ピアニスト日小田直美×元宝塚 安達彩子による、音楽ユニット。 12月16日15:00-15:30 場所 イオン発寒店 年末に近いせいか、観客は少なめで、途中から来ても椅子席に座ることが出来た。 安達さんは風邪のせいか、高音が出づらくて、大変そう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/18 01:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる