テーマ:北海道

北海道のコロナ陽性者と陽性率

北海道のコロナに関するcsvファイルはこちらに移行していました。これを基に作ったグラフです。 しばらく減少傾向にありましたが、この数日は増加傾向に変化しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北広島市で勉強会

第153回 最終間氷期勉強会 日  時:2021年 6月 26日(土)、午後1時~5時 場  所:北広島市広葉交流センター(北広島市広葉町3丁目1)        2階 研修室(JR北広島駅西口から約1km TEL. ?011-373-2801) ◎話題提供1  「“北広島市エコミュージアムセンター 知新の駅”の紹介と案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5と新型コロナ

週間予報です この1週間はPM2.5が高いので要注意 です。今朝、車に黄砂と思われる微粒子が付着していたので調べてみました。写真は12日18時頃の札幌。 夜空の星もやや霞んで見えます。 ------- 京都大学の工学研究科特別研究学生らの研究グループがPM2.5が新型コロナウィルスの細胞侵入口を拡大する、即ち感染を引き起こしやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

6月7日までの道公開資料を基に作成したグラフ。 陽性率は急降下している。 下の図は検査数と陽性者のグラフ。目盛は対数表示。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩盤すべり

久しぶりの現場作業。近くには幌内川の岩盤すべりがある。以前は行けなかった上流側から写真を撮る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の新型コロナ陽性率

5月27日までのグラフ。資料はすべて道公開資料。移動平均を見るとこの1週間、陽性率は10%付近から9%近くまでの減少傾向にある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

北海道のコロナ陽性率(5月14日までの道公開資料より作図)。近似曲線を7日近似にすると、この数日は11月のピーク時とほぼ同じ値まで上昇している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

4月22日までのデータによる(道の公開資料)。 陽性率の日変化。4月以降は全体として増加傾向にある。(7日移動平均) (14日移動平均)変化はよりなめらかに表現される。 (21日移動平均)さらになめらかになる。 陽性者と検査数。比例関係にある(R2=0.61)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

3月9日までの陽性率(資料は道公開のデータ) 陽性率はまた増加傾向にある。 陽性率と検査数の相関はほぼない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル地形は面白そう。

試錐研究会 3月4日(木) 14:00~17:30 札幌サンプラザ 1階 「コンサートホール」 主催:地質研究所(地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所) 正式名称は異常に長いな。 特別講演 デジタル地形データから読み取る地質構造と地球テクトニクス 川村 信人 倶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

2月28日までの陽性率(資料は道公開資料)。2%ほどまで下がっていたが、この1週間は増加傾向にある。人の往来も戻りつつある。今日から道の自粛要請は終るらしいが、大丈夫だろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の新型コロナ陽性率

1月10日までの資料(北海道の公開資料) この2週間は陽性率の変動が多きいので、移動平均を7日から14日に変更してグラフ化した。2週間前から陽性率は急速に増加している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の陽性率

新型コロナの陽性率(資料は道の公表値)は11月10日から12月21日までほぼ一様に低下している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

北海道のコロナ陽性率(資料は道の公開資料 12月6日まで)11月中旬以降、陽性率は下がり続けている。 陽性率と検査数の関連図(11月7日以降)では相関性がありそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

5月10日~11月16日の7日移動平均 この1週間では減少傾向にある。(陽性率は北海道の公開資料の値をそのまま使用している)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

先日のグラフは札幌市ではなく、北海道の陽性率でした。すみません。道新の記事を見て気付きました。 ---------------------------------------------- 北海道の公開資料を基にグラフ化してみた。 生データは変化が大きいので、14日移動平均を点線で示す(計算はエクセルの自動計算)。北海道の陽性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケプロン日誌

北海道開拓のグランドデザインを担当したケプロンの日記で、おやっと思ったこと。。 1・北大の前身の農学校は札幌ではなく、ケプロンが居た当時は七飯町に予定されていた。「敷地はすでに一部整地して柵が立っている。しかし現在のところ、仕事がこのまま進展するかどうかは疑問である。」--ガルトネル事件の影響だろうか。 2・「ナウマン伝」では、ケプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払油ガス田で新たな原油生産

【苫小牧】石油資源開発(東京)は26日、苫小牧市の勇払油ガス田で、新たに地下1400メートルの比較的浅い地層から産出した原油の商業生産を始めたと発表した。日産200キロリットル、年間生産7万3千キロリットルを計画し、全体の生産量は現在の約2・5倍に増える見通し。  原油はこれまで地下3840~4850メートルの深い地層から産出してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードの通訳者イトウの物語

明治初期に日本の国内を旅行したイザベラ・バードは多くの国を旅行し、多くの本を書き、世界でも有名である。しかし、日本で通訳者として同行したイトウは長い間、その人物像は不明であったが最近は少し明らかになった。このイトウを主人公にした小説に中島京子「イトウの恋」2005年があるのを知り読んでみた。イトウの日記が見つかり、その経過と日記の内容の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払海岸の植物

ハマの付く植物が多い。 ハマハタザオ ハマナス ハマエンドウ ハマニガナ コウボウムギ 5月9日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more