テーマ:北海道

北海道のコロナ陽性率

5月10日~11月16日の7日移動平均 この1週間では減少傾向にある。(陽性率は北海道の公開資料の値をそのまま使用している)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

先日のグラフは札幌市ではなく、北海道の陽性率でした。すみません。道新の記事を見て気付きました。 ---------------------------------------------- 北海道の公開資料を基にグラフ化してみた。 生データは変化が大きいので、14日移動平均を点線で示す(計算はエクセルの自動計算)。北海道の陽性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケプロン日誌

北海道開拓のグランドデザインを担当したケプロンの日記で、おやっと思ったこと。。 1・北大の前身の農学校は札幌ではなく、ケプロンが居た当時は七飯町に予定されていた。「敷地はすでに一部整地して柵が立っている。しかし現在のところ、仕事がこのまま進展するかどうかは疑問である。」--ガルトネル事件の影響だろうか。 2・「ナウマン伝」では、ケプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払油ガス田で新たな原油生産

【苫小牧】石油資源開発(東京)は26日、苫小牧市の勇払油ガス田で、新たに地下1400メートルの比較的浅い地層から産出した原油の商業生産を始めたと発表した。日産200キロリットル、年間生産7万3千キロリットルを計画し、全体の生産量は現在の約2・5倍に増える見通し。  原油はこれまで地下3840~4850メートルの深い地層から産出してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードの通訳者イトウの物語

明治初期に日本の国内を旅行したイザベラ・バードは多くの国を旅行し、多くの本を書き、世界でも有名である。しかし、日本で通訳者として同行したイトウは長い間、その人物像は不明であったが最近は少し明らかになった。このイトウを主人公にした小説に中島京子「イトウの恋」2005年があるのを知り読んでみた。イトウの日記が見つかり、その経過と日記の内容の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払海岸の植物

ハマの付く植物が多い。 ハマハタザオ ハマナス ハマエンドウ ハマニガナ コウボウムギ 5月9日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屈斜路湖オープンウオータースイミングが中止

【弟子屈】第3回屈斜路湖オープンウオータースイミング大会の実行委員会は、8月16日に釧路管内弟子屈町の屈斜路湖で開催予定だった同大会の中止を決めた。医療救護スタッフやボランティアスタッフの人員確保が困難になったため。昨年の大会は137人が参加した。(道新電子版)------3密を続けるなら、スタッフのことを考えるとマラソンやトライアスロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常設のストリートピアノ in 札幌

現在 札幌に5箇所 設置されている。()は設置年月 わずか1年半足らずで、これだけになった。集客効果も高いんだろうか。 ラソラ札幌Bタウン(白石区東札幌の旧イーアス)2020年1月 パセオ地下1階イーストアベニュー(北区 札幌駅直結) 2019年12月 ノルベサ(中央区 観覧車が目印) 2019年10月 厚別パ-クボウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クマづくしの1日」

朝10時の開始時間にはすでに広い会場がほぼ満席状態で、若い人が多かった。ヒグマの話は誰もが知りたいことの表れでしょうね。 12月8日10:00~16:30 場所:札幌エルプラザ3Fホール 主催:ひぐまの会 参加費:無料 内容 ヒグマ・フィルムフェス(5)、クマの語り部ミニレクチャー(5)、クマ笛コンサート(ホラネロ)、落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾクロテン

伊達市蟠渓で斜面を登っていると、大量のシカの糞が見つかる。近くの人にシカは出ませんかと聞くと、シカは見ないがテンはよく見るらしい。エゾクロテンだろうか。無人になった池の魚を狙ってやってくるのだそう。この日の羊蹄山と夕焼け。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊蹄と彩雲

鮮やかな彩雲が見えたので、カメラを取り出して写そうと思ったらわずかに残っていただけだった。彩雲は1分足らずで発生し、消えた。 朝は羊蹄山に雲がかかっていたが、午後には大分姿を現した。独立峰にかかる雲は見飽きない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

床下換気口の補修材

床下換気口は普通塩ビでできていて、紫外線により劣化し、20-30年もすると壊れてくる。新しく同じものを取り付けようと思っても、簡単そうに見えて、素人では意外に難しい。この商品は既存の換気口をそのままに両面テープで貼り付けるだけ超簡単。ジョイフルなどで購入できる。商品名は角形床下換気口用防虫断熱パーツ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕張シューパロダム

ダムの完成までは何度も通った場所だが、トンネル完成後は風景が一変して知らない土地に来たような気がした。三弦橋の見学会は23日だが、その日は台風が来るというので前日に行った。三弦橋は道路が通行禁止(落石)でざんねんながら見えなかったが当時の記憶が蘇ってきた。近くの道の駅でダムカード(バス通行券)をもらって帰る。 夕張岳 水没した橋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震による厚真川流域巡検

朝7:09のバスを乗りついで8:25に出発地点に着く。約40名が参加した。前半、雨に当ったがすぐに止んだ。多くの斜面崩壊現場、同じ火山灰が2回表れる崩壊地、巨大な(小野先生によるとたいしたことはない)岩盤すべり、などを前に、約60枚のカラー印刷された試料を元に詳しい解説がなされた。岩盤すべりでは厚真町から地元の40名も集合。事故も無く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺湖のトライアスロン

8月18日(日)5時にスイム会場近くでのミーティングから始り、18時過ぎの大会後のパーティー終了まで、今年もほぼ立ちっぱなしの1日だった。大会は大きな事故も無く終了した。気温が高いせいか、完走率が低かったような気がする。バイクのチェック時に最近のバイクにはクイックレリーズがないタイプがあると教えてもらった。きっちりセットでき安全性が高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイオウカイザイク

ルスツの道の駅で買った苗に花がやっと咲いた。 花の名前を忘れたので、スマホにGreenSnapというアプリを入れ、写真を深夜に投稿した。すると5分足らずで解答が届いた。便利な世界になったものだ。帝王貝細工の意味らしい。別名はムギワラギクで英語名(strawflower)の直訳とか。まめに水やりをしないと葉がしおれてくる。30°を超える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の斜面崩壊について

活発な質疑があったが、時間切れで中途半端に終った。議論が活発になるのはいいが、個人攻撃になったり、他人を見下したようなものの言い方は止めて欲しい。 応用地質学会北海道支部研究発表会 6月14日 14:30~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊蹄山の湧き水

有名なふきだし公園とは羊締山の反対側にある。 真狩村の羊蹄山登山口のすぐ脇にある湧き水の名所。 非常用の携帯タンクを買っていたので、汲んできた。冷たくておいしい。 すぐ隣に「湧き水の里」というこの湧き水を使用している豆腐屋さんがある 300円~500円の豆腐がどんどん売れている。 店の奥には試食コーナーがあって、多数の商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手風琴

倶知安町比羅夫の国道沿いにある中華レストラン ずいぶん久しぶりに入る 食事後、手入れされた庭を拝見する 最近よく釣鐘水仙を見かけるが、そうとう種が飛んでいるのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震のシンポジウム

胆振東部地震の崩壊地はまだ決定ではないが、およそ6600箇所だったとの話があった。 航空写真でしらみつぶしにチェックされたのだろうか。 最初、鈴木知事の挨拶があった。直接、見のは初めてだ。 最後まで聞く予定だったが、議事進行が遅れ、途中で退席し、合唱の練習に参加。 ------------------------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達で懇親会

会議の後で「やまもみじ」にて懇親。 伊達でこんなにおいしい店があるとは思わなかったと初めての人が言ってましたね。器もすごく凝っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスターズの水泳大会

3月3日 場所 千歳市温水プール 第93回JSCA北海道ブロックマスターズスイミングフェスティバル。 暖かい、いい天気で車も予定どうりの時間に着いた。 ロッカーはカード式で団体毎に渡す仕組らしい。 大会には2種目に出場し、それぞれ僅かにタイムを落した。 ターンで一度滑って、2秒ほどロスをしたのも痛い。 加齢に打勝ってタイム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小樽の「雪明りの路」

-5~6°の気温の中、小樽のローソクの明りを見に行く。 札幌の雪まつりに比べると、市民の手作り感が圧倒的でいかにも地元のまつりという雰囲気がすばらしい。 エレクトンの屋外演奏は鍵盤に当る指が冷たそう。いじめを観ているようで楽しめなかった。 屋内でもミニコンサートが開かれている これは「忍路(おしょろ)」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝雲

滝雲という言葉を知った。 山の稜線をこえて風下側に流れた雲が、山にそって滝のように落下しながら消えていくもの。 これは中標津の近くで撮った写真だが、滝雲という言葉は知らなかった。 僅か数分の間にどんどん変っていく雲の動きは見ていて飽きない。 2018.8.31撮影 「剥き出しの地球 南極大陸」の中に出て来た 美しい写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知里幸恵 銀のしずく記念館

館長のむつみさんが亡くなり、今はポランティが交代で勤務しているらしい。 ここに来るのは4回目だろうか。 少しずつ中身が変っている。 聞えていたCDは非売品のアイヌの歌のようで、黒川かほるさんのフィドルの音がいい。 最初に屋外を案内してもらう。 植物が専門の人で、巨大なな栗の木やリスに皮をかじられた杉の木などいろいろ教わった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more