テーマ:北海道

北海道のコロナ陽性率

北海道のコロナ陽性率(5月14日までの道公開資料より作図)。近似曲線を7日近似にすると、この数日は11月のピーク時とほぼ同じ値まで上昇している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

4月22日までのデータによる(道の公開資料)。 陽性率の日変化。4月以降は全体として増加傾向にある。(7日移動平均) (14日移動平均)変化はよりなめらかに表現される。 (21日移動平均)さらになめらかになる。 陽性者と検査数。比例関係にある(R2=0.61)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

3月9日までの陽性率(資料は道公開のデータ) 陽性率はまた増加傾向にある。 陽性率と検査数の相関はほぼない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル地形は面白そう。

試錐研究会 3月4日(木) 14:00~17:30 札幌サンプラザ 1階 「コンサートホール」 主催:地質研究所(地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所) 正式名称は異常に長いな。 特別講演 デジタル地形データから読み取る地質構造と地球テクトニクス 川村 信人 倶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

2月28日までの陽性率(資料は道公開資料)。2%ほどまで下がっていたが、この1週間は増加傾向にある。人の往来も戻りつつある。今日から道の自粛要請は終るらしいが、大丈夫だろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の新型コロナ陽性率

1月10日までの資料(北海道の公開資料) この2週間は陽性率の変動が多きいので、移動平均を7日から14日に変更してグラフ化した。2週間前から陽性率は急速に増加している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の陽性率

新型コロナの陽性率(資料は道の公表値)は11月10日から12月21日までほぼ一様に低下している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

北海道のコロナ陽性率(資料は道の公開資料 12月6日まで)11月中旬以降、陽性率は下がり続けている。 陽性率と検査数の関連図(11月7日以降)では相関性がありそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

5月10日~11月16日の7日移動平均 この1週間では減少傾向にある。(陽性率は北海道の公開資料の値をそのまま使用している)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

先日のグラフは札幌市ではなく、北海道の陽性率でした。すみません。道新の記事を見て気付きました。 ---------------------------------------------- 北海道の公開資料を基にグラフ化してみた。 生データは変化が大きいので、14日移動平均を点線で示す(計算はエクセルの自動計算)。北海道の陽性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケプロン日誌

北海道開拓のグランドデザインを担当したケプロンの日記で、おやっと思ったこと。。 1・北大の前身の農学校は札幌ではなく、ケプロンが居た当時は七飯町に予定されていた。「敷地はすでに一部整地して柵が立っている。しかし現在のところ、仕事がこのまま進展するかどうかは疑問である。」--ガルトネル事件の影響だろうか。 2・「ナウマン伝」では、ケプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払油ガス田で新たな原油生産

【苫小牧】石油資源開発(東京)は26日、苫小牧市の勇払油ガス田で、新たに地下1400メートルの比較的浅い地層から産出した原油の商業生産を始めたと発表した。日産200キロリットル、年間生産7万3千キロリットルを計画し、全体の生産量は現在の約2・5倍に増える見通し。  原油はこれまで地下3840~4850メートルの深い地層から産出してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードの通訳者イトウの物語

明治初期に日本の国内を旅行したイザベラ・バードは多くの国を旅行し、多くの本を書き、世界でも有名である。しかし、日本で通訳者として同行したイトウは長い間、その人物像は不明であったが最近は少し明らかになった。このイトウを主人公にした小説に中島京子「イトウの恋」2005年があるのを知り読んでみた。イトウの日記が見つかり、その経過と日記の内容の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇払海岸の植物

ハマの付く植物が多い。 ハマハタザオ ハマナス ハマエンドウ ハマニガナ コウボウムギ 5月9日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屈斜路湖オープンウオータースイミングが中止

【弟子屈】第3回屈斜路湖オープンウオータースイミング大会の実行委員会は、8月16日に釧路管内弟子屈町の屈斜路湖で開催予定だった同大会の中止を決めた。医療救護スタッフやボランティアスタッフの人員確保が困難になったため。昨年の大会は137人が参加した。(道新電子版)------3密を続けるなら、スタッフのことを考えるとマラソンやトライアスロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常設のストリートピアノ in 札幌

現在 札幌に5箇所 設置されている。()は設置年月 わずか1年半足らずで、これだけになった。集客効果も高いんだろうか。 ラソラ札幌Bタウン(白石区東札幌の旧イーアス)2020年1月 パセオ地下1階イーストアベニュー(北区 札幌駅直結) 2019年12月 ノルベサ(中央区 観覧車が目印) 2019年10月 厚別パ-クボウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クマづくしの1日」

朝10時の開始時間にはすでに広い会場がほぼ満席状態で、若い人が多かった。ヒグマの話は誰もが知りたいことの表れでしょうね。 12月8日10:00~16:30 場所:札幌エルプラザ3Fホール 主催:ひぐまの会 参加費:無料 内容 ヒグマ・フィルムフェス(5)、クマの語り部ミニレクチャー(5)、クマ笛コンサート(ホラネロ)、落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾクロテン

伊達市蟠渓で斜面を登っていると、大量のシカの糞が見つかる。近くの人にシカは出ませんかと聞くと、シカは見ないがテンはよく見るらしい。エゾクロテンだろうか。無人になった池の魚を狙ってやってくるのだそう。この日の羊蹄山と夕焼け。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊蹄と彩雲

鮮やかな彩雲が見えたので、カメラを取り出して写そうと思ったらわずかに残っていただけだった。彩雲は1分足らずで発生し、消えた。 朝は羊蹄山に雲がかかっていたが、午後には大分姿を現した。独立峰にかかる雲は見飽きない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

床下換気口の補修材

床下換気口は普通塩ビでできていて、紫外線により劣化し、20-30年もすると壊れてくる。新しく同じものを取り付けようと思っても、簡単そうに見えて、素人では意外に難しい。この商品は既存の換気口をそのままに両面テープで貼り付けるだけ超簡単。ジョイフルなどで購入できる。商品名は角形床下換気口用防虫断熱パーツ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕張シューパロダム

ダムの完成までは何度も通った場所だが、トンネル完成後は風景が一変して知らない土地に来たような気がした。三弦橋の見学会は23日だが、その日は台風が来るというので前日に行った。三弦橋は道路が通行禁止(落石)でざんねんながら見えなかったが当時の記憶が蘇ってきた。近くの道の駅でダムカード(バス通行券)をもらって帰る。 夕張岳 水没した橋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more