テーマ:巡検

胆振東部地震による厚真川流域巡検

朝7:09のバスを乗りついで8:25に出発地点に着く。約40名が参加した。前半、雨に当ったがすぐに止んだ。多くの斜面崩壊現場、同じ火山灰が2回表れる崩壊地、巨大な(小野先生によるとたいしたことはない)岩盤すべり、などを前に、約60枚のカラー印刷された試料を元に詳しい解説がなされた。岩盤すべりでは厚真町から地元の40名も集合。事故も無く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大の隠れた歴史ツアー

8月7日当日の朝刊で紹介されたイベントで参加者は少ないと思ったが、30人程集った。 コタン跡地。納骨堂。 6月に出版された「北海道大学もう一つのキャンパスマップ」刊行記念のイベントで執筆者8人が案内役を務めた。企画はこの本の出版社の寿郎社。ツアーの出発地の北大生協書籍部の売上げはこの本がトップで60冊ほど売れているとか。3時間かけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩内平野の地質巡検

第四紀の地質の解釈は難しい。 海進と海退、地盤の上昇と沈降、堆積物の体積と削剥など未知数はたくさんある。 わずかに残る証拠から犯人を捜すことと同じで、若い頃から訓練をしないとなかなか整合的な答えが分からない。 今回は小野先生の論理的でわかりやすい解釈を露頭を前にして聞くことができて、少しは理解できた。 地質学と地理学の両方の方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺跡発掘見学会

K39遺跡北大医学部百年記念館地点発掘調査説明会 主催:北大埋蔵文化財調査センター 月日 10月3日 1回目 12:30 2回目 13:00 擦文文化(9世紀後半~11世紀後半)の遺跡 火山灰は樽前a と白頭山 明治初期の排水管 2回目に参加した。 参加者は十数名で、途中雨に降られてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡検のご案内:第133回 最終間氷期勉強会

「岩内平野の第四紀層」 -堆積構造と地質層序を学ぶバスの旅-  岩内平野には、海岸段丘や砂丘が発達し、第四紀層の新鮮な露頭が数多く見られます。 しかし、採掘中なので、前回見た露頭が無くなって、新たな露頭が出現していることもあります。  海成層から陸成層への変化、洪水や津波による堆積相、扇状地砂礫層。風成砂丘の 斜層理、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風力発電の見学

室蘭の街が一望に見渡せる場所にある風力発電所で道内2位の発電能力らしい。 シャドウフリッカーとは初めて聞いた。 道央技術士会 施設見学会 9月1日 13:30~17:00 見学施設 ユーラス伊達ウィンドファーム・ユーラス伊達黄金ウィンドファーム 講演会 「室蘭~宮古のフェリー就航に向けて」室蘭市港湾部 西館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊平川沿いの地形地質巡検

支笏火砕流(Spfl)に見られる礫層。 八剣山山麓にある砂シルト互層(湖沼堆積物?) 「豊平川沿いの最終氷期の地形発達史を考える」 -支笏火砕流(Spfl)により激変した地形・地質環境(せき止め湖―古藤野湖―の存在は如何に)― 今から4万年前、最終氷期の中頃、支笏火山が大爆発を起こし、大火砕流の流出とともに豊平川中~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊平川の地質巡検の案内

巡検のご案内 「豊平川沿いの最終氷期の地形発達史を考える」 -支笏火砕流(Spfl)により激変した地形・地質環境(せき止め湖―古藤野湖―の存在は如何に)―  今から4万年前、最終氷期の中頃、支笏火山が大爆発を起こし、大火砕流の流出とともに豊平川中~下流域の地形環境は一変しました。 豊平川と真駒内川が合流する藤野~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jファーム苫小牧見学

昨年出来たばかりの最先端アグリプラント。 オランダの会社のノウハウを得て作られた全自動水耕栽培方式。 農場と言うより工場ですね。 プラント内は撮影禁止。 見学は1ヶ月前からネットで予約可能とか。 --------------------- 道央技術士委員会 施設見学会 平成27年9月9日(水曜日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌地質巡検

昭和56年の大洪水によるイベント堆積物(砂利層) 古い時代のイベント堆積物による微高地(大きなポプラが立っている) 1万も植えられたドイツスズラン 古い網状河川の跡(微地形として残っている) ー札幌の洪水跡を訪ねるー「地質の日」記念行事 5月24日 9時45分集合ー15時解散 場所;豊水すすき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沙流川左岸のフットパス

「イザベラ・バードの道を辿る 2014」 スタート地点 カシワ、ミズナラ、コナラの3種のオークが自生 去場生活館での地産地消弁当 前日下草刈りをしたというフットパス ダイモンジソウの群落 門別図書館出発、沙流川左岸沿いで旧ケンタッキーファーム近くを通り川向大橋までは馬のいる牧場沿いの舗装道路。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強会

水尻「東日本大震災・現地視察」 大津「(活断層とノンテクトニック断層 起震断層の正しい認識と評価基準を探る)講演会を聴講して・その他」 今日の話はちょっと怖いことになりそうなことにつながるかも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

是川縄文館

長七谷地貝塚遺跡を探したが近くに案内板が全くなく、諦めて有名な是川遺跡に向かう。 遺跡の場所には今は何も無いそうで、近くの是川縄文館に入る。 青森県八戸市 入館料 250円 ちょうど「縄文のストーンサークル」という企画展中。 ゆっくり見たかったが、1時間足らずで閉店時間。 東京国立博物館図版目録 縄文遺物篇(土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二ツ森貝塚遺跡

案内表示板が少なくて、たどり着くのが心配でした。 青森県七戸町 小川原湖西岸に形成された縄文前期から中期にかけての大規模な貝塚を伴う集落遺跡。 復元された住居が展示されているだけで、貝塚は全く見えません。 可視化すればいいと思うがどうだろうか。 世界遺産に登録しようとしている縄文遺跡群の一つ。 世界遺産 縄文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小牧野の環状列石

約4000年前の縄文時代のストーンサークル 最大直径55mで3重の輪になっている 石の数は約2900個 中心の石は約490kg 安山岩で近くの河原から運んできたと推定されている 世界遺産候補(北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群)の一つ 標高145mで陸奥湾が遠望できる 雨の中、訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなイナウと小さなイナウ

ヲチャラセナイ遺跡はダムで水面下になるので、今後はそのままにするという。 供養の終わったイナウもこのままにするという。 大きなイナウは神に祈りをささげるカムイノミに使い、男性が執り行う 左側の小さなイナウは先祖供養のイチャルパに使い、女性が執り行う 三十七本のイナウ北海道出版企画センター 根室シンポジウム実行委員会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北黄金貝塚公園見学

大島館長の縄文人に対する熱い思いが伝わる講演の後、公園内を見学 しばらく来ていない間にずいぶん変わってしまっていてビックリです 場所:北海道伊達市北黄金15 年間2万人の子供達が体験学習に来ているという 館長の主張 貝塚はゴミ捨て場ではない 土偶の顔は月 縄文人はあえて発展や進化への道をとらなかった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達ソーラー発電所

今年6月に完成したばかりの発電所を見学 敷地面積 3Ha 発電出力 1000kW 制作費 約8億円 モジュール 4800枚 一般家庭約300軒分 メンテナンス不要のため、雇用は増えないらしい 津波や落雷の対策は無い 主催:技術士会北海道支部 道央技術士会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクルの講義

さっぽろ雇用創造協議会主催のリサイクルの講義が終了した。 まる4日間の座学と2日間の見学会 名称は「副産物・廃棄物の利活用(リサイクル)に関する人材育成講座」 すごく広範囲な講義で、テキストもこのために創られ、付録の用語集も完備している これで無料とは、すごい 講座の最後に受講者からの質問があった 見学に行った定山渓のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈産業は大変そう

リサイクル工業の見学会に参加 岩見沢-ゴムタイヤからパネル 江別ーガラスからグラスウール 石狩ー車両解体 いずれも多くの社員を抱えていて、雇用対策の機能は果たしている 3.11やタイの洪水の影響で中古車が少なくなっているという 動脈産業に元気が無いと、静脈産業は大変という話でした 誰も教えてくれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヲチャラセナイ遺跡見学会

場所は厚真町幌内。 青少年センターに集合し、マイクロバス3台に分乗して現地に着く。 案内役は町の学芸員の皆さん。 この遺跡は厚幌ダムの事業の一環から発見されたそうである。 場所はダム予定地のすぐ上流側右岸の段丘面上にある。 標高は約70mで、こんな高台に遺跡があるのは珍しいらしい。 山越えの交易ルートにあったものと考えられて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白頭山からの千年前のたより

苫小牧のフェリーターミナルに立寄る。 20~30年ぶりだが、建物は新しくなり全く様変りしているのでビックリする。 今では3社あり、八戸、仙台、名古屋、大洗などに出航している。 船室の写真を見ると、豪華な部屋も増えているようで、昔ながらの雑魚寝は流行らないのだろう。 ここは早々に引揚げて苫小牧東港に行く。 ここには白頭山の火山灰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクターブと5度

3度の和音は男声合唱の醍醐味という人もいるけどね。 「縄文聖地巡礼」 この本は説教くさくてつまらない部分が多い。 その一節。 坂本 音楽の実験があるんですが、ひとつの部屋に何十人かを入れて、何か歌わせるんです。 最初はバラバラな音で歌っていますが、何分かやっていると1度と5度と8度、つまりオクターブと5度にきれいにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山灰Toya

約30名での巡検。 1日中天気が良かった。 厚真町の教育委員会から6名、道を付けたり、遺跡の話を説明されたりとお世話になった。 厚真町美里の露頭 上部から、樽前b、c、d、Spfa10、Mpfa3、toya、本郷層、厚真層、早来層 黒曜石は赤井川産と豊泉産の2種類が混じっているそうだ。 北広島西の里の露頭 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画-氷雪の門

お盆にキノで映画を観る。 36年間旧ソ連のため封印された映画だとか。 北海道では当時2週間だけは何とか上映されたとか。 この映画の舞台は樺太の西海岸の真岡で、いまはホルムスクと呼ばれている。 ホルムスクは,漁師と船員の街で今の人口は45,000人程。当時は1~2万人程。 9年前の2001.9.11、まさに9.11事件の日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕張シューパロダム巡検2

8月2日にシューパロダム巡検の事を記載したが、古い資料を漁っていたら、昔の巡検記録が出てきた。 この写真は1991年の同じ場所の社内巡検です。 当時、この会社では本社や全国の支店から技術者を集めて、主要な現場を巡検していた。 下請の私にも声が掛り、何度か同行させて頂き、すごく感謝している。 古い写真だから、誰がだれか見ても分らな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石炭の露天掘

先日、見学した三美鉱業の露天掘の露頭は美唄の東明公園から真正面に見えた。 こんなに身近で見えるとは思わなかった。 東明公園は高速を美唄で降りて2~3分、美唄ダムのほうへ行く途中にある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕張シュウパロダム 巡検

三美鉱業 巡検で時間合せのため急遽 このダムの見学が組込まれた。 立派なインフォメーションセンターがある。 モニターもあり、リアルタイムで現場の状況が示されている。 これは骨材ヤード 最大80-150mm トラックと比較すると大きさが分る ダムコンクリート打設状況 岩盤スケッチ班も活動中だったそうだ この現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琥珀入り石炭

地質巡検 場所:美唄の三美鉱業(株)の露天鉱 参加10名。 この見学会は私の発案で実現した。 数少ない石炭の露天掘りの現場を観察(3露天鉱のうち2カ所)。 前日の雨でマイクロバスは不可ということで、ジープを三台用意していただいて見学する。 南露天鉱 ここは石狩層群 美唄層の三枚の炭層が観察できる 地層の傾斜は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の円筒分水工

この連休を利用して栗山町の北学田第1支線分水工を見学してきた。 場所は道道749号沿いで、栗山ダムへ行く道との交差点から数十メートル北側。 この交差点はかって栗山100kmウルトラ遠足のエイドがあった所。 中央に丸く穴があいているが、流量が極めて少なく流入しているかどうかは不明。 分水工にしては1方向しかなく不自然。 水面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more