テーマ:健康

スポーツジム

スポーツジムでスタジオでのレッスンが再開した。スタジオの前には休講の張紙がたくさん貼ってある。教える人が怖くて休講にしてるのだろうか。昨日、ヨガの教室に参加した。先着順で12名までとなっている。できるだけ近づかないようにマットを敷く。マットは消毒液で拭いてもらった。みなさん まだ緊張している。ヨガでも心の緊張は解けない。フリーランスの教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9つのしないこと

https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/006/732/80/N000/000/000/158467234969348003409-thumbnail2.png?1584672351342 StudyHackerより。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院もいろいろ

薬がなくなったので近くの内科クリニックに行ったが、患者は一人もいない。本当に薬だけのために来たんですかと念を押されてしまった。 別の日、北海道医療センターに付添いで行く。駐車場は満車に近く、外来は相変らず混んでいる。玄関では体温測定要員が数名待ち構えている。 入口に張紙がある。 予約のない方は、原則、診察等の対応はいたしません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミック

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2020年3月11日 のタイトルは「人類の7割が感染し2年以上続くウイルス危機」 「2月末には英国政府の保健省が、最悪のシナリオとして「英国民の80%が新型ウイルスに感染し、50万人が死ぬ」と予測する報告書を作成し、わざわざマスコミにリークしている。2月末には米ハーバード大学の研究者(Marc Li…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11から9年

9年経った今でも、原子力緊急事態宣言はまだ解除されていない。 年間の放射線量の国際基準は1ミリシーベルトであるのに対して、日本はまだ20ミリシ-ベルの暫定基準のままである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護民俗学のセンス・オブ・ワンダー

「驚きの介護民俗学」2012年 より。私は、利用者への聞き書きにいつも「驚き」を感じる。話の展開のなかでこれまで聞いたことがないような職業の経験者であることが分かったり、こちらが予想もしなかった人生を背負って生きてこられた方であることを知ったり、あるいは、利用者がふとみせる行動にその方の生活史ばかりでなく時代が見えてきたりする。そんなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぎはぎだらけのケア

最初の対談で、個人の中に多様性があるのが大人といっているのが、うれしい。多重人格って言われても気にしない。 鷲田清一・内田樹「大人のいない国」2008年より。第5章 大人の作法(鷲田清一)長く介護士をしている友人は、つぎはぎのパッチワークをもじって「パッチング・ケア」と言い、取り繕いや、すり抜けをもっと積極的に評価したほうがいいと言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

pm2.5

札幌周辺のpm2.5は14日中には薄くなりそうです。このpm2.5、変な病原菌を連れてきてないでしょうね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2型糖尿病の発生メカニズム

生活習慣病である2型糖尿病の症状が安定した人と、一度安定した糖尿病の症状が再発した人を比較する研究により、糖尿病は「余剰となる脂肪が内臓にあふれ出して発生する」というメカニズムが原因であることが突き止められました。<中略> テイラー教授はこの結果について、「人が皮下に蓄えることができる脂肪の限界量には個人差がありますが、この限界量を超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

fitbitの行方

フィットビットの腕時計タイプのフィットネストラッカーを3年ほど使っているが、バンドが弱くて2年は保たない。以前はジョイント部がすぐ脱落するようになったので写真付きでメールを送ったら、新しいバンドが送られてきた。別の製品も1年過ぎて、またバンドがすぐ脱落するようになったので、メールを送ろうと思ったら、その日本語表記のページが消えていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不自由展

入場に際してのチェック等はなかったが、場内の撮影禁止はなぜだか理由が分からない。 入場者は男性より女性の方が多かった。 「原発問題・経済産業省の教育現場への介入」は久しぶりに思い出した。 北海道 表現の自由と不自由展。12月21日11時~19時。札幌市教育文化会館。観覧料 300円。 「あいちトリエンナーレ2019」での企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康になる生活習慣

12月19日。市民医療セミナー。講師:北海道医療大学学長 浅香正博。 ・週60-150分 軽度のジョギングをする人の死亡リスクが最も低い。 ・1日に2時間、座位から立位に変えるだけで健康状態が改善する。 ・要介護にならないBMIは23~29で、すこし太めくらいの人の健康寿命が長い。 ・健康に悪い食品(赤い肉、白い炭水化物、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアは世界で唯一精神病院を廃止した国

レイチェル・カーソン北海道の会 第179回学習例会 日時 12月12日(木) 14時半~17時 場所 北大 遠友学舎(北18条西7丁目) 話題提供 高縁さん 前回例会で鑑賞したイタリア精神保健改革の父フランコ・バザーリアの闘いを描いた伝記ドラマの後編(2時間) 14日の深夜TVで「権利の階段」を見た。精神病患者への強い薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉あそび

樺太アイヌのあそび。アイヌ語でレクッカラrekukkaraと呼ばれる。 この動画では”1951年と1962年に実演が記録されてから今まで、演じる人がいませんでした。日本国内では50年ぶりに昨日、小夜と直子が実演しました”とあります。 このあそびは ”樺太アイヌに固有のゲームであり、ペアを組んだ女性が顔を接するくらいに対面し、一方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアの精神病院の話

レイチェル・カーソン北海道の会 第178回学習例会 11月28日15時~17時 場所 北大 遠友学舎 イタリアは世界で唯一精神科病院がない国である。1978年のバザーリア法によって精神病院が閉鎖され、精神病院がない社会がつくられました。この運動のきっかけを作ったバザーリアさんを主人公にしたDVD(その第1部)を鑑賞し、フリートーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南シナ海で放射能事故

「スプートニク」のニュースから 2019年11月22日 18:57 南シナ海での巨大水中爆発と放射線量の上昇についてメディアが報道 南シナ海で、TNT換算で最大20キロトン相当の水中爆発が記録された。21日、ハル・ターナー・ラジオショーが、海洋モニタリングサービスの情報をもとに報じた。 現在伝えられている情報によると、爆発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嚥下体操

札幌東得洲会病院の広報誌より。これは合唱の練習前に行う体操とよく似ていますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの話

西尾先生の動画等を見ながら、トリチウムの事を学習しました。先生、随分怒っています。------------------レイチェル・カーソン北海道の会 第177回学習例会。月日 10月24日(木)15:00~17:00。 場所 北大 遠友学舎(北18条西7丁目)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪崩事故防止研究会の講演会

第27回講演会「雪崩から身を守るために」 10月26日 北海道大学クラーク会館講堂 入場無料・申し込み不要 午前の部 10:00〜12:00 「雪崩事故の医学」及川 欧(雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム・旭川医大) 「北海道のエアレスキューについて」 秋葉 賢(北海道防災航空隊) 午後の部 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スフィア基準

この基準はラジオで聞いて初めて知った。 災害や紛争などの被災者すべてに対する人道支援活動を行う各種機関や個人が、被災当事者であるという意識をもって現場で守るべき最低基準の通称。正式名称は「人道憲章と人道対応に関する最低基準」Humanitarian Charter and Minimum Standards in Humanita…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜入り麻婆定食

北海道医療センターのレストラン。日替わり定食。ピリ辛ラーメンもおいしい。内科はさすがに混んでいますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物状態の患者とコミュニケーションを取る

最新の機械を使って、植物状態の患者を調べると、普通に生きている人と同じように外の状況を把握している。反応は出来ないが、語りかけや問いかけは理解できている。ということが判ってきているという衝撃的な本。こんな本を読むと、そういう患者に対する態度は一変するだろう。 「生存する意識――植物状態の患者と対話する」エイドリアン・オーウェン 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本版枯れ葉作戦とは何か--北海道に撒かれた枯れ葉剤

約30人が集り、ベトナムで使われた枯葉剤が日本製で、しかも日本でも大量に撒かれたり、埋められたりしていたという話を聞いた。初めて聞く話で、しかも札幌でも藻岩のスキー場周辺で1971年に撒かれたという。--------- レイチェル・カーソン北海道の会 第176回学習例会 9月26日(木)16:00~17:50 場所 北大・遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れ

21日、2カ所の墓地に墓参り。秋晴れのいい天気でした。明後日には台風17号が来るらしいが。t">この墓地に一時繁茂していたベニバナコウリンタンポポは全く見えなくなった。帰りは定食屋jinbeiで食事。今、鮭の季節なのに、なぜか切り身が小さいのが残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事の成果って、気にしてもしようがない

”内藤:私は美術をやっていて、こういう作品は残るけど、むしろ作品という形になったものよりもこれらをひとりで作っていた何年間かの時間のほうが自分という存在のよすがになるのかもしれない。 茂木:作品は人と共有できるけど、それを作っていた時間というのは他人と共有できないですもんね。そう思うと、なんとなく人はどう生きるべきかっていう誰もが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まれに思春期のない人もいるけれど、遅れてくる思春期は数倍たいへんかも

異国で思春期の娘と暮らす母親の奮闘記。思春期って対処法がなく、子も大変だけれど、親も大変だというのがよくわかる。危機的な状況も時期が過ぎるとなんとなく収まってしまうというのも摩訶不思議。---------- 伊藤ふきげん製作所 (新潮文庫)より ”以前、カウンセリングの先生が言いました。子供の「うつ」は、好きだったことに興味をなくす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お台場の海“トイレ臭”の必然

選手はモルモットではない。 選手が当日ボイコットしたら、どうするつもりだろうか。 --------------------- ”さらに、選手に酷だったのがニオイだ。約1時間泳いだ男性選手は「正直、くさいです。トイレみたいな臭いがする」と衝撃の証言をした。だが、お台場の海が“くさい”のは必然だという。元東京都衛生局職員で、環境・医事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前、学校をつくらせなかった

「水俣から」の色川大吉さんの章から--- 労働者には、だいたい小学校卒業の連中を安い工員として雇う。中学校はつくらせない。戦前、水俣には中学校はありませんでした。何故かというと中学校を出ると生意気になって批判するようになるから困るんで、そういうのはよそに行ってくれということで水俣には小学校しかなかった。だから石牟礼さんも中学校、当時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more