テーマ:地質

「ゴールは結婚 イタリア--南極 1万3千キロの恋」

昨年、白石元極地研究所所長に会ったとき、13次隊の石川さんが上記の本を出版され、我々の事も僅かに載っていると聞いた。紀伊國屋などに取寄せをお願いしたらリストにない出版社の本のため不可となり、そのままにしていた。しかし石川さんとは南極から帰国後一度も会っていなくて、どうも気になったので、アマゾンで購入してみた。帰国途中にフィアンセとフィレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

液状化の被害

昨年の震災の被害地を一度も見ていないので、米里の液状化の災害状況を見に行く。 今でも、被害の大きな区域は立入り禁止になっていて、管理人が見張っている。 20分ほど車で見て回る。 こういう被害を見ると、住宅を建てることは大きなリスクを背負い込むことになるため、被災を受けないために事前調査が重要ということを実感する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷と雪で満たされたクレーター(火星)の写真

欧州宇宙機関(ESA)の探査機「マーズ・エクスプレス」が、火星の軌道上での活動開始から15年になることを祝い、莫大な量の氷と雪で満たされたクレーターを撮影した詳細で非常に美しい複数の写真を取得した。これらの写真は、欧州宇宙機関のウェブサイトに掲載された。 https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/imag…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完新世の区分

完新世に前・中・後期の3区分が出来た。 それぞれの始りは11,700年前、8,400年前、4,200年前である。 これは知らなかった。 第140回 最終間氷期勉強会  日  時:2018年 12月 15日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) ◎話題提供  「56災害を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治の人は地理が読めた

今は地形改変で元々の地形が判らなくなっているので、地理学の学習がうまくいかない。 昔は見たままの地形が自然現象で創られたものだったから、感性さえあればすっと理解できたのだろう。 -------------------------- 「虎山に入る」より プレートという概念すら知られておらず、地質学も地球学も未発達であった時代に、柳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイエンスフォーラム

サイエンスフォーラムin札幌 12月1日14:00-16:00 場所 札幌市中央図書館 お話 宮坂省吾・岡孝雄氏 「揺れ動く大地-胆振東部地震の発生メカニズムと多発崩壊」 雪の降る天気の中、会場は満員でした 山の尾根部では地震時の加速度が増大するとは知らなかった 胆振東部地震の崩壊面積は過去最大だそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然の原子炉か人工的な原子炉か

地質学者らによって南極大陸東部に隠された熱源が発見された。おそらく、これは放射能性の鉱物で、地域の氷山をゆっくり温めていると推測されている。 研究者らは、その地域の上空を飛行する航空機のレーダーのデータから熱源を発見した。 レーダーは氷山下3キロメートルの深さまで到達し、強い放射能を検出した。 その後の観測で、南極大陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドヘルド蛍光X線分析計の話

北海道環境地質研究会 平成30年度第1回例会 日 時:平成30年 11月20日(火曜日)18時半開始 会 場:土木研究所寒地土木研究所 1階講堂 特別講演 丸茂克美 教授 富山大学理学部生物圏環境科学科 「自然由来重金属類の迅速分析と蛍光X線分析のJIS化に至る苦労話について」 ------------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷河の下に巨大クレータ発見

直径31kmでは、クレーターではないが日本最大の屈斜路カルデラより大きい。 --------------------- デンマーク自然史博物館(Natural History Museum of Denmark)などの研究チームは14日、グリーンランドの氷河の下に直径約31キロのクレーターが見つかったと発表した。巨大な鉄隕石(いんせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の土砂災害の勉強会

40名以上の参加者が集り、貴重な資料が公開された。 ----------------------------- 第139回 最終間氷期勉強会例会 日  時:2018年 10月 27日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号)        2階 講義室(札幌市北区役所の北向い TEL.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジリオラ・チンクェッティ

かっての仲間がマリでマラリアに罹り亡くなったと聞いた。 南米では移動中に銃撃され大けがをしたと聞いたことがあったが、波瀾万丈の人生だったのだろうか。 彼は若い頃、ジリオラ・チンクェッティが大好きでよく原語で歌っていたのを思い出す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風がそれた日の移動

1日台風が迫る中、盃へ行く。晴れたり雨が降ったりで特に大変なことはなかった。 盃稲荷神社に参拝する。1730年 創祀と古い神社らしい。 盃川の河口には鮭が群れているが、誰も知らない振りだ。 帰りの当丸峠は霧で前が見えなかったが、峠を下りると晴間が見えた。 帰りには余市でラーメンを食べて帰る。ここの父さんは近々引退するらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間

第12回北大山岳館講演会開催のお知らせ 演 題:北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間- 講 師:五十嵐八枝子(北大山の会会員・北方圏古環境研究室主査) 日 時:10月13日(土)、午後1時30分~3時30分 場 所:北大山岳館 参加費:無料 定 員:60人 講演内容: 現在は北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸前期、北海道はゴールドラッシュ。

「バテレンの世紀」をやっと読終えた。 終盤近くに北海道の記載が出てくる。 イエスズ会士アンジェエリスは1618年と1621年の2度に渡り、蝦夷を訪れていて、それぞれ報告記が現存している。 カルヴァーリョも1620年と1622年に同地へわたっていて、1回目のみ書簡が残されている。いずれも蝦夷地について書かれた最も早い実見談であり・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂山の巣穴

砂山に鳥の巣穴がある。 大きいものにはキツネが住んでいると聞いたことがある。(共和町にて)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川北温泉

標津の川北温泉。 無人です。硫黄臭のする青白く濁った温泉です。 アゲハもいますね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チカホの縄文土器

岩手県盛岡市で発掘された土偶です。 とても3400年前のものとは思えませんね。 12日まで、北4条イベントスペース(地下鉄さっぽろ駅側入口横) 似たようなイベントがあります 第19回遺跡トレイルウォーク開催 日時:2018年7月21日(土)12:30開場、13:00開始、15:15終了予定 集合場所:北海道大学文系共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺支笏のカルデラの最新文献

2017-2018年に洞爺と支笏のカルデラについて最新の総括的な文献が発表されている。 全く、知らなかった。 ------------------------------- 第137回 最終間氷期勉強会 日  時:2018年 6月 23日(土)、午後1時~5時 場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微生物を用いた固化や修復

最近,ビーチロックの論文を見かけることが多いと思っていたが、修復材としての利用を考えていたとは知らなかった。 ----------------- 北海道環境地質研究会 特別講演会 6月20日(水曜日) 北海道大学大学 川崎了教授 「自然に学ぶ~現地の微生物を利用した地盤固化技術~」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩盤内温度は気温と時間差がある

発表の例では4ヶ月も差があるらしい。 試験方法に鋭い質問があった。 かって、凍結指数のグラフを作っていたときも、これほどではないが気温と時間差があった。 海水温のピークは夏ではなくて、秋口にあるのも同じ理由かな。 ------------------ 日本応用地質学会北海道支部・北海道応用地質研究会 (共催:物理探査学会)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波堆積物にもラミナ

平成30年度 環境・地質研究本部 地質研究所 調査研究成果発表会 5月18日 かでる27 ポスターセッションのはぎとり試料にラミナがはっきりと見える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイのキラウエア火山噴火

市街地のすぐ側で真っ赤なマグマがぼこぼこ噴出しているのは怖い。 -------------- CNN) 米地質調査所(USGS)によれば、米ハワイ州ハワイ島で4日、マグニチュード(M)6・9の地震が発生した。ハワイ島では前日、キラウエア火山が噴火していた。 震源はレイラニ・エステーツの南西16キロ。USGSの地震学者によれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うらやましい

日本でもブラタモリのせいか、地学を受講する高校生がふえているとか ------------------ 日本応用地質学会北海道支部 総会・特別報告会 「地質リスク学会 英国地質リスクへの対応状況調査」 株式会社 開発調査研究所 前原 恒祐 「第11回国際応用地質学会 アジア地域シンポジウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チバニアン見学

五井駅から小湊鉄道で月崎駅まで行く。 そこから花を見ながらゆっくり歩いて30分くらいで露頭に着く。 同じ鉄道で同行したのは5人だけ。 多くの人は車で来るようだ。 20人くらいの団体客もいた。 地質の立て看板やパンフレットが用意されているが、見ている人はほとんどいない。 駐車場から露頭までは急傾斜地が続くので、膝や腰の悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐竜の話

こども恐竜博士が一杯で、会場は超満員でした。 地学はフィールドワークが大事だと、あらためて感じた。 感性は現場じゃないと磨けない。 第45回サイエンス・フォーラム in さっぽろ お話 小林快次 北大総合博物館 准教授 恐竜研究最前線 in 2018 2018・4・14 14:00~16:00 札幌中央図書館 3F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キラウエア火山で竜巻

2018・4・3 ハワイの観光スポットとしても知られるキラウエア火山で、 流れ出た溶岩の上にいくつもの竜巻が立ち上る様子をカメラが捉えました。 竜巻は大量の雨と強風、そして、溶岩の高熱という条件が重なったことで発生したと考えられています。 ハワイ島にあるキラウエア火山は1983年から活発な活動が続いていますが、 こうした現象は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネパールの話

WEB会議ソフトZOOMを使ってネパールとのやり取りもあり、たのしかった。 しかし、話題が拡散して、概要しか紹介されなかったのが残念。 報告会「ネパールの自然と民族-激しくも豊かなヒマラヤの麓に生きる人々」 3月21日14時~16時10分 場所 エルプラザ2F 主催 ヒマラヤ圏サパナ 解説 三浦博志 旅人は皆ネパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大遺跡発掘報告会

第1回北大埋蔵文化財調査センター調査成果報告会 3月17日13:00~15:30 場所 北大人文・社会科学総合教育研究棟W103 第1部 調査成果報告 第2部 山田吾郎「道央の遺跡における花粉分析の成果 第3部 埋蔵文化財調査センターで遺物の見学会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more