テーマ:地質

川北温泉

標津の川北温泉。 無人です。硫黄臭のする青白く濁った温泉です。 アゲハもいますね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チカホの縄文土器

岩手県盛岡市で発掘された土偶です。 とても3400年前のものとは思えませんね。 12日まで、北4条イベントスペース(地下鉄さっぽろ駅側入口横) 似たようなイベントがあります 第19回遺跡トレイルウォーク開催 日時:2018年7月21日(土)12:30開場、13:00開始、15:15終了予定 集合場所:北海道大学文系共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺支笏のカルデラの最新文献

2017-2018年に洞爺と支笏のカルデラについて最新の総括的な文献が発表されている。 全く、知らなかった。 ------------------------------- 第137回 最終間氷期勉強会 日  時:2018年 6月 23日(土)、午後1時~5時 場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微生物を用いた固化や修復

最近,ビーチロックの論文を見かけることが多いと思っていたが、修復材としての利用を考えていたとは知らなかった。 ----------------- 北海道環境地質研究会 特別講演会 6月20日(水曜日) 北海道大学大学 川崎了教授 「自然に学ぶ~現地の微生物を利用した地盤固化技術~」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩盤内温度は気温と時間差がある

発表の例では4ヶ月も差があるらしい。 試験方法に鋭い質問があった。 かって、凍結指数のグラフを作っていたときも、これほどではないが気温と時間差があった。 海水温のピークは夏ではなくて、秋口にあるのも同じ理由かな。 ------------------ 日本応用地質学会北海道支部・北海道応用地質研究会 (共催:物理探査学会)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波堆積物にもラミナ

平成30年度 環境・地質研究本部 地質研究所 調査研究成果発表会 5月18日 かでる27 ポスターセッションのはぎとり試料にラミナがはっきりと見える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイのキラウエア火山噴火

市街地のすぐ側で真っ赤なマグマがぼこぼこ噴出しているのは怖い。 -------------- CNN) 米地質調査所(USGS)によれば、米ハワイ州ハワイ島で4日、マグニチュード(M)6・9の地震が発生した。ハワイ島では前日、キラウエア火山が噴火していた。 震源はレイラニ・エステーツの南西16キロ。USGSの地震学者によれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うらやましい

日本でもブラタモリのせいか、地学を受講する高校生がふえているとか ------------------ 日本応用地質学会北海道支部 総会・特別報告会 「地質リスク学会 英国地質リスクへの対応状況調査」 株式会社 開発調査研究所 前原 恒祐 「第11回国際応用地質学会 アジア地域シンポジウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チバニアン見学

五井駅から小湊鉄道で月崎駅まで行く。 そこから花を見ながらゆっくり歩いて30分くらいで露頭に着く。 同じ鉄道で同行したのは5人だけ。 多くの人は車で来るようだ。 20人くらいの団体客もいた。 地質の立て看板やパンフレットが用意されているが、見ている人はほとんどいない。 駐車場から露頭までは急傾斜地が続くので、膝や腰の悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐竜の話

こども恐竜博士が一杯で、会場は超満員でした。 地学はフィールドワークが大事だと、あらためて感じた。 感性は現場じゃないと磨けない。 第45回サイエンス・フォーラム in さっぽろ お話 小林快次 北大総合博物館 准教授 恐竜研究最前線 in 2018 2018・4・14 14:00~16:00 札幌中央図書館 3F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キラウエア火山で竜巻

2018・4・3 ハワイの観光スポットとしても知られるキラウエア火山で、 流れ出た溶岩の上にいくつもの竜巻が立ち上る様子をカメラが捉えました。 竜巻は大量の雨と強風、そして、溶岩の高熱という条件が重なったことで発生したと考えられています。 ハワイ島にあるキラウエア火山は1983年から活発な活動が続いていますが、 こうした現象は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネパールの話

WEB会議ソフトZOOMを使ってネパールとのやり取りもあり、たのしかった。 しかし、話題が拡散して、概要しか紹介されなかったのが残念。 報告会「ネパールの自然と民族-激しくも豊かなヒマラヤの麓に生きる人々」 3月21日14時~16時10分 場所 エルプラザ2F 主催 ヒマラヤ圏サパナ 解説 三浦博志 旅人は皆ネパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大遺跡発掘報告会

第1回北大埋蔵文化財調査センター調査成果報告会 3月17日13:00~15:30 場所 北大人文・社会科学総合教育研究棟W103 第1部 調査成果報告 第2部 山田吾郎「道央の遺跡における花粉分析の成果 第3部 埋蔵文化財調査センターで遺物の見学会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類を襲う地磁気逆転の恐怖

千葉県のチバニアンも地磁気逆転期の話だが、次の逆転が近づいているとう説がある。 近づいているといっても地質年代というスケールの話です。 ------------------------ 地球の磁気はここ数十年で急激に弱まっていることが、科学者らによって確認されている。 ここから予測されるのは、北と南の磁極が入れ替わる「磁極の逆転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地質リスクマネジメント

地質屋の活動が拡大されるのは良いけれど、地質屋の教育がもっと重要でしょう 全地連の保険が慢性赤字で危ないとは、知らなかった。 ------------------------- 「第56回試錐研究会」 ○日 時:平成30年2月28日(水)13:20~17:30 ○会 場:札幌サンプラザ 2階 金枝の間(札幌市北区北24条西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第135回 最終間氷期勉強会

木村先生の話は実に興味深かった。 写真はナウマンゾウ発掘現場 ----------------------- 2018年 2月 24日(土)、午後1時~5時 札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号)    ◎話題提供  「地学-最近の話題」        秋山 雅彦 氏(元信州大学理学部地質科学科教授) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GISソフトの講習

GISの講習にこんなに人が集るとは思わなかった。 FOSS4GのQ-GIS講習でもこの半分以下だった。 高額なArcGISの説明より、無料のQ-GISの説明にもっと時間をかけて欲しかった。 例題がArcGISで作成されているから仕方が無いが、これからはArcGISを持たない会社は排除されるということだろう。しかし個人ではなかなか購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水中火山のはなし

会場は超満員で、やはりブラタモリの影響でしょうか。 室蘭の地質の話が聞けて、勉強になった。 一つ一つの露頭はいろんな現象があって、一筋縄ではいかないことも判った。 私の能力では、ハイアロクラスタイトは典型的なものは判るが、判別出来ない場合も多い。 すべて理解するためには、やはりちゃんと勉強しないと駄目ですね。 --------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月食

コンテジで月を撮るのは難しい。ピントを合わせるためにはピントの合う物と一緒に撮るのが楽だけど・・。 札幌は雲も少なく、いい月食を見ることが出来た。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「カルデラ噴火」原発停止に基準・1年後をめどに

 原子力規制委員会は、原子力発電所の周辺の火山で破局的噴火の可能性が高まった場合に備え、原発を止めるための判断基準を作成することを決めた。  火山活動の状況に応じて段階的な目安を定める。1年後をめどに一定の方向性を示す。  破局的噴火は火砕流が数十~100キロ・メートル以上の広範囲に到達するような噴火で、巨大なくぼ地「カルデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重盤岩

熊本県出身の地質屋なのに、この言葉は知らなかった。 水俣病患者で若くして亡くなった佐々木つた子さんの短歌より 病気を捨てられるものなら一刻も早く捨てたし揉みくちゃにして 朝床に目覚めて見おり 窓ごしの重盤岩にたてる日の丸 今朝は疾く起き出でて歯磨きつつ重盤岩仰ぐ桜散る庭 宮本憲一編「水俣レクイエム」1994…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道東部沖で「M9切迫」 政府調査委、大津波も

政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は19日、北海道東部沖の太平洋で、大津波を伴うマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生が「切迫している可能性が高い」との予測(長期評価)を公表した。道東沖では340~380年間隔と考えられる超巨大地震が約400年前に発生。北海道大の研究では、この時の津波は海抜20メートルを超え、沿岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重山諸島の大津波、600年間隔か

沖縄県の石垣島などで約1万2千人の犠牲者が出た1771年の八重山津波と同規模の津波が、 過去2千年間に少なくとも4回発生していたことが、静岡大や琉球大などのチームの研究でわかった。4日、チームが発表した。  この津波は「明和の大津波」とも呼ばれ、石垣島では標高30メートルまで遡上(そじょう)した。 島に打ち上げられた巨石などか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「超巨大噴火」、1万7000年に1回の頻度で発生か

【11月30日 AFP】文明を消滅させるほど大規模な火山の「超巨大噴火」が最後に起きたのは今から約2万5000年前とされているが、この種の噴火は平均で1万7000年ごとに発生するとの最新の推算結果が29日、発表された。   地球惑星科学の専門誌「Earth and Planetary Science Letters」に掲載された研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川俊夫先生のコレクション

道新に紹介記事が載っていたので、早速見に行く。 大通り美術館(大通り西5) たばこのパッケージ展「遙かなる時の香りを求めて」 大学ではたばこのパッケージを集めているとは聞いたことがなかった。 戦前からの海外のパッケージも集められている。 先生は私の指導教官であり、仲人でもある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民のための科学

1000人の科学者がいたら、いまや少なくともその半分は、目の前にある自然と環境の問題を解決するために働くべきであろう。ただ論文を生産し続けることで研究を評価するだけでなく、「今そこにある危機」を解決することで研究を評価するしくみをつくるべきである。そうでなければ、ほとんど読まれない論文が山のように生産されるだけで、そのあいだに日本の自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月28日は いい地盤の日

「いい(11)地盤(28)」と読む語呂合わせから2016年に制定された。 都道府県別に「いい地盤ランキング」が公開されている。 1位 沖縄県 2位 群馬県 3位 福島県 北海道は18位 下位3県は岡山県、新潟県、高知県
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の裏側に長さ50kmの空洞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci 月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。 空洞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more