テーマ:地質

月食

コンテジで撮った皆既月食の後。若い人たちがカメラを向けていた。天文に興味を持つ人が増えるのはうれしい。低倍率の双眼鏡で覗いても、天王星は見つからなかった。目もだんだんと悪くなったせいかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水月湖の年縞

水月湖の動画があるのは知らなかった。 地球の記憶 水月湖年縞 時間の「目盛り」が語る古気候と人類史|Science Portal動画ニュース(2022年5月2日配信) 若狭湾を臨む丘陵地帯に美しい水辺の風景を形作る、三方五湖のひとつ「水月湖」。数万年におよぶ堆積物が湖底に作り上げた「年縞(ねんこう)」から、過去の気候変動や、人類史と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐竜・化石大陸ほっかいどう展2022フォーラム

イオンモール発寒店では多くのちびっ子が化石・鉱物の発掘体験コーナーに集っていた。人数制限のためか時間内にもかかわらず断られていた親子もいた。 ○化石標本・レプリカ骨格(むかわ竜1/5全身骨格、デスモスチルス、ヌマタネズミイルカ 等) ○パネル(道内発掘化石の紹介・解説 等) ○化石・鉱物ミニ発掘体験 ○AR体験(スマートフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄龍の景観

中国の黄龍は石灰棚と数千の湖沼群が織りなす景観で有名で、世界遺産になっている。深夜のNHKで放送されていたがこの構造の名前が気になって調べてみた。(写真は旅行会社からの借用) 炭酸カルシウム成分に富む温泉や石灰岩地帯の河川では、大規模に炭酸塩鉱物の沈殿物が発達する。温泉水から沈殿したものはトラバーチン(travertine)、河川水か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小さい予言者」

浮穴みみ著「小さい予言者」2021年 は評判通り素晴らしい本でした。北海道三部作の三冊目で北海道開拓期を描いた5編の短編集からなる。北見枝幸のゴールドラッシュ「ウタ・ヌプリ」、北海道の地質図を作成したライマンの回想「費府(フィラデルフィア)早春」、北見枝幸の国際的日蝕観測と図書館幻想「日蝕の島で」、樺太の玄関口の稚内港北防波堤の悲話「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終間氷期勉強会

第158回 最終間氷期勉強会 日  時:2022年 6月 25日(土)、午後1時~5時 場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) ◎話題提供1 「胆振東部地震の岩盤崩壊:厚真川支流の鬼岸辺川流域について」」         岡 孝雄 氏(株式会社 北海道技術コンサルタント) ◎話題提供2 「断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波の話

TEEMによるオンライン受講。 講演「迫り来る地震津波災害」 北大 地震火山研究観測センター 谷岡勇市郞 5月19日16時~17時 津波による低体温症のリスク 20113.11の時宮城岩手沿岸で地震後24時間の平均気温約1°、最低気温-1.5°。 低体温症としての死者は東北3県で全体の0.2%。 (低体温症が原因でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭山記念公園

数年ぶりに旭山記念公園を散策する。駐車場の前にレストハウスができていて、西興部のソフトクリー夢や、お弁当、コーヒーなどが用意されているらしい。遠くに夕張岳や増毛山地が見える。八重桜は明日が満開らしい。帰りに急傾斜地に造成された高級住宅地をゆっくり見て回る。擁壁の多くにクラックが入っている。この付近は土石流警戒区域に指定されていて、一部は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第157回最終間氷期勉強会

日  時:2022年 4月 23日(土)、午後1時~5時 場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) ◎話題提供1 「苔の洞門ガイドツアー」若松 幹男 氏(山の手博物館) ◎話題提供2 「宇宙、そして私」米道 博 氏(北海道道路エンジニアリング株式会社) ◎話題提供3 「パワポ(PPT)を録画して、Z…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙天気予報

国立研究開発法人情報通信研究機構NICTというところで、太陽の活動を観測し、毎日のように情報を発信している。 3月31日の日報の一部 太陽活動は非常に活発でした。 活動領域2975で30日17時37分UTにX1.3フレア(17時21分UTに開始、17時46分UTに終了)が発生しました。 SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南極の歴史」

第35回「南極の歴史」講話会 ZOOMによるオンライン 3月26日14時~16時過ぎ 講 演:わが国のビックプロジェクトの歴史 演題Ⅰ:「北極研究計画」講師:榎本浩之(34w,49s,国立極地研究所副所長 国際北極環境研究センター教授) 演題Ⅱ:「第一期ドームふじ深層掘削計画」 1.「ドームふじでの深層掘削事始め」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UTM グリッド入りの英語表記登山地図

世界中の地図にはUTMグリッド(緯度方向経度方向に引かれた1Km間隔の線)があり、先進国では日本のみがないということは初めて知った。この線があると縮尺や地図の違いにかかわらず、位置を簡単に知ることができて、他者にも簡単に伝えることができる。 ---------------------------- 昨年 12 月に開催された G 空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古気候の炭酸ガス濃度

鮮新世(2.6~5.3ma)の炭酸ガス濃度はおよそ400ppmで気温は現在より2~3°高く、海面はスペインで16m、アルゼンチンで28m高かった。 「第3回札幌・北陸・島根合同古環境勉強会 3月18日」の発表より。 ちなみに、温室効果ガス世界資料センター(WDCGG)の解析による2020年の炭酸ガス世界平均濃度は413.2ppmとさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第60回試錐研究会

日時:令和4年(2022年)3月9日(水)13:00〜17:30 方法:Zoomウェビナーによるオンライン配信(開場:12:30) 定員:500名 主催:地方独立行政法人北海道立総合研究機構 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所 ■第60回記念講演:これまでの10年、これからの10年 13:15〜14:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苫小牧のCSS実証試験の話

苫小牧ではCO2の岩盤への圧入実証試験を行っている。陸上から3 ~4 km離れた海底下の異なる深度の2 層の貯留層である萌別層および滝ノ上層に圧入された。現在は累計CO2圧入量30万t を達成して圧入を中断し,現在モニタリング中である。その結果の報告会で、若い研究者が自信を持って発表していたのが印象的だ。 第35回 地質調査総合センタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えない地下を診る

応用地質学会北海道支部 技術講習会 「見えない地下を診る~驚異の物理探査」について 日時: 令和 4 年 1 月 28 日(金) 13:30~16:35 場所: Zoom によるリモート開催 1. 地球の診断 13:35~14:20 講師:北海道大学名誉教授 茂木 透 氏 ――― 休憩 ――― 14:20~14:25 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第四紀の気候変動

話の途中、鼻水が止まらずに困った。自宅の帰ってからも止まらない。 --------------------------------------- 第155回 最終間氷期勉強会のお知らせ 日  時:2021年 12月 18日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) 「縄文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄の門

「アンダーランド 記憶、隠喩、禁忌の地下空洞」ロバート・マクファーレン 2019 を読んでいたら、少し前に読んだ「塔里木(タリム)秘教考」中野美代子2012 の元ネタと思われることが書かれていて、びっくりしてしまった。 1971年、トルクメニスタンのカクラム砂漠、ダルヴァザの集落の近くにソ連の石油掘削設備がある。突然、大地にひび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水槽実験と縄文

両方の話とも、面白かった。 ------------------------ 第154回 最終間氷期勉強会 日  時:2021年 10月 30日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) ◎話題提供1 「水槽実験(前置層、水位上昇、火砕流)と褶曲実験」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福徳岡ノ場」噴火、戦後最大級

毎日新聞のニュース(2021.10.23) 東京から南へ約1300キロ離れた小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」で8月に発生した噴火は、国内で戦後最大級の規模だったことが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの分析で判明した。噴煙の高さは海上16~19キロに達していた。かつては島だった鹿児島県・桜島が大隅(おおすみ)半島と地続きにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕空

今朝暗いうちに流星を1個見つけたが、今晩は可能性が低そうだ。星空指数では明日の夜が狙い目になりそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流星群

札幌は深夜になって、予報通り星が見え始めた。シャタースピード25秒、ISO3600で120枚撮影したが、撮れたのは3枚のみ。インターバル機能があるので、30枚づつ自動撮影。これはカシオペアとペルセウスの間を流れている。13日2時36分撮影。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市の星空指数と流星群

12日は区によって星の見え方が大分違うようだ。手稲区、西区、豊平区ではよく見える予想になっている。 18時現在は西区で見ると、雲量8割くらいだけど、今晩がピークの流星群は本当に見えるのだろうか? 24時過ぎた頃からPentaxKPを出して狙ってみよう。流星群のピークは今晩28時(明日早朝4時)頃。 星空指数からは流星群が見えるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災・減災セミナー

久しぶりにZOOMセミナーを受講。 2021年7月28日(水)13:30~16:00 講演 「気候変動下における山地災害の特徴 ~北海道大学広域複合災害研究センターの目指すもの」:北海道大学 広域複合災害センター 副センター長 厚井高志氏 基調講演「迫りくる千島海溝型超巨大地震への備えと防災・減災対策」:北海道大学 理学研究院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京23区の地下、ネットで立体表現 産総研が次世代地質図

Science Portalのニュース。2021.06.02  東京23区の地下構造を立体的に示す次世代地質図を産業技術総合研究所(産総研)が完成させ、ネットで公開した。従来の平面の地質図では難しかった地下の的確な表現を、独自の3次元モデリング技術で5万カ所もの地質データを解析して実現した。ハザードマップの作成やインフラ整備などで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北広島市で勉強会

第153回 最終間氷期勉強会 日  時:2021年 6月 26日(土)、午後1時~5時 場  所:北広島市広葉交流センター(北広島市広葉町3丁目1)        2階 研修室(JR北広島駅西口から約1km TEL. ?011-373-2801) ◎話題提供1  「“北広島市エコミュージアムセンター 知新の駅”の紹介と案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地質講習会

久しぶりに、有料の講習会を受ける。 2021年度特別講座「山口大学地質講習会(CPD講習会)」 1.原発地質学:石渡明(原子力規制委員会委員) Kalturaメディアリソース原発地質学1必修(石渡先生) Kalturaメディアリソース原発地質学2オプション(石渡先生) 2.4成分系で考える岩石・鉱物の組成共生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩盤すべり

久しぶりの現場作業。近くには幌内川の岩盤すべりがある。以前は行けなかった上流側から写真を撮る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニーラゴンゴ火山の噴火

アフリカのコンゴとルワンダの国境近くの活火山で22日に噴火し、少なくとも15人が死亡し、3万人が避難した。流れ出した溶岩で住宅が燃えるなどの被害も発生している。2002年や1977年にも噴火し多くの人が死亡している。 下の図は地震の分布図(1960-2010年)で、これは二つの大地溝帯に沿って発生している。 この火山は青色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉱物展

札幌市民交流プラザで開かれた鉱物展。初日、時間が無かったので、ざっと一回りしただけだったが、きれいな鉱物が多かった。次回は9月17日~19日。さっぽろテレビ塔2階。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more