テーマ:音楽

ギリシャのジャニス・ジョプリン

giota giannna(ジョタ ジャンナ)はギリシアのハーモニカの名手で歌手。1928年生れ。(動画ではイヨタ ヤンナのように聞える。) 最初のアルバムは2013年にリリース。それまではアテナでミュージックショップやナイトクラブで歌っていた。 90歳過ぎての演奏 1966年30代の頃の音源 ハジキダスの雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクートの歌

オレナ ウーダイ(UUTAi Олена Подлужная)はロシア極東のヤクート(サハ共和国)の伝統的な口琴や太鼓を使って魅力的な音楽を創造している芸術家。ウーダイは、「水によって作成された謎」を意味する。 Olena UUTAi. The Call of Shaman Uutaiは、音楽、儀式​​、癒しのプログラムで世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いのちの理由

作詞作曲はさだまさし。2009年制作。深夜に放送されるさだまさしの番組で聴いた。このカバーは昼に聴いてもすばらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「レ・ミゼラブル 」より

これも多くの人が歌っていますね。 島田歌穂 このミュージカルは1980年初演。日本では1987年から始る。訳詞は岩谷時子。すでに3336回(日本)。 岩崎宏美 ガブローシュ役は、小学生時代の山本耕史や高橋一生が演じたことでも知られている。 ガンバルジャン 2021年の公演は5月に開幕。 美咲
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィズ・マリス・トワーズ・ノン

北大総合博物館のポランティアニュースを読んでいたら、「遠友夜学校創設125周年に寄せて」というタイトルで藤田正一先生が書かれている記事があった。「遠友夜学校」という校名は「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」から取ったと言われるが、この学校は当時としては珍しい共学で、「お父さんのような同級生、お兄さんのような先生」がいる学校、当然、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【世界一愉快なケルトの葬式の歌】

フィネガンズ・ウェイク (修正版) 「Wakeは「起き上がる」(ここでは生き返る)を意味するけれど、アイルランド英語だと「葬式」も意味する単語だそうです 死と再生が同じ意味というところに一種の興味深さを覚えます」という書込みがある。 ジョイスの難解な小説「フィネガンズ・ウェイク」はこのアイルランドのバラッド Finnegan's …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デレヤマン

Dle Yamanはアルメニア民謡。二人の悲劇的な恋愛の物語でミタス神父がアルメニアの田舎を旅行中に採譜した。 1900年代初頭のアルメニア人虐殺の後は、喪に服する賛美歌の1つになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラルのグミの木

「歌詞の「рябина(リャビーナ)」は実はロシア語で「ナナカマド」のことで、日本語訳詞の際に「グミの木」とされたのだそうです」ナナカマドとグミではイメージがかなり違うな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーグラスのファミリーバンド

the Petersens(ザ・ピーターセン)はミズーリ州ブランソンを拠点に活動する、ブルーグラスバンド。家族5人+その友人1人の6名。バンジョー、フィドル、ギター、マンドリン、バス、ドブロギターで構成される。 Jolene ブルーグラスは白人の移民が生み出したルーツミュージック。 Take Me Home, Country …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア民謡「鶴」

広島の原水禁大会に参加した時の感動をもとに書いたアヴァール語の詩。S.フェオクチーストフがロシア語訳をし、それに1969年にフレンケリが作曲した。戦場で散った戦友は死んでしまったのではなく、鶴に姿を変えて群れをなして大空を飛んでいるのだと偲んでいる。 残念ながら、日本ではあまり知られていない。 【ロシア語】鶴 (Журавли) (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グルジアの歌

渡辺歌子 「グルジャの歌」 オクジャワ(1924-1997)はソ連時代のモスクワ生まれの詩人であり、シンガーソングライターで、200曲あまりの曲を残し、ギターを爪弾きながら舞台で歌う晩年の彼の姿は映像に多く残されている。 Gruzinskaja pesnja 彼の父はグルジア人であった。オクジャワもモスクワに生まれたのち、共産党員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Viva La Vida(美しき生命)

Viva La Vidaはイギリスのオルタナティヴ・ロックバンドコールドプレイの2008年の楽曲。アルバムジャケットにはウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』が使用されている。「Viva la Vida」(スペイン語で「人生万歳!」を意味する)はメキシコの画家、フリーダ・カーロの作品にちなんでいる。五木ひろしのViva La …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の女性ロッカーのルーツ

カルメン・マキは1951年生れでアメリカ人の父と日本人の母を持つ日本人。1969年、「時には母のない子のように」でデビュー。翌1970年、ジャニス・ジョプリンを聞き、突然ロック転向を表明する。以来、50年以上に渡りフォーク、ロック、ジャズなどジャンルの垣根を乗り越えて表現活動を続けている。 日本の女性ロッカーのルーツと言われているが、テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわし雲とぶ 空の下

いわし雲は低気圧の前面に現れる雲ですから、天気は下り坂なのですが、この雲自体は高い空に浮ぶ雲で、雨を降らせることはありません「雲の名前の手帳」より
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Peace to your home

アルメニアとアデルバイジャンが危険な状況ですが、古くからの領地争いですね。 アルメニアのザラがPeace to your home と歌っています。 Зара - Мир вашему дому / Zara - Peace to your home ザラはロシア生れのクルド系アルメニア人。アルメニアはキリスト教が国教となった最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣く女 La Llorona(続き)

ヒスパニック系アメリカ人の民間伝承では、ラ・ジョローナ( [laʝoˈɾona]と発音)は、子供を溺死させ、永遠に死を悼み、ラテンアメリカの地域を幽霊として歩き回る女性についての伝説です。多くの物語が知られている。映画やアニメも多いらしい。 ジョーンバエズ La Llorona 1974年 ドルチェ ポンテス La L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ヨローナ〜泣く女

アンジェラ・アギラールはメキシコ系アメリカ人 Angela Aguilar - La Llorona(ラ・ヨローナ〜泣く女) 映画の主題曲で9月29日のJ-comで放送予定。 La Chancla - Angela Aguilar - Nueva Tradicion Lo Busqué - Leonardo,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコの歌姫

ナタリア・ラフォルカデ(Natalia Lafourcade)はメキシコのシンガーソングライター。身長 149cm。 1984年生まれ。音楽家の両親を持ち、幼少の頃から常に音楽に囲まれていた
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコの歌姫

ナタリア・ラフォルカデ(Natalia Lafourcade)はメキシコのシンガーソングライター。身長 149cm。 1984年生まれ。音楽家の両親を持ち、幼少の頃から常に音楽に囲まれていた
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュリエット・グレコ

自身もレジスタンス活動に巻き込まれゲシュタポにより、パリ近郊のフレンヌ監獄の収容所に、母と姉はドイツのラーフェンスブリュック強制収容所に入れられた[1]。 黒い長い髪をなびかせ、黒ずくめの衣装で歌うのがトレードマーク。2016年に最後のコンサートツアーを実施。 2020年9月23日、老衰により93歳で死去。合掌
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディヴナ・リュボイェヴィッチ

Divna Ljubojevicはセルビア出身の歌手であり、様々な言語の正統派キリスト教聖音楽の指揮者でもあり、「スピリチュアル音楽のための聖歌隊とスタジオ」であるMelodi ensembleの創設者、指揮者、芸術監督でもある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシーの女王

エスマ・レジェポワ(Esma Redžepova-Teodosievska)1943-2016 は北マケドニア出身のルーマニア民族のボーカリスト、ソングライター、人道主義者。数百曲を含む多作のレパートリーを持ち、ロマ文化とその振興に貢献したことから、ジプシーの女王の愛称で呼ばれている。 レジェポワは、ラジオやテレビでロマニ語で歌っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラベスク

キバリイェが歌うトルコのアラベスク音楽 ほろ苦いものが私の宝物であることを忘れない 私は痛みが人々にもたらす価値を知っています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アン・サリー

シンガーソングライターで現役の内科医。在日コリアン3世。 満月の夕(ゆうべ) 死んだ男の残したものは Smile Good Night
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミックバラード

(結核とポリオ)のパンデミックを歌ったイーディッシュ語の歌。1916年に作られた。 Mentshn-Fresser (1916 Yiddish Pandemic Ballad) 詳細はこちら 同じ歌手Sveta Kundishの歌 Hauntingly Beautiful Yiddish Song - Shpielberg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodbye Odessa - Yiddish Song

Goodbye Odessa - Ukrainian Yiddish Song - Olga Mieleszczuk オデッサ、さようならオデッサ、 あなたがいなくなると、とても寂しくなります、 私はあなたを忘れない、 友よさらば 一緒に叫びましょう: オデッサママ、大好きです! ---------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌う犬やオオカミ

そういえば、最近 犬の遠吠えを聞かないな。 New Guinea Singing Dog (CNN) 独特な声の遠ぼえで知られる超希少種の犬「ニューギニア・シンギング・ドッグ」。野生では絶滅したと思われていたこの犬の仲間がニューギニア島に生息していることが分かったという調査結果が、8月31日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more