テーマ:音楽

パキスタンの歌姫

Sanam Marvi サナム・マールヴィーは世界中でスーフィーのコンサートを行い、スーフィー、ガザール、フォークのジャンルで最も優れたパフォーマとされている。(wikipediaによる) (サナム・マールヴィー。パキスタン若手女性歌手のトップに立つ古典及び民謡歌手。1986年、パキスタン・スィンド州ハイデラバード生まれ。父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの感染者

1日当りの感染者はブラジルを抜いて、3位から2位になった。 27日の同国の新規感染者数は4万4千人と米国(5万6千人)に次ぐ規模で、ブラジルの2倍近い。警察官ら公務員の感染が続いているほか、結婚式で感染が拡大するケースもあり、一部の州は結婚式の参加人数を制限した。貧困層の感染も多い。ムンバイで実施された「抗体検査」ではスラムの被検者の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

顔を見せない歌姫 SIA

バセドー氏病により顔が変ったのが顔を隠す原因らしい。アルコール依存症や薬物中毒から抜出して創ったのがこの「 Chandelier(シャンデリア)」 SIA(シーア)は1975年生れのオーストラリアの歌手、ソングライター。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゾルバのダンス」

ゾルバは映画「その男ゾルバ」のゾルバ。 Official Ottawa Greek Festival (GreekFest) Flash Mob フラッシュモブ(英: flash mob)とは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘田三枝子さん 死去

弘田さんは今月20日、千葉県内の自宅で突然倒れ、遊びに訪れていた実姉が119番。同県内の病院に救急搬送され、翌21日夜に容体が急変し、姉に看取られ息を引き取った。一人娘(41)は看取ることができなかったという。 合掌
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天界の葡萄とリンネソウ

今福龍太編「むかしの山旅」の大平晟著「ヌタプカムウシュペ山」1913年 を読む。大雪山はかってヌタプカムウシュペ山と言ったらしい。昔の文章は漢字が難しくて読むのに骨が折れるし、パソコンで一字一字入力するのに文語体はとても時間の掛る作業だ。当時の登山者は博物学を勉強しており、地形、地質、植物、動物について博識であったようだ。というか博識っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの音楽

今でも、山の上の寺院へ人を背負って歩く商売ってあるんだ。見ているだけで腰が痛くなりそう。 変成岩の転石がゴロゴロしている。 これはケダルナート寺院への巡礼(トレッキング)の様子31分。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨に消えたあなた

ベトナムのカーン・リーの代表曲。79年TV"サイゴンから来た妻と娘"の主題歌に採用され「美しい昔」のタイトルで再発。この歌は日本の歌手も歌っている。 帰る土地 「同じころ、16歳の少女カーン・リーさんも、命からがらサイゴンにたどりつきました。父母も兄弟も失い、たった一人でショロンのスラム街にころげこんだ彼女は、すっかり生きる張りをな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巻雲と五天山

最近、天気の晴間に巻雲が見えますが、なにかすがすがしい気分になります。ただ短い時間に形を変えながら去って行きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さようなら」

モイラ・デラ・トーレはフィリピンで一番人気の新人シンガーソングライターらしい。 フィリピン保健省は11日、国内の新型コロナウイルスの感染者数が同日午後4時時点で累計5万4,222人に増えたと発表した。前日から1,387人増えた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「筑後川」

ヨガのレッスンの後、先生から、筑後川の氾濫のニュースを見ていて思い出したけど混声の「筑後川」っていい歌ですよねって言われた。混声の歌はほとんど知らないが、今聞くと確かに良くできていますね。混声合唱組曲 筑後川。最後の曲がとくにいい。  1 みなかみ(歌詞付) 2 ダムにて(歌詞付) 3 銀の魚(歌詞付) 4 河の祭(歌詞付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテリーナ古楽器研究所

大分県の古民家で古楽器の復元研究制作を実践している親子二代の一家。 木を植えたり、食べる米を育てたり、音楽会を開いたりしているとか。管・弦・打楽器の多様な古楽器を製作している楽器工房は世界中を見ても他にあまり類を見ないかも知れません。森に囲まれたカテリーナの森では、あらゆる楽器と共に、音の世界へと旅ができる空間を目指して日々の営みを行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロビジャンの音楽

夕方、さっぽろ村FMで小松崎健さんの番組を聴いた。今は長崎亜希子さんとビロビジャンというユニットを立ち上げている。なかなかいいです。ユダヤ民族の伝統音楽、クレツマーを中心に演奏する音楽デュオ。 2010年に、札幌で結成。 幻想的な響きのハンマーダルシマーと哀愁を帯びたクラリネットの音色が織りなす音楽は、 聴く人の心に郷愁を呼び起こす、不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手8 ニコニコ動画より

高英男 - マルセリーノの歌 (La Cancion De Marcelino) 以下はラジオからの録音らしい。 各60分ほどと長いです。なぜか始るまで少し時間が掛ります。映像は変化しません。 FM cocolo pranksters' night LA CHANSON AU JAPON~シャンソンの黄金時代~ 1 FM …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手7

黒いワシ / 岡山加代子 長谷川きよし - 「愛の讃歌」 行かないで♪acco 草笛光子 バラ色の人生 パリ祭/上月 晃 18歳の彼(岩下志麻) ちあきなおみ Chiaki Naomi - それぞれのテーブル (1981) 深緑夏代さん 晩年のステージ『生きる』87歳
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手6

美川憲一 - サンジャンの私の恋人 さとう宗幸 昔きいたシャンソン 美空ひばり 港シャンソン プレジャンの舟唄(三根耕一)ディック・ミネ モン巴里(昭和4年)、日本初のシャンソン 日本シャンソンの夜明け
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手5

二葉あき子 - 巴里の夜 梓みちよ 麻美れい 青木裕史 斎藤晴彦 川井郁子 加藤登紀子 林 隆三 本田美奈子 巴里の屋根の下 (昭和6年)田谷力三 時計 菅原洋一 枯 葉   阿川 泰子 allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前の淡谷のり子

戦前の淡谷のり子のきれいな歌声が残っていることを知らない人は多いかもしれない。youtubeからダウンロードして車の中でときどき聞いています。探せばたくさん見つかります。 十月の唄(昭和9年) バンドネオン寄せて(昭和13年) ドンニャ・マリキータ(昭和10年) 街の灯(昭和9年) あこがれのキャロライナ(昭和11年) シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手4

高 英男 - ロマンス Naomi Chiaki - La Bohème (Japanese cover) 淡谷のり子 パリの屋根の下 岸洋子 聞かせてよ愛の言葉を 越路吹雪 ろくでなし ラストダンスは私に
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い歌

刈干切唄/桃山晴衣&M・タブリジ=ザデー6月22日は桃山晴衣さんの生誕日。桃山 晴衣は三味線シンガーソングライター。本名鹿島晴江。東京生まれ。 6歳より三味線を習い始める。古曲宮薗節を継承しながら、家元制に縛られた邦楽の中で生きるのではなく、うたと、歌が生きている情況そのものを創造することに努めた(wikipediaより) 鬼の女の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手3

新倉美子:ドミノ フランク永井・松尾和子/メランコリー・It's been a long long time 五木マリ パダンパダン 笠井美幸 古きパリの岸辺で 群衆 藤井レイ子 布施明 Que Nadie Sepa Mi Sufrir 群衆”  岸洋子 市村正親 沢田研二
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウダーデ

BSムレミアム空からクルージング特別編「ポルトガル・世界遺産を巡る旅」を見る。この番組の中でサウダーデという言葉が何度も出てくる。 ポルトガル語のsaudadeのことで、ブラジルではサウダージと発音していたので違和感があって調べてみた。日本ではサウダーデと表記したものがかなり多い。池辺葵の漫画「サウダーデ」、 新田次郎 藤原正彦の小説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャルメラ

チャルメラはふつう軽く見られているが、立派な楽器で高度な演奏もできる。中国では「嗩吶」と書く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国の国民的歌手、ヴェラ・リン、103歳で死去

第二次世界大戦中に慰問公演を開き“軍の恋人(Forces sweetheart)”と慕われた国民的歌手。戦後どころか近年までその人気は衰えず、2009年92歳のときにリリースされたベスト・アルバム『We'll Meet Again: The Very Best of Vera Lynn』が1位を獲得し、リンは全英チャート史上最高齢のNo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手2

別府葉子   私の心はヴァイオリン 出口美保 時は過ぎてゆく 深緑夏代 ベコーを歌う 石井好子 かもめ マーサ三宅 私はカモメ 玉置浩二 愛の賛歌~コール
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「再会」

方言の「再会」は知らなかった しずこ 京都祇園編 白木ゆう子 福浦光洋(津軽弁):珠木美甫(肥後弁) utoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen> YOSHIKO
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more