テーマ:音楽

札幌市民合唱祭

20日13時台に二つのグループで歌った。二つのグループで歌ったのも初めてだけれど、間が10分分足らずで慌ただしかった。初演の景浦さん編曲のソーラン節は評判よかったらしい。歌っていても気持ちよかった。-----道新によると、この市民合唱祭は19・20日の両日で127団体、出演者は約2800人とある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日台友好合唱会

10月16日16時キタラに集合。16:20~16:45 玉韻女性合唱団とご対面・合同演奏リハーサル。16:45~17:30 コール・タダタケのリハーサル。18:30 開演。小ホール ほぼ満席。20:50 終演。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Le Lien with 則竹正人 コンサート

年取って、頑張って歌うと、顔が真っ赤になる。見ていて、血管が切れるのではないかと心配だ。最後のミゼラブルは素晴らしい。 10月13日(日) 15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 水野 佑一(テノール) 木幡 周子(ソプラノ) 中陳 寿枝(ソプラノ) 日小田 直美(ピアノ) 則竹 正人(バリトン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドゥルスポンテスの「海の歌」

ラボエーム 心のそよ風  Laurindinha  ドゥルス・ポンテス(Dulce Pontes, 1969年4月8日-)は、ポルトガルの歌手。作詞、作曲も手がける。ファドをベースにポップス、クラシックなど幅広いジャンルの要素を取り入れた独自の音楽を作り上げている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町内会の大掃除と合唱の練習と

朝、町内会の大掃除で近くの公園の雑草の整理。いつもより参加者は少ない。 その後、2時間半かけて庭木の枝を大胆に伐採する。 13:00からイオンのコンサートを聴く。 Feliz De La Vida ~ラテンジャズ セクステット~ LIVE 出演: MIHOKO(ピアノ) 阿部 ヒロカズ(トランペット) 菅原 昇司(トロンボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリンバ・ヴァイオリン・ピアノ コンサート

ハロウィン関連の曲目だったので、子供も多かった。 10月5日(土) 15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 沓野 勢津子(マリンバ) 猿渡 美穂子(ヴァイオリン) 田島 ゆみ(ピアノ) 沓野 勢津子(マリンバ) くつの せつこ 2007年京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業。卒業に際し音楽学部賞・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニール・ヤング

-----伊藤さんは「魔法の鏡の中へ」のなかでスザンヌ・ヴェガ、ニール・ヤング、ポリスの歌詞を翻訳されています。実際にロックは聴かれるのでしょうか。 高校大学の頃はそればっかり。とくにニール・ヤングとジョニ・ミッチェルとルー・リードなしでは夜の目もあけませんでした。今はぜんぜん聴きません。 「前橋文学館特別企画展・第15回萩原朔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fusion of Music コンサート

風邪気味なのか、前半はちょっと苦しそうでしたね。 最後のレミゼラブルはよかった。 9月29日(日) (2)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 安達 彩子(ボーカル) 日小田 直美(ピアノ) <プログラム(予定)> ルージュの伝言(「魔女の宅急便」より)作詞・作曲 荒井由実 テルーの唄(「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマレヤ劇団とアイヌ女性の舞踏劇

アイヌの人々が樺太から江別に強制移住させられた時の叙情歌は初めて聴いた。アマレヤ劇団の歌う発声法も面白かった。---------- 日本・ポーランド外交樹立100周年記念事業 ポーランドのアマレヤ劇団とアイヌ女性会議メノコモシモシの現代舞踏劇 ポーランド人文化人類学者ピウスツキーと樺太アイヌ女性との出会いと別れ--100年前の衝撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか お昼のおんがくかい

ビスケットタイプのレコード盤(?)があるのは知らなかった。途中、うとうとしてしまった。 爽秋アンビエント・ミュージック 北海道の各地でフィールド・レコーディングした音を使用した電子音響音楽のライブ・パフォーマンス。 黄金岬や石狩の海の音、置戸町の木々や風、麦畑が揺れる音など、北海道各地でフィールド・レコーディングした音を用いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロマンシュ語で歌うビビ・バプロン

21日の道新で紹介されていたスイスの歌手です。 どの歌も悲しげな歌ですね。 本名はBianca Mayer・ビアンカ・メイヤー 1979年生まれ シンガーソングライターでピアノとハープシコードが得意 ロマンシュ語はスイスのグラウビュンデン州で話される言語で,1938年以来スイスの国語の一つに認められている。話し手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上西美帆トリオ feat.蛇池雅人

口を大きく開く歌いかたは相変わらずで、話もうまい。札幌に来るのは年1回らしい。 9月16日(月) 15:00~15:35 会場: イオンモール札幌発寒 Vocal 上西美帆 /Sax 蛇池雅人/Piano 板谷 大/Bass 柳真也 上西美帆 北海道出身 学生時代は医療の道を志し就職するも、海外滞在中初めてJazzに触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふきのとうホール

ふきのとうホールができた当時、聞きたいコンサートはなぜかいつも完売済で、そのうちこのホールのことは忘れていた。このたび、ヨガの先生から招待券をいただき、初めて中に入ることができた。30分前に着くと、別の階でコーヒーとケーキ付きでプレコンサートがあった。ホールは221席でこじんまりしているが、音響効果はすばらしい。音がひとつひとつクリアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーファー・ユーセフ

すばらしい。Dhafer Youssef - Satyagraha ダーファー・ユーセフ(ダファー・ヨーゼフ);1967年生まれ、チュニジア出身の作曲家/ウード奏者/ヴォーカリスト。中東の音楽に根差しながらヨーロッパのジャズやエロクトロニカを融合させた独創的なサウンドと、倍音や鼻を押さえながら高音で歌う独特の歌唱で注目を浴びる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反復の多い音楽は覚えやすい

"だいたい音楽は鳴ればすぐ消える音を聞く者に覚えさせつつ、脈絡をつけていこうとする面倒なもので、その覚えには反復による刷り込みが手っ取り早い。"「音楽放浪記世界之巻」より --------「ヘルシンキ大学の心理学者カルロス・ペレイラの研究チームが行った実験によると、好き嫌いを問わずよく知られている音楽を聞いている時、人々の脳は感情を司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロマの音楽

深夜TV「はるかなる音楽の旅-さすらいのヴァイオリン」というロマの人々の音楽を訪ね歩く番組を最後まで見てしまった。朝が起きれない。 ヴァイオリンを弾き始めたのはそんなに昔からではないらしい。お金もないので楽器の一部は自作のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇池雅人Trio feat.satoko JAZZ LIVE

satokoさんの歌声はとてもすてきだけれど、透明すぎて、買物客が大勢いる中ではなんだか埋没してしまう。 9月7日(土) 15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 蛇池 雅人(アルトサックス) satoko(ボーカル) 南山 雅樹(ピアノ) satoko(ボーカル) さとこ 北海道北広島市出身。5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アコーディオンの音楽

Maria Kalaniemi (Finland) -Ellin polka L'accordéon musette sur C8 dans Little Big Stars par la petite prodige Madlyn Dugué Ksenija Sidorova: V. Monti - Csárdás (Z…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体罰による身体能力操作の悪習は日露戦争から

「大東亜共栄圏とTPP 片山杜秀の本-7」より 一般的に体罰的なものというのは、日露戦争より前には見つけられない。でも、日露戦争からあとになってくると、だんだん一般化してくる傾向にありまして<中略>それはたまたまそうなったんじゃなくて、やはり国の、とくに軍の姿勢として、そういう方向が出てくるわけです。 これはスポ根もの「巨人の星」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋智美カルテット LIVE

ちょっと変わった声のジャズ歌手です。------------- 9月1日(日)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 高橋 智美(ボーカル) 酒井 由紀子(ピアノ) 佐藤 裕一(カホン) 斎藤 里菜(ベース) 高橋 智美(ボーカル) たかはし ともみ 北海道十勝出身、JAZZ&POPSボーカリスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PAN DURO LIVE

ハンドパンという楽器は21世紀になって作られた新しい楽器らしい。音階があり、癒やし系の音色だそうだ。ハンドパンとヴァイオリン、二人とも素晴らしい!!------金属製で、膨らんだ円盤のような形をした楽器。抱えるようにして、あるいは支えに乗せて固定し、素手で叩いて音を出す。円盤の表面には複数の「面」があり、叩いたときの音階がそれぞれの面で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい音や新しい言葉なんてどこにもない

”セロニアス・モンクは僕がもっとも敬愛するジャズ・ピアニストだが、「あなたの弾く音はどうしてそんなに特別な響き方をするのですか?}と質問されたとき、彼はピアノを指さしてこう答えた。 「新しい音(note)なんてどこにもない。鍵盤を見てみなさい。すべての音はそこに既に並んでいる。でも君がある音にしっかり意味をこめれば、それは違った響き方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルート・ピアノコンサート

フルート・ピアノコンサートとはいっても、今日のピアノは伴奏かな。 ------------------- 8月17日(土) 13:00~ 13:30 場所:1F すずらん広場 出演: 八條 美奈子(フルート) 谷敷 さなえ(ピアノ) 八條 美奈子(フルート) はちじょう みなこ 北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川啄木の飛行機

[ニッポンの小説3」の「風立ちぬ」を「読む」の章より 冒頭近く、少年である「二郎」は、夢の中で飛行機を疾走させる。遙か空高く、風を切って疾駆する飛行機を、「二郎」少年は、見つめる。そのシーンを見ていて、僕の唇から、このことばが、不意に洩れ出た。 <見よ、今日も、かの蒼空に 飛行機の高く飛べるを。 給仕づとめの少年が た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

hitaruでのコンサート

6時開演のコンサートで当日整理券(無料)は4時から配布ということで、10分前に着くとすでに大勢の行列ができていた。整理券をもらうと皆さん解散せずに入り口前に並んでいる。しばらくすると、整理券と入場券の交換が始まった。入場券を入手すると5時15分の開場までそのまま待機することになった。1時間以上も立たせたままにしておくというこのシステムは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wander Around ライブ

ユニークなユニットです。 8月10日(土)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: Wander Around 三好 淑(ヴァイオリン) 奥山 大地(ギター) サポート:大塚 亮(ベース)・佐々木 和徳(パーカッション) Wander Around Violin三好淑、Guitar奥山大地によるユニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松田美緒の歌

こういう歌手がいることを知らなかった。 ブラジル移民歌・五木の子守歌 恋を知る頃 嫁ぐ頃 アンゼラスの歌(長崎・伊王島) ジェレムジェレム(ロマ・ジプシー歌) Lemongrass レモングラス HPの自己紹介 ポルトガル語やスペイン語など六ヶ国語を操り世界中で音楽活動を重ねる、歌う旅人。 10代でポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琴似クラシック

8月7日18:15~18:45 地下鉄琴似駅 大平まゆみさんと木原奈津子さん顔色悪そうでしたが、この暑さでは無理もないですね。 次回の予定。コトニクラシックVol.27  ・日時 9月12日木曜日  18時15分~18時45分  ・会場 地下鉄琴似駅コンコース(琴似バスターミナル地下1階)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more