テーマ:環境

ちいさなえほんや ひだまり

新聞記事に金子みすゞ、レイチェル.カーソン、星野道夫の展示会を開催中とあったので、「ひだまり」に行ってきた。普通の一軒家だ。外観が店舗ではないので、ちょっと入るのには勇気がいる。代表の名刺にもこの3名の名前が載っている。この3名のことを紹介したいために絵本屋を始めたそうだ。狭い1室にたくさんの絵本が所狭しと並んでいた。レイチェル.カーソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争についての学習会

レイチェル・カーソン北海道の会 第194回学習会 会場とzoomによるオンラインのハイブリッドで行います。 期日 7月28日(木)15時~17時 場所 札幌エルプラザ4階 研修室3 (札幌市北区北8西3 札幌駅から地下道で直結) 内容 1・自己紹介(近況報告) 2・話題提供 「戦争とレイチェル・カーソン」について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争についての勉強会

レイチェル・カーソン北海道の会 第193回学習会 前回に続いて、Zoomとのハイブリッドで実施します。 (前回のハウリングはプロジェクターのスピーカーが原因でした) 期日 6月23日(木)15時~17時 場所 エルプラザ4階 研修室1 内容 1・自己紹介 2・話題提供 「戦争とレイチェル・カーソン」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大気中のNO2(二酸化チッソ)サンプリング

数年前から札幌大気汚染測定連絡会のボランティアとして、年一度のサンプリングをしている。試薬を塗った瓶を24時間近所に設置し、その後蓋をして送るだけ。結果はデータ表として後日送られてきているが、札幌は比較的きれいだと思われる。今年度分は先ほど回収してきた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月22日はアースデイ(地球の日)

毎年4月22日は、地球環境について考えるアースデイ(地球の日)だ。 2022年のテーマは「地球に投資する(Invest in Our Planet)」。各国政府や教育機関、企業、そして地球市民であるわたしたち一人ひとりが連帯し、これまで与えてしまった環境破壊を修復し、今後人類が地球に与えるダメージを無くしていくための社会システムの構築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナの話

レイチェル・カーソン北海道の会 第190回学習会 日時 3月24日15時~17時 場所 エルプラザ 2階 環境研修室1 (札幌市北区北8西3・札幌駅から地下道で直結) 話題 新型コロナの情報を持ち寄りましょう 新型コロナは弱毒化していて、ピークは過ぎているという情報の一方で、最近ワクチンについて否定的な意見も公然と出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風力発電の話

レイチェル・カーソン北海道の会 第189回学習会 日 2022年1月27日(木)15時~17時 場所 エルプラザ 2階 環境研究室1 札幌市北区北8条西3丁目 話題提供 佐々木邦夫さん (風力発電の真実を知る会 代表) 「 札幌周辺で進む巨大風力発電計画-健康・環境への影響と住民運動」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東のバイオガスプラントの話

レイチェル・カーソン北海道の会 第188回学習会 期日 12月16日 15時~17時 場所 エルプラザ4階 研修室4 話題提供 松浦正和さん 「道東のバイオガスプラントの情報」 ----------------------- バイオマスプラントがことごとく失敗していることを、現地をつぶさに見てきた松浦さんが語り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財布がカラ

昨日、受付で会場の費用を2回分支払い予定だったが、財布を見ると1回分しか入っていない。1回分を支払ったら財布がカラになった。カラの財布を持つのは何十年ぶりだろうか。次回分の支払猶予は3日。直接窓口での支払いのみなのは今時珍しい。 ----------------------- レイチェル・カーソン北海道の会 第187回学習会 期日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りや救済についての学習会

レイチェルカーソンから石牟礼道子などへ   ー自然保護・近代とは、後・コロナはー R・カーソン、石牟礼道子、宮本常一、ワーズワース、レヴィストロース、内村鑑三、南方熊楠、岡倉天心、柳宗悦、金子みすゞ、 M・ガブリエル、池田晶子・・・ など多くの言葉に通底・類縁する感性を尋ね、そこから「共生」とは?について考えてみる。 コロナ禍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日明日はPM2.5に注意(札幌)

SPRINTARSによる値です。 夕方の写真では、全体にぼーっとしています。 (注) SPRINTARS は,九州大学応用力学研究所気候変動科学分野が中心となり開発しており,対流圏に存在する自然起源・人為起源の主要エアロゾル(黒色炭素・有機物・硫酸塩・土壌粒子・海塩粒子)を取り扱います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどい雨がふりそうなんだ

Bob Dylan - A Hard Rain's A-Gonna Fall 和訳 カーソンは「沈黙の春」で、「人間の叡智」である科学技術が引き起こしていた環境汚染に警告を発した。--------それも、フォークシンガーやビート詩人といった、当時のカウンター・カルチャーの担い手からの警告という形をとったのである。その彼女の取り上げたテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムと人新世からの対談

【5金スペシャルPart1】コロナでいよいよ露わになったコモンを破壊する資本主義の正体(2021年5月1日)1時間6分 ゲスト:斎藤幸平氏(大阪市立大学大学院経済学研究科准教授) 司会:神保哲生 宮台真司 今年2回目の5金となる今回は、25万部の大ベストセラーとなっている『人新世の「資本論」』の著者で新進気鋭の経済・社会思想学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊情報

札幌市西区ではあちこちに熊情報があります。8月になるとまだ西区では情報は無く、南区に集中しているようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの勉強

レイチェル・カーソン北海道の会 の学習会 期日7月29日(木)15時~17時 場所 エルプラザ4階 研修室5 1・話題提供 中村由紀男さん 「 コロナ過で明日を思う」 2・話題提供 近藤代表 最近出版された「13歳からのレイチェル・カーソン」の紹介 中村さんの話には皆さん関心が高く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災・減災セミナー

久しぶりにZOOMセミナーを受講。 2021年7月28日(水)13:30~16:00 講演 「気候変動下における山地災害の特徴 ~北海道大学広域複合災害研究センターの目指すもの」:北海道大学 広域複合災害センター 副センター長 厚井高志氏 基調講演「迫りくる千島海溝型超巨大地震への備えと防災・減災対策」:北海道大学 理学研究院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月とエアロゾル

夕方、札幌の街の向こうに見えた月は赤い色をしていてちょっとびっくりしたが、深夜の山間の上に見える月は普通の色に戻っていた。 SPRINTARSエアロゾル予測では東北から北海道にかけて、エアロゾル(土壌粒子)はしばらく高い値を示し続けている。最近の札幌は晴天でも、いまいちくっきりと物が見えない。 (注)SPRINTARS は,大気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒ素の話

4月2日 15時~17時。エルプラザ4階。 レイチェル・カーソン北海道の会。 第184回例会 1・話題提供 近藤さん 木村―黒田純子「地球を脅かす化学物質ー発達障害やアレルギー急増の原因」海鳴社 の紹介 ポール・ブルックス「(原題The House of Life )レイチェル・カーソン」新潮社 の紹介 2・話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終間氷期勉強会

12月 19日(土)午後1時~5時 札幌市北区民センター 音声録音パワポというのは知らなかった。 ◎話題提供1  「光格子時計」(映像)最終間氷期勉強会幹事会 ◎話題提供2 「苔の洞門横断測量 -ハンディレーザー測距儀と多視点カメラを用いて‐」関根 達夫 氏(株式会社 北海道技術コンサルタント) ◎話題提供3  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太鼓の音に足の合わぬ者をとがめるな。

太鼓の音に足の合わぬ者をとがめるな。その人は、別の太鼓に聞き入っているのかもしれない。 レイチェル・カーソン北海道の会 第183回学習会。10月22日。話題提供 近藤務代表 「レイチェル・カーソンから学ぶ~生物多様性と教育」の資料より。 もとはソローの「森の生活」にある一節を、かって鶴見俊輔が自分流に訳したものらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビ料理のバイキング

グランドホテル1Fのディナーブッフェ。50品のバイキング。 普段エビは食べないようにしているが、初めてのエビづくしでした。 後で、エビ養殖の環境破壊がどうなっているのか、ネットで調べてみた。 メスのエビの片眼を切除することが一般の慣行となっているらしい。 その目的は生殖腺抑制ホルモンを取除くことで、卵巣の成熟が促されるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル・カーソン北海道の会例会

コロナのため3月から中断していた例会を半年ぶりに再開した。 遠友学舎の定員は1/3に制限されているので、いつもの談話コーナーではなく、一番広い談話ラウンジを使用した。 話題提供は米道さん、タイトルは「崩壊学」を読む。 飲食は禁止。使用しないコーナーへの立入りは禁止。入館は直前まで不可と使用条件が厳しくなったが、再開できて良かった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人新世とは何か」

この本は2013年に書かれた原書を2018年に翻訳したもので、副題は「地球と人類」の思想史。人新世はAnthropocene(アントロポセン)の日本語訳でじんしんせい又はひとしんせいと読む。Anthropoceneのanthroposは人間を意味する英語接頭語(例えばanthropology 人類学)。ceneは新しいを意味する地質学分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LGBTQ+allyの合唱団

全く知らなかったが、結構たくさんの合唱団があります。 ヨーロッパではlagatoという統一団体があり、レインボー合唱フェスティバル(Hand in Hand)を行っている。 アジアではHand In Hand 2019 Tokyoが昨年4月に実施され13の団体が参加した。今年もこの25~26日に実施予定だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「評伝 石牟礼道子」

簡単に読めるかと思っていたが、ずいぶん時間が掛った。石牟礼道子全集が出版され始めた頃、非常勤講師をしていた北海道工業大学の図書館に次々と届いていて、それを読むのが楽しみだった。著者の米本さんは晩年の道子さんに了解を取付け、何年もの間、繰返しインタビューをし、周囲の人々にも会い、関係図書も目を通してこの本を書いた。そのためか、いろんなエピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大気汚染が改善

経済活動の縮減のために、世界中で大気汚染が改善されているというニュースが流れている。 ①BBCニュースでは中国武漢とイタリアの現在と一年前の衛星画像を比較している。 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/006/732/80/N000/000/000/158657545352837734693-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OMNIA(オムニア)

「Steve SicとJennyのデュオプロジェクト "OMNIA-Poëtree "で演奏された魅惑的なスウェーデンの伝統的な曲 "Gröne Lunden "を2台の美しいケルトハープで演奏したエクスクルーシブな完全アコースティックビデオです。」 「"もし地球と動物が人間の猿に話しかけることができたとしたら、これは彼らが言わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11から9年

9年経った今でも、原子力緊急事態宣言はまだ解除されていない。 年間の放射線量の国際基準は1ミリシーベルトであるのに対して、日本はまだ20ミリシ-ベルの暫定基準のままである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more