テーマ:芸術

「ホドロフスキーのサイコマジック」

久しぶりに映画館で映画を見る。観客は10人弱。 ”「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法である。本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕗のとう

医療センターにかけられている絵。そういえば、何年も絵を描いていないな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンソリ

久しぶりに「風の丘を越えて/西便制」(1993年)を見る。全編youtubeに上げられている。これはラストのシーンで盲目の姉がパンソリを歌い、弟が太鼓をたたく。互いの音で姉弟と分りながら、名乗らず別れていく。この映画でパンソリを知り、初めて韓国映画が素晴しいと思った。記憶の中の映画とずいぶん違ったが、懐かしかったし切ない思いが蘇った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画館キノ

午前中に一つ仕事を終えて、映画館に行く。映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』。この討論会のことは当時からいろいろな出版物を読んで知っていたが、三島由紀夫が終始こんなに笑顔でいたということは知らなかった。観客は20-30人くらいか。帰りは北菓楼で草饅頭を買った。お客さんは誰もいなくて閑散としていすぎ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべての動きは芸術

体が柔らかいといいな! Every moment is ART - Aya Sato in GreekSalad MOVEment inori AyaBambi - Vogue Dance [You & Me (Flume remix)]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコトーク映画祭

「プラスチック・チャイナ」は中国でのプラスチックゴミのリサイクルに関わる家族のドキュメント映画。いまだにこんな生活があるかと思うと胸が痛い。 ---------------- 2020年2月 9日(日) 13:30~16:00(開場 13:10) 場所   札幌市生涯学習センターちえりあ 1階 ちえりあホール トークゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[「アイヌの美しい手仕事」

北海道立近代美術館の展示「アイヌの美しき手仕事 柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから」を最終日に見る。それからトークセッション「柳宗悦と芹沢銈介が発見したもの」講師:杉山亨司 氏(日本民藝館)、白鳥誠一郎(静岡市立芹沢銈介美術館)  聞き手:五十嵐聡美(北海道立近代美術館)を聴く。さらに講師を案内役としてもう一度展示品を見る。12時30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスのアイヌ語

地下鉄円山公園の地下通路にリスの写真が展示されている。12月の「クマづくしの1日」でアイヌ語の研究者がアイヌ語の名前の付け方は日本語と違うという話をされたのを思い出した。シマリスは地図を持つもの(縞模様を地図に例える)、エゾリスは呪術を使うものという。エゾリスに見つめられると不幸になる(邪視のことか)ので、こちらもにらみ付けないといけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアは世界で唯一精神病院を廃止した国

レイチェル・カーソン北海道の会 第179回学習例会 日時 12月12日(木) 14時半~17時 場所 北大 遠友学舎(北18条西7丁目) 話題提供 高縁さん 前回例会で鑑賞したイタリア精神保健改革の父フランコ・バザーリアの闘いを描いた伝記ドラマの後編(2時間) 14日の深夜TVで「権利の階段」を見た。精神病患者への強い薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アールブリュット展

札幌エルプラザ2Fで小規模のアールブリュット展をやっている。この絵にはこころ惹かれるものがある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外ドラマ「チェルノブイリ」全5話

『チェルノブイリ』は、2019年5月6日から6月3日まで、アメリカ合衆国・HBOで制作・放送されたテレビドラマ。全5回。 冷戦下の1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の際、事態を隠ぺいしようとするソビエト政府の対応や、事故がもたらした人々への影響、被害の拡大を少しでも抑えようと奔走した人々の苦闘を描く。 -------3.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマレヤ劇団とアイヌ女性の舞踏劇

アイヌの人々が樺太から江別に強制移住させられた時の叙情歌は初めて聴いた。アマレヤ劇団の歌う発声法も面白かった。---------- 日本・ポーランド外交樹立100周年記念事業 ポーランドのアマレヤ劇団とアイヌ女性会議メノコモシモシの現代舞踏劇 ポーランド人文化人類学者ピウスツキーと樺太アイヌ女性との出会いと別れ--100年前の衝撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨーク公共図書館

映画「ニューヨーク公共図書館」は3時間を超えるので途中休憩時間が設けられていた。しかし3時間25分はさすがに長いと感じた。予想していた内容と異なっていたが図書館の裏側で何が行われているかが丁寧に描かれている。図書館は単なる書架ではないとか、図書館は民主主義にとって重要だとか、利用者の利用履歴を平気で警察に渡すような日本の図書館とはレベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日待子さん

今日の道新に明日待子(あしたまつこ)さんの記事が大きく載っている。このブログでもちょっとだけ紹介したことがあった。 https://momijigasa.at.webry.info/201602/article_50.html 戦前はムーランルージュのアイドルで、戦後は札幌で活躍されていたらしい。今年の7月に99歳で死去されたが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「命みじかし、恋せよ乙女」

樹木希林の遺作となった映画。異界の表現が外国の監督だとずいぶん直裁的で余韻が残らないというか、叙情的でないというか。でもいい映画でした。片岡鶴太郎の「異人たちとの夏」を思い出しました。原題はKirschblüten & Dämonen(満開の桜と妖精)。ユウ役の入月絢さんは1983年生れの舞踏家。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テオ・ヤンセン展

全く独創的な芸術作品ですね。どうやって思いついたんだろうか。札幌芸術の森美術館 9月1日まで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クリムト エゴン・シーレとウイーン黄金時代」

いまいち良く分らない映画だった。 --------19世紀末のオーストリア・ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの没後100年にあわせて製作されたドキュメンタリー。官能的でありながら、常に死の匂いを感じさせる作品を残したグスタフ・クリムト。クリムトから強い影響を受けながらも新たな表現を模索し続けたエゴン・シーレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌まつりはサンバ

8月3日 札幌祭りはサンバとのコラボ。三越の中では「ネコ」の木工展実施中https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/006/732/80/N000/000/000/156484386704527829993-thumbnail2.jpg?1564844067001。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートは民主主義の根幹にある精神

"北川フラムさんが「美術は人と異なったことをして褒められることはあっても叱られることはありません」と言っておられます。他の世界では、逆なんです。特に教育の世界では。僕、この言葉にふれて、アートって民主主義の根幹にある精神なんだなと思ったんです。” 高橋源一郎編「読んじゃいなよ!」(岩波新書 2016)のなかの鷲田清一さんの発言より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「主戦場」

映画「主戦場」を見る。客席はほぼ満席。年令は若い人から老齢までバラバラだ。 日本の現状がかなり危機的であることを、あからさまに表現している。 慰安婦の問題は入口にすぎない。 シアターキノで、公開は28日まで延長。 --------------- 映画の公式HPより あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演劇鑑賞

風蝕異人街を2年振りで見に行く。6月28日20時~21時。琴似地下鉄駅地下のパトス。満席でした。 前回は「邪宗門」と三上寛ライブ。 今回は「メディアマシーン」でギリシア悲劇の現代解釈劇。 丁度1時間、1幕もので全員出ずっぱりでしゃべりとダンスで埋め尽す。 よく、セリフが入るものだと感心する。 古代の詩やアイヌの語りにあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「震美術論」

日本の地質的条件はプレートによる変動帯である事から地震や津波は繰返し発生してきた。そんな特殊な地質条件と美術の世界の動向を組合わせた美術論で、初めて知ったことが多かった。3・11の直前に津波の危険を警告していた山内ヒロヤス、山下文男、飯沼勇義などの活動は全く知らなかった。 こんな記載がある。 「どんな巨大な災害でも、当り前のことが当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニ教の始祖マニ

大阪市の藤田美術館(一時休館中)が所蔵し、地蔵菩薩(ぼさつ)像とされていた絹絵が、マニ教の始祖マニを描いたものだったことが、京都大の吉田豊教授(文献言語学)らの調査で分かった。独りだけを描く独尊像としてのマニ像が確認されたのは世界で初めてという。マニ像は13日から奈良国立博物館での特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展」で公開されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展

カメラの川田で行われている「星景写真@北海道」写真展を見に行く。 星景写真とは星と風景がどちらも入っている写真のことらしい。 A2サイズの写真20枚が展示されている。 いずれも美しい写真ばかりだ。 1枚2万円で販売されている。 写真撮影のプロパティが表示されていないのが残念だった。 今年中にこんな写真を撮りたいと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川上りえ個展

川上りえ個展 Landscape Will 2019 札幌文化芸術交流センター SCARTS 何だか、牢獄をイメージしてしまった。 ステンレスから大地はイメージしづらいな。 案内文より ””私は時々、土と岩だけからなる広大な大地に一人佇む自分をイメージします。 そのたびに、自分が、果てしなく広がる世界を構成する一要素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サーミの血」

この映画、2年程前にキノで予告編を見たような気がする。 サーミの音楽であるヨイクはアイヌの歌い方とよく似ていると思った。 ””北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に描かれるサーミ人の少女の成長物語であり、差別に抗い生き抜く姿に心打たれる感動作である。 サーミ人とは、ラップランド地方、いわゆるノルウェー、スウェーデン、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アール・ブリュットとアウトサイダー・アート

確かに、アウトサイダーアートという言い方には拒否的な」ニュアンスがありますね。 ”イギリス、英語圏の連中が、アール・ブリュットをアウトサイダー・アートといったというだけで、文明の特徴がよくあらわれていますよね。フランス語圏のほうは、ブリュットというのは、”生な”、”手づかずな”、”ソバージュな”というゆうにいっているのに、イギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画と講演会

会場には多くの人が集ったが、若い人はほぼ見当らない。 シロタ家の20世紀と清末 愛砂さんの憲法を語るに参加した。 イベント名:藤原智子監督 追悼上映 ■開催日:2月24日(日) ■会場:札幌プラザ2・5 (札幌市中央区南2条西5丁目/狸小路5丁目) ■上映作品 『ベアテの贈りもの』(上映スケジュール:①10:30 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五足の靴

「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行」 明治四十年夏、与謝野寛(鉄幹)、北原白秋、吉井勇、平野萬里、太田正雄(木下杢太郎)が、南蛮文化への興味を胸に九州にひと月の旅をした。その体験は多彩な文学として花開く― この昔の旅行の跡をたどり、著者がその行程を旅行した感想を本にしたようだが、何か消化不良のまま書いたようで、何を言いたいのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more