テーマ:札幌

ミニコンサート

Afternoon Concert 12月4日 フルート・ピアノ・パーカッション ピアノはトナカイの着ぐるみを着て、クリスマスの演奏。 佐藤 香澄(フルート) さとう かすみ 札幌大谷大学芸術学部音楽学科管弦打楽コース演奏クラス卒業。 現在、札幌交響楽団の客演をはじめ、アンサンブルグループ奏楽メンバーとして道内外での演奏、ビル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート

hitaruでの布施明コンサート。完売らしくほぼ満席だ。この数年では最高の歌声だった。ただマイクの音量が大きすぎて、耳が痛くなった。マイクなしでも十分歌える人なのに、もったいない。リハの時に調整しなかったのだろうか。最後に「Time to say goodby」を思い切り歌い上げるとは、よほど喉に自信があったのだろう。1階では生花展もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪

1日、いきなり積雪となったので、家の前の路面を除雪。昼に計ると、積雪は14cm。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪の前に

草木枝を10袋ほどに集めて、リサイクルセンターに持参した。 町内会のゴミ収集の草木枝は終ったが、リサイクルセンターは12月10日まで受付けている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

朝起きたら雪が積っていた。路面の雪は午前中に融けたが、庭の雪はまだ残っている。札幌市西区、標高およそ150m。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニコンサート

Afternoon Concert(イオン発寒)11月13日 酒本廣継Quartet(ジャズ) ギターの音が他のジャズと違う。 酒本 廣継(トロンボーン) さけもと ひろつぐ:苫小牧の高校からジャズビッグバンドに入り、トロンボーンを始める。 滝川 裕三(ギター) たきがわ ゆうぞう:ブルース、ラテン、ボサノバ、ジプシースイングな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニコンサート

11月12日 Afternoon Concert (イオン発寒) よく知っている曲が多かったが、名前が思い出せないのが残念だ。 ヴィオラ・クラリネット・ピアノ トリオ 南有(ヴィオラ) まえ なう:現在はソロリサイタルを開催する他、札幌を中心に室内楽やオーケストラでの演奏活動を行っている。 福井 遥香(クラリネット) ふくい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月食

コンテジで撮った皆既月食の後。若い人たちがカメラを向けていた。天文に興味を持つ人が増えるのはうれしい。低倍率の双眼鏡で覗いても、天王星は見つからなかった。目もだんだんと悪くなったせいかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニコンサート

最後のチャルダッシュは素晴しかった。 Afternoon Concert 11月6日(日) 1F すずらん広場 クラリネット・ピアノのduo 高畑 友香(クラリネット) たかはた ともか 札幌大谷大学音楽学部芸術学科管弦打楽コース卒業。 平成26年度、札幌市民芸術祭新人音楽会に出演、奨励賞を受賞。 現在、酪農学園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イオンのミニコンサート

今週は須山恭一トリオ、三上絵里香のピアノを聞くことができた。どちらも素晴しい演奏でした。 いずれもイオンのコンサート情報がすぐに消されるので、それぞれの詳細は不明です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モエレ沼公園

10数年前まではトライアスロンの選手として毎年のようにここの来ていたが、それ以来数回しか来ていない。 昨日は晴れていて、散策には良い天気だった。天頂付近は快晴だったが、地上部は霞がかっていておぼろげにしか見えない。 1-2時間ほどで会ったのは数十人程度で閑散としている。遠くにウェディングドレスを着た撮影隊がいる ガラスのピラミッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子みすゞ展

札響の後、同じ中島公園にある北海道文学館の「金子みすゞの世界」を見る。 金子みすゞは1930年に26歳で亡くなった童謡詩人で生涯で512編の童謡を作成した。現在では13カ国語に翻訳されている。 最終日のためか、入場者が多い。1時間も金子みすゞに浸っていると、だんだん金子みすゞが好きになってきた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札響

10月23日、当日のスマイル券を買ってキタラ大会場に入る。 曲目 メンデルスゾーン 序曲「静かな海と楽しい航海」 C. P. E. バッハ チェロ協奏曲イ長調 ハイドン ミサ曲ハ長調「戦時のミサ」 ------------- 指揮 / マティアス・バーメルト チェロ / 佐藤 晴真 ソプラノ / 安井 陽子 メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際音楽交歓コンサート

このコンサートには初めて参加する。800名を無料招待制。10月19日。キタラ大ホール。2時間30分。 なかなか楽しかったが、いろいろ詰めすぎて、スピードが速すぎた様だ。今回はロシアのスターシャさんがメインだったかな。 アンコールで歌った北海道の歌。こんな歌が北海道の歌とは。ロシア人に教えられて不覚だ。これだけの規模の演奏会を無料で開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日プレゼント

歯科クリニックの予約日が誕生日に近かったためか、治療後プレゼントを頂いた。歯科クリニックからこれまでプレゼントなど貰ったことがない。また、予約日に近づくとメールでお知らせが届くようになった。患者が減ってきているのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市民合唱祭

今回は2回目と3回目の練習に参加して、本番に臨んだ。2回目の指揮者はコロナに罹患して不参加となった。当日も複数のグループが参加をその日になって取りやめになった。札幌ではPCR陽性者が再度増加傾向にあるという。歌った後、2時間弱他のグループの歌を聴いて帰った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発寒緑地を散歩

昨日は朝から雪虫が異常発生していた。緑地ではひめりんごが赤く実り、山裾では紅葉がきれいだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちいさなえほんや ひだまり

新聞記事に金子みすゞ、レイチェル.カーソン、星野道夫の展示会を開催中とあったので、「ひだまり」に行ってきた。普通の一軒家だ。外観が店舗ではないので、ちょっと入るのには勇気がいる。代表の名刺にもこの3名の名前が載っている。この3名のことを紹介したいために絵本屋を始めたそうだ。狭い1室にたくさんの絵本が所狭しと並んでいた。レイチェル.カーソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニコンサート

10月8日 イオン発寒店のafternoon concert 能登谷安紀子(ヴァイオリン)と中島杏子(チェロ)のVirtuRose(デュオユニット)東京藝術大学在学中より共演。「VirtuRose」には《ヴィルトゥオーソ》と《薔薇》の意が込められている。クラシックを中心に多彩なジャンルの楽曲や能登谷 安紀子による自作曲をレパートリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて見る花火

札幌西陵高の花火。 毎年、花火を上げているが、いつも見逃している。今年はちょうどの時間に間に合った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もやし5円

発寒のモールでの今日の値段。非道すぎます。先日のテレビでは「もやし生産業者は経営が成立たず廃業が増えている。せめて30円にしてほしい。」と言っていたのに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町内会の大掃除

9時から今年最後の町内会の大掃除。いつもより参加者が少なく、1時間半の作業になった。1時間を超えるのは珍しい。最近は園児達も参加している。 午後にはきれいな巻雲が現れていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの勉強会

レイチェル・カーソン北海道の会 第195回学習会 期日 9月22日(木)15時~17時 場所 札幌エルプラザ4階 研修室3 内容 1・自己紹介(近況報告) 2・話題提供 「新型コロナ」について(パート2) 新型コロナ については相変らずはっきりしたことは分りません。 第190回(今年の3月)に続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サフラン

近所でサフランが咲始めているので、昨日、庭先を見ると我家でも咲始めていた。サフランの咲く場所のすぐ脇には春にクロッカスが咲く。クロッカスが植えたがサフランは植えたものではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸の墓参り

今日は晴れで昼から墓参り。その前に庭からアスパラの長く伸びた茎、ススキ、アジサイとガクアジサイ、菊、ムクゲなどを集めて、花輪を作る。墓地はちょうど排水溝の工事中で、墓参の車はわずかに10台くらいだ。般若心経を読んで、おにぎりとおはぎを食べた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男声合唱団のコンサート

1枚招待券を貰っていたので、雨の中聞きに行く。もう1枚は入口で当日券を買って会場に入る。マスクなしの演奏会は久しぶりだ。札幌メールクヮイア。 客もずいぶんはいっている。平均年齢76歳だという。テノールの伸びはすばらしい。終盤で岡村俊二指揮者の歌声が入る「サボテンの花」には最大の拍手が起った。ほぼ40名の団員が集るというのはすごいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more