テーマ:北大

恐竜の話

こども恐竜博士が一杯で、会場は超満員でした。 地学はフィールドワークが大事だと、あらためて感じた。 感性は現場じゃないと磨けない。 第45回サイエンス・フォーラム in さっぽろ お話 小林快次 北大総合博物館 准教授 恐竜研究最前線 in 2018 2018・4・14 14:00~16:00 札幌中央図書館 3F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合唱の練習

4月から週2回の練習が始まりました。 場所はいつもの札幌クリスチャンセンター。 木曜が1回と、隔週土日が1回と、ちゃんとできるのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギーの話

今日の講師はみな文系です 理系の人は事実を伝えることには長けているが、人の共感を得ることには下手ですね。 原発のコストが不明というのは、隠しているのではなく、本当に不明らしい。 会社の経営から考えると、事故で会社が倒産する可能性が高いことを考えると、原発はあまりにリスキーとは当然ですね。 高校でエネルギーの話をするのに役所から横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大遺跡発掘報告会

第1回北大埋蔵文化財調査センター調査成果報告会 3月17日13:00~15:30 場所 北大人文・社会科学総合教育研究棟W103 第1部 調査成果報告 第2部 山田吾郎「道央の遺跡における花粉分析の成果 第3部 埋蔵文化財調査センターで遺物の見学会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマエナガの話

シマエナガは北海道ではよく見かける野鳥らしいが、ついぞ意識して見かけたことが無かった。 鳴声を教えて貰ったので、注意してみてみよう。 シマエナガ展関連セミナー 「自然写真家と鳥類学者による小型鳥類の魅力」 日付: 2018年2月17日 1:30 PM – 3:00 PM 場所:北大総合博物館 「日本列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大合唱団第66回定演

1月20日18:30~20:30 最後のステージは時間がなく聞けなかったが、いい演奏会でした。 こんな難しい歌はOB会ではとても歌えないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙の4Dシアター

北大総合博物館1F講演室 1月20日15:30~14:00 「銀河の車窓から-一日限りの再出発」 「銀河鉄道の夜」をモチ-フとした公演 運営はポランティアスタッフ ゆっくりプラネタリを見るのは久しぶり。 帰りに折り紙のコースターを貰ったが、どうやって折るのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「円山原始林の成り立ちと推移」

円山の植生については過去60年間誰も論文を発表してないそうです かなり刺激的で意表をついた発表でしたが、ちょっと受けを狙いすぎたせいか事実の解釈が荒っぽくて、ツッコミどころ満載でした。 その一つとして、将来円山に分厚い火山灰が堆積しない限り、今後樹木は衰退し、ササ林(ハイイヌガヤやツリバナなどの低木を含む))だけになってしまうとの推…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多田武彦さん死去

ご冥福をお祈りします 多田 武彦(ただ たけひこ、1930年11月 -2016年12月12日 )は、合唱曲を中心に手掛けている作曲家。大阪府大阪市生まれ。合唱、殊に男声合唱に関わる者からは「タダタケ」の愛称で親しまれている。(wikipediaに追加) 多田武彦「雨」 北大合唱団 『雪明りの路』から「月夜を歩く」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹筋運動の上体起こしは危険

シットアップが危険だとは知らなかった ------------- 腹筋を鍛える運動としてよく知られる「上体起こし」。一般的に「腹筋運動」と呼ばれるこの動作を何度も繰り返すことが、腰痛の原因になるとして、やめさせる動きが、バスケットボール界などで広がってきている。  日本バスケットボール協会では昨年から、指導者養成の場で上体起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤俊洋氏の講演会

当日は予想以上の来場者があり、椅子が足りないほどに。 小学校にも講演にいっているとか。 なかなかこういう講演は大学関係者は圧力があって出来ないらしい。 伊藤氏は(一財)の理事長というよりフリーな立場だからこういう講演が出来るとか。 大学関係者もどんどん追詰められているのかな。 レイチェル.カーソン北海道の会 第154回学習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤俊洋氏の講演会

期日 12月14日(木) 15:00~17:30 (入場無料、事前申込み不要)              18:00~ 懇親会(会費 1000円) 場所 北大遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目) 講師:伊藤俊洋氏(一般財団法人北里環境科学センター理事長) 演題:『宇宙生命哲学』事始め 〜我々は何処から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故から6年

「一緒に考えましょう講座」総集編 2日目 知らない言葉を覚えた。 マイナーサブシステム 福島や宮城の人々にとって、きのこの採取がそんなに重要な行動とは知らなかった。 クロスロード 原発被害のデータを集めるのに、何故手弁当でやらざるを得ないのか。理不尽な世の中だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなコリンゴの木

北大 遠友学舎の入口前で、赤い実がたくさんあります。 春にはりんごと同じような白い花を咲かせていました。 http://momijigasa.at.webry.info/201705/article_34.html ズミ(コリンゴ)でしょうね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第59次南極観測隊の壮行会

南極OB会北海道支部主催の壮行会 11月16日(木) 壮行会(第1部) 場所 北大ファカルティハウス・エンレイソウ 第1会議室 時間 18:15~19:45 調査観測の話  杉山様 「JARE重点研究観測:氷床・海氷縁辺域の総合観測から迫る大気-氷床-海洋の相互作用 -59次隊での観測計画-」 山根様 「ラングホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル.カーソン北海道の会 第153回学習会

レイチェル.カーソン北海道の会 第153回学習会 期日 11月16日(木) 15:00~17:00 場所 北大遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目) ①話題提供:15:00~16:30 小島 尚三 本の紹介 嘉田他編「レイチェル・カーソンに学ぶ現代環境論-アクティブ・ラーニングによる環境教育の試み」 法律文化社 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪崩の講演会

参加費無料のボランティアで運営している講演会 14時~参加する。 高校生が多数死亡した那須の雪崩事故の話は結果を知っているだけに身につまされて聞いた。 指導者の無知で多数の死者がでたが、これからは指導者には一定の講習会への受講を義務化したらどうだろうか。 部活で死んだら、親がやりきれない!! ----------- 第 25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症予防の食事と生活

この勉強のために2年間で300冊の本を読破したらしい。 -------------- レイチェル.カーソン北海道の会 第152回学習会 期日 10月26日(木) 15:00~17:00 場所 北大遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目) 話題提供: 川村佳以知氏  「認知症予防の食事と生活」:家庭栄養研究会編を中心とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彗星の氷を作って、尾を再現

低温研 公開講座 4回目 香内 晃 「彗星の氷を作って、イオンの尾を再現してみよう」 今回の講座は半分が実験。 水を減圧したらどうなるか 窒素を減圧したらどうなるか ガスをイオン化するとどんな色で発光するか 炭酸ガス、空気、水、ネオン 実験装置はすべて自作だとか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺跡発掘見学会

K39遺跡北大医学部百年記念館地点発掘調査説明会 主催:北大埋蔵文化財調査センター 月日 10月3日 1回目 12:30 2回目 13:00 擦文文化(9世紀後半~11世紀後半)の遺跡 火山灰は樽前a と白頭山 明治初期の排水管 2回目に参加した。 参加者は十数名で、途中雨に降られてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェットな氷表面が引き起こすオゾン層破壊

低温研 公開講座 2回目 「ウェットな氷表面が引き起こすオゾン層破壊」 講師 長嶋剣 オゾンホール問題 氷が引き起こすオゾン層破壊 極成層圏雲-南極上空にできる特殊な雲(高度20~30km付近の成層圏にできる) 氷の表面はウェット-レーザー共焦点微分干渉顕微鏡 氷表面にできる塩酸液滴 --------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広葉樹はなぜ紅葉するのか

北大低温研 公開講座 第1回目 9月25日 18:00~19:30 「秋の紅葉とクロロフィルの分解」・・なぜ紅葉するのか 講師 伊藤 寿 助教 ・秋になり気温が下がる ・光合成ができなくなる ・来年に備えて葉の養分の回収を始める ・光障害を避けるためにクロロフィルを分解する ・葉が黄化(紅葉)する ・養分を回収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染の話

レイチェル・カーソン第150回学習会 期日 7月27日(木) 15時~17時 場所 北大遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目) 話題提供 中村由紀男氏 「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」 ------------- 放射能のデータは最近どんどん公開されているようです 「みん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年8月北海道豪雨の報告会

参加者が少なく、質疑応答はなかった。 講演要旨は学会のHPで公開予定とのこと。 平成28年8月北海道豪雨による地盤災害調査団 最終報告会 7月26日 14:00-17:20 場所 北大 学術交流会館 2F講堂 主催 地盤工学会 前半の部 14:00~15:30 ● 調査概要・全体被害概要と社会的影響 ● 気象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクシュコトニ川の下流部

  北大構内に流れるサクシュコトニ川はかって工学部裏まで見学したことがあったが、それより下流部はどこを流れているか知らなかった。 地質研究所前のエルムトンネルを歩いていたら、偶然川を見つけた。 このトンネル沿いの部分が北大の最下流部だろう。 この先は暗渠となって何処に流れ下っているのか不明。 トンネル沿いの歩道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水素水のシンポジウム

水素水をテーマにしたシンポジウム。 水素水を積極的に進めようとしている学者がいるとは知らなかった。 学者の集まりだからか、紳士的な対応で、他人行儀。 最後の総合パネルは聞かずに途中退席する。 2017年度 科学技術の倫理を考える特別シンポジウム 科学者は産業活動にどうコメントすべきか?~化学者がみずから決めた規範と実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山災害のワークショップ

有珠山77噴火40周年記念 中南米・日本 火山災害軽減ミニワークショップ 7月3日18:00-20:30 場所:北大理学部5-203 内容 新井田さんの「1977-78年の有珠山噴火のスライドと解説」 「中南米の噴火事例紹介 3例」 エクアドル、エルサルバドル、グァテマラからの研修員による 青山裕 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測隊帰国歓迎会

南極OB会道支部 平成29年度総会・帰国歓迎会 日時:平成29年6月2日(金曜日) 北大学術交流会館第4会議室 1)1830~18:45 総会 2)1845~19:50 JARE57越冬隊とJARE58夏隊の帰国隊員による南極談話 第57次越冬隊 隊長・樋口和生氏 「57次越冬隊の1年」   第57次越冬隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more