テーマ:北大

雲の形は面白そう

白頭山の風下側には地形性の帯状降雪雲ができる。 沿海州海岸付近の山の風下側には局地的な太い筋雲が発生し、札幌周辺に局地的な豪雪をもたらす。 台風上層吹き出し(アウトフロー)に筋状の巻雲が見られる場合がある。この時、筋に沿って高速風と低速風が規則的に並んでいる。 ---------- 低温研究所公開講座第3回 10月21日 川島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も時代の制約からは逃れられないが、事実は知りたい。

この本には知らなかったことがたくさん載っている。 ------------------------ "新渡戸(稲造)の他民族に対する軽蔑の眼差しは、台湾だけでなく、朝鮮とアイヌ民族に関する論説にも表われている。新渡戸は朝鮮を「枯死国」と称し、自力で民族を発展させることができず、日本の「世話」がなければ「消滅する運命」,「亡国」に至る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低温研公開講座

第2回目 10月7日18:00~19:30 「宇宙空間における物質進化」 講師:助教 日高宏 星間塵に多くの有機化合物があり、光化学反応でラジカルが生成し、複雑な有機分子の塊ができる。 マーチソン隕石の分析ではカルボン酸、核酸塩基、多環式芳香族炭化水素、アミノ酸(グリシン、アラニン、グルタミン酸など)、ポリアルコールなど数百種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の報告会

1年も経つと関心が薄れるのか、会場はガラガラでした。 「平成30年北海道胆振東部地震による地盤災害調査団 最終報告会」 主催:地盤工学会 共催:土木学会 日時:令和元年8月29日(木)13:30~16:35(開場:13:15~) 会場:北海道大学フロンティア応用科学研究棟2Fレクチャーホール(235席) (〒0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低温研のシンポジウム

いろいろな物質を対象として、氷期・間氷期の時代を決めるときに、一元的に決まるわけではなく、いろいろな補正をしなければならず、その補正の方法は研究者によって異なる。若い研究者がこんな分野で育っているのはうれしい。南極アイスコアの分析で、かってマイナス20度で保存していた時の試料では包有物が流失してしまい、今ではマイナス40-50度で保存し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水中カメラマン、ルネ・ウゼ(rune heuzey)さんの講演

会員以外でも、参加は自由です。 レイチェル・カーソン北海道の会 第175回学習例会のお知らせ 期日 8月22日(木)15:00~17:00 場所 遠友学舎 (北18条西7丁目) 講演者 ルネ・ウゼ(rune heuzey)のプロフィール フランスのナショナルジオグラフィックや、BBCなど海外のテレビ局に作品を提供するなど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大の隠れた歴史ツアー

8月7日当日の朝刊で紹介されたイベントで参加者は少ないと思ったが、30人程集った。 コタン跡地。納骨堂。 6月に出版された「北海道大学もう一つのキャンパスマップ」刊行記念のイベントで執筆者8人が案内役を務めた。企画はこの本の出版社の寿郎社。ツアーの出発地の北大生協書籍部の売上げはこの本がトップで60冊ほど売れているとか。3時間かけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合唱祭

雨の予想でしたが集合時点では曇りとなり、屋外で声だし。 このホールで歌うのは初めてでしたが、本番はそれなりに良かった。 曲の「ほらね、」は高齢者として歌うのが、ちょっとはずかしい。 解散時も雨が降らず、ラッキーだった。 ------------------- 札幌合唱連盟 第72回コーラスフェスティバル 75グループが参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極帰国歓迎会

第59次越冬隊の宮岡陽一隊員の報告を聞く。 宮岡さんは北大病院 消化器外科の先生。 昭和基地で発行されていた新聞を基に1年間の状況を説明していただいた。 医療担当は暇な時間が多いので、いろんな作業に駆り出される。 骨折事故は本部へ報告することになっているので、X線撮影を受けたがらないらしい。 ちょっとした凍傷は片道15分の移動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル・カーソン生誕112年のイベント

来場者はぼ100人となり、盛況裡 に終わりました。 皆さん それぞれ地道に活躍されていると感銘を受けました。 私も頑張らねば! ------------------- レイチェル・カーソン生誕112年記念「講演と音楽の集い」 日時 2019年5月23日(木)14:00~20:30 会場 北海道大学 遠友学舎 (札幌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル・カーソン北海道の会の例会

月日:5月9日15:00~17:00 場所:遠友学舎(札幌市北区北18 条西7 丁目) 第171回学習例会 ①レイチェル・カーソン生誕112年記念「講演と音楽の集い」の準備 当日の役割分担、必要な道具等の確認、DVD再生確認等々 ②話題提供 「レイチェル・カーソンに学ぶ現代環境論」の紹介 第10章 レイチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の講演

開始5分前に来たら、ギリギリ座る席にありつけたほどの盛況ぶりでした。 例年だと、この半分くらいらしい。 平成30 年度地震火山研究観測センターシンポジウム 平成30 年北海道胆振東部地震-観測から迫る地震発生のメカニズム 日時:2019(H31)3 月21 日(木・祝)13:30-16:30(開場 13:00) 会場 北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンランドの日本人

グリーンランドに住む大島トクさんを招いての講演会。 知らないことばかりでおもしろかった。 極寒の地ではゴアテックスなどでは防寒できず、自然の毛皮で作ったものが必等 イッカクの漁業権は限られた人にしか与えられていない 鳥で作る保存食はとても臭い など 杉山慎教授の話はいつも分りやすくて、すばらしい。 会場にはグリーンランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会

レイチェル・カーソン北海道の会 第167回学習例会 1月24日 学習会の後、新年会 各自1品持ち寄り:小豆ご飯、ニシン漬け、大根キューリの漬物、ワイン、リンゴジュース、ミカン、無農薬ミカン、ポリフェノール入りチョコ、お菓子など。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越守メモリアル・コンサート

学生の頃、何度か川越守さん指揮する北大交響楽団の演奏を聴いたことがあるが、卒業以来一度も聞くことがなかった。これを逃したら、川越さんに関する演奏会は聞けないと思い、聞いてきました。 観客はそれほど集っていなかったが、演奏は熱気があってよかったし、久しぶりに学生の頃を思い出した。 指揮者だけでなく、250曲ほどの作曲もされていたのは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル・カーソン北海道の会 学習例会の案内

期日 12月13日(木)15:00~17:00 場所 遠友学舎 札幌市北区 北18条西7丁目 話題提供 川村佳以知氏 内容 「急増する『乳がん』 原因と予防」 内容の項目:1)乳がんとは何か、2)乳房はどうやって発達するのか、3)乳がんはどうやって始まり成長するのか、4)性ホルモンと乳がん、5)食生活と乳がんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第60次南極観測隊壮行会

期日 H30年11月16日(金)18:00~20:00 場所 北大ファカルティハウス「エンレイソウ」第2会議室 お話:二村有希隊員 (越冬隊:北大大学院:一般研究観測) 1時間ほど、:二村(ふたむら)隊員に南極での活動予定やこれまでの経歴を話して頂き、その後近くの居酒屋で懇親会を開いた。 大学を3年休学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間

第12回北大山岳館講演会開催のお知らせ 演 題:北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間- 講 師:五十嵐八枝子(北大山の会会員・北方圏古環境研究室主査) 日 時:10月13日(土)、午後1時30分~3時30分 場 所:北大山岳館 参加費:無料 定 員:60人 講演内容: 現在は北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測隊帰国歓迎会

歓迎会は約20名、懇親会は12名が参加して行われた。 講演者、幹事の皆様 ご苦労様でした。 (越冬中の野菜栽培) 南極OB会北海道支部主催 JARE58越冬隊とJARE59夏隊の帰国歓迎会 期 日 7月17日(火)18:00~20:00 場 所 北大 ファカルティハウス「えんれいそう」第1会議室 > 帰国報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児玉医師の話

内部被曝は低線量でも有害 その機序は活性酸素の発生 これが原因で発症していると思われる病気が ベーチェット病、エイズ、糖尿病、川崎病、乳がん、前立腺ガン、ぶらぶら病、パーキンソン病、関節リウマチ、多発性硬化症、サルコイドーシス、潰瘍性大腸炎、クローン病 放射能に負けない生活とは ミトコンドリアを活性化させること その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル・カーソン生誕111年の集い

レイチェル・カーソン生誕111年の集い 日時:2018年 5月30日(水) 14:00~20:30 ◇会場:北海道大学・遠友学舎(札幌市北区北18条西7) ◇記念ハープ演奏: 14:15~15:00 「センス・オブ・ワンダー(注1)」などの美しいことばをハープの音色にのせて 演奏:若菜 直美 氏 ◇記念講演第1部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌の花

白石区の庭先のウコンかギョイコウか 遠友学舎のコリンゴ 北大総合博物館のクロフネツツジ 北大校内は新緑が美しい季節となりましたね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐竜の話

こども恐竜博士が一杯で、会場は超満員でした。 地学はフィールドワークが大事だと、あらためて感じた。 感性は現場じゃないと磨けない。 第45回サイエンス・フォーラム in さっぽろ お話 小林快次 北大総合博物館 准教授 恐竜研究最前線 in 2018 2018・4・14 14:00~16:00 札幌中央図書館 3F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合唱の練習

4月から週2回の練習が始まりました。 場所はいつもの札幌クリスチャンセンター。 木曜が1回と、隔週土日が1回と、ちゃんとできるのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギーの話

今日の講師はみな文系です 理系の人は事実を伝えることには長けているが、人の共感を得ることには下手ですね。 原発のコストが不明というのは、隠しているのではなく、本当に不明らしい。 会社の経営から考えると、事故で会社が倒産する可能性が高いことを考えると、原発はあまりにリスキーとは当然ですね。 高校でエネルギーの話をするのに役所から横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大遺跡発掘報告会

第1回北大埋蔵文化財調査センター調査成果報告会 3月17日13:00~15:30 場所 北大人文・社会科学総合教育研究棟W103 第1部 調査成果報告 第2部 山田吾郎「道央の遺跡における花粉分析の成果 第3部 埋蔵文化財調査センターで遺物の見学会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマエナガの話

シマエナガは北海道ではよく見かける野鳥らしいが、ついぞ意識して見かけたことが無かった。 鳴声を教えて貰ったので、注意してみてみよう。 シマエナガ展関連セミナー 「自然写真家と鳥類学者による小型鳥類の魅力」 日付: 2018年2月17日 1:30 PM – 3:00 PM 場所:北大総合博物館 「日本列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大合唱団第66回定演

1月20日18:30~20:30 最後のステージは時間がなく聞けなかったが、いい演奏会でした。 こんな難しい歌はOB会ではとても歌えないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙の4Dシアター

北大総合博物館1F講演室 1月20日15:30~14:00 「銀河の車窓から-一日限りの再出発」 「銀河鉄道の夜」をモチ-フとした公演 運営はポランティアスタッフ ゆっくりプラネタリを見るのは久しぶり。 帰りに折り紙のコースターを貰ったが、どうやって折るのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more