テーマ:自然

琴似の花 ツルニチニチソウ

数軒隣合った民家の庭先に咲いている 花は5弁の青紫色 長い間、この名前が解らなかったが、某ランナーのブログにビンカが紹介されていて、そこから辿った。 注意してみると、あちこちに植えられている [[「キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ(蔓日々草) ビンカ 、ツルギキョウともいう Vinca majorは学名 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園 藤が終わりかけ

弁当を持っていったが、展望台の2階ではカレーやうどん・そば類も営業している 今日は家族連れが多く、ランナーは見かけなかった 新緑の頃 オオバボダイジュ エゾハシドイ アオダモ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琴似の花 ヤマボウシ

ヤマボウシ(山法師) ミズキ科 アメリカ花ミズキの仲間 白く先端がとんがった4弁の花 特異な形状をしているから、一度見たら心に残る 花と見えるのは花ではないそう 最近ではピンク色や斑入りの品種もあるという 花ミズキに比べると耐寒性があるそうだが、逆に開花は1ヶ月以上遅く、いまがちょうど盛り 秋に稔る赤い実は食べられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地質学者としての榎本武揚

榎本武揚が地質に詳しいとは知らなかった 本人は化学には自信を持っていたらしい 明治5年(1872 年)1月6日、榎本は特赦出獄、その才能を買われて新政府に登用された。 同年3月8日、黒田清隆が次官を務める開拓使に四等出仕として仕官、北海道鉱山検査巡回を命じられた。 函舘では気象観測を開始 翌明治6年末まで道内を踏査し、報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はやぶさカプセル回収大作戦 13日23時頃落下予定

二つのニュース その1 砂漠の星くず見つけ出せ はやぶさカプセル回収大作戦(1/2ページ)  小惑星「イトカワ」に着陸した探査機「はやぶさ」が13日、7年の旅を終えて地球に帰ってくる。 大気圏で燃え尽きる前に、小惑星の砂が入っている可能性があるカプセルを放出する。 パラシュートは開くのか、落下後に見つけ出せるのか、気を抜け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最古の革靴

エッツィという5000年前のアイスマンも確か皮製の靴を履いていた。 内側に草を詰めた皮製の靴というのも同じ。 この写真もある 名前:TOY_BOx@みそしるφ ★[] 投稿日:2010/06/10(木) 10:12:07 ID:??? アルメニアの洞窟で発見された遺物の靴を調べていた国際的な考古学チームは、放射性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮沢賢治の聖地感覚

鎌田東二「聖地感覚」の冒頭に宮沢賢治の「春と修羅」の1節が紹介されている。 さうです、農場のこのへんは まったく不思議におもはれます どうしてかわたくしはここらを der heilige Punktと 呼びたいような気がします この冬だって耕転部まで用事できて ここいらの匂いのいいふぶきのなかで なにとはなしに貴いこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グアテマラの陥没

2010年5月30日、グアテマラの首都グアテマラ市の交差点が陥没し、巨大な穴が出現した。 2007年にも奇妙なほど似た穴が同市に出現している。そのときは下水道施設が破損して周囲の土壌に水が漏出したことが原因だった。 「今回もよく似た状況だ」とケンタッキー大学の水文地質学者ジェームス・カレン氏は指摘する。下水管が破損して地盤がゆるんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西野緑道は桜が見頃

土曜日 緑道を歩く 近くの小学校の運動会の終りにぶつかり、混雑していた。 ウコン ギョイコウ 普賢象 白っぽい花が美しい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメ

全国的に少なくなっていると言われているが、5月になってから庭先によく見かけるようになった。 3~4羽の時もあるが、1羽の時もある。 時々ガラガラ声で鳴くときがあり病気かと心配になる。 ゴジュウカラやシジュウガラより大胆にエサを食べる。 5月11日の道新に北大構内のデータが載っている。 夏期(6~8月)の平均数 1996年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイチェル カーソン 生誕103年記念の集い

2010年5月27日(木) 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目) トンネルのすぐ北側 13時~20時50分:入場料無料 ご自由なご参加大歓迎です。申込み不要。 主催:レイチェル カーソン北海道の会 パネルの展示:レイチェル・カーソンの生涯、ベトナム戦争での枯れ葉剤の影響、北海道の土壌汚染、札幌の水道水 映画「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日高の山菜

先日、日高の山中で仕事 ここは山菜の宝庫 ウド、カタクリ、アイヌネギ、ニリンソウ、モミジガサ、ヨブスマソウ、ハンゴンソウ カタクリもモミジガサもこれだけの群落を見たのははじめて 多くは沢沿いにあるが、アイヌネギだけは尾根沿いに集中する この場所は山菜採りには教えられない 北海道新聞のニュース ささやぶで横に体温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来種ナガミヒナゲシ急増

新潟日報2010年5月17日によると 春になると、路肩や空き地などさまざまな場所で、鮮やかなオレンジ色の花が目につくようになった。地中海沿岸が原産地の外来植物「ナガミヒナゲシ」。ここ数年で急速に分布が広がっているという。美しい花だが、繁殖力が強く、生態系を乱す恐れがあると指摘する専門家もいる。  ケシ科の一年草だが、アヘンの成分はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大山岳館での講演会

5月15日 南極OB会北海道支部 帰国隊員報告会 11:00~12:00 第51次夏隊 柏木隆宏、阿部幹雄、西村大輔、清水大輔 南極OB会北海道支部 総会 12:00~12:30 山岳館主催講演会「南極観測を支えたスピリット-探険から研究へ-北大山岳館でそのルーツに出会う」 13:30~17:00 渡辺興亜「日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改定土壌汚染対策法

改定土壌汚染対策法について詳しい解説を聞く。 解説は日本工営(株)の鈴木弘明さん 「改正土壌汚染対策法と自然由来による有害物質の課題」 1.改正土壌汚染対策法の概要 2.改正法における自然由来の扱い 3.「建設工事における自然由来重金属等含有土砂への対応マニュアル」の位置付け 4.自然由来による有害物質含有土壌の課題 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水俣病のTV

5月9日STV テレビドキュメント’10 「熊本-鹿児島-カナダ 終らぬ水俣病」 原田正純医師の活動の歴史 「長年争われてきた水俣病未認定患者の救済問題は、この春、裁判所での和解案合意や政府による救済策の受け入れによって大きく動き出した。 しかしこれは、熊本県と鹿児島県にまたがる不知火海沿岸の被害の全容と水俣病の病像の解明、つまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジラと水銀

水俣展の時、毛髪の水銀を測定してもらったことがある。 平均よりずっと少ない結果だったのでほっとした記憶がある。 これは今日の道新にも載っていたニュース 捕鯨の町として知られる和歌山・太地町で町民の体内に含まれる水銀の調査が行われ、クジラやイルカを食べる人の水銀量は、国内平均値より高いことがわかった。健康被害はないという。 太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対策費は5.7兆円以上

英石油大手BPは4日、米南部ルイジアナ(Louisiana)州沖の石油掘削基地の爆発炎上事故による大規模な原油流出事故の対策費は600万ドル(5兆7000億円)を超えるとの見通しを明らかにした。  BPは事故後1週間以上にわたりロボット潜水艇を使って、450トンもの巨大なバルブ装置を作動させようと試みている。 本来は事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みどりの日の北大植物園

みどりの日は北大植物園と百合が原公園が無料開放 百合が原公園は時々行くので、今日は植物園へ。 まだ花は少ないと思っていたが、結構咲いていた。 天気も良く、風も少なくノンビリした一日だった。 アセビ ヒューガミズキ オオバクロモジ アズマイチゲ 同名の○○○エンレイソウ 桜の中では遅いはずのチシマザク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春一番の木の花

琴似のマンションの一角の木 5弁のピンク色の花 この連休の急な気温上昇で一気に咲いた。 ニワウメ?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワ汚染

餌台を消毒する必要がある。 これまで熱湯消毒しかしていないが、不十分なようだ。 カワラヒワが初めて来た時以来、ほぼ毎日のように顔を出す。 餌台に居る時間はこの鳥が一番長い。 日本野鳥の会による消毒方法 ○餌台(バードフィーダー)の清掃は手袋着用で、作業後は手洗いを  餌台の清掃は専用の清潔な手袋を着用して行い、餌の補充な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラピストのチーズ

蜂須賀正氏「南の探検」 著者が昭和3年、フィリピンのアポ山の鳥類を主とした生物調査に行ったときの記録。 往きはアメリカのプレジデント・ウィルソン号に乗船。 ここで夕食に北海道のトラピストのチーズが出たとある。 「有名なトラピストのチーズが海外にまで進出するのである」とあるので、このチーズは既に国内では有名だったのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉緑素、酵素で緑色に

光合成に欠かせない葉緑素(クロロフィル)が緑色に変わる仕組みを、名古屋大大学院生命農学研究科の藤田祐一准教授らの研究グループが大阪大などと共同で解明した。 葉緑素が緑色になる理由は、これまで分かっていなかった。19日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。 研究グループは、暗いところでも緑色になるクロマツなどの裸子植物や藻類などに着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メスになるための遺伝子

オスとメス別に進化 証拠発見 これまで生物の基本的な形は、子孫を残すことができるメスで、オスは進化の過程でメスから生まれたと考えられてきました。 ところが東京大学などのグループがメスとオスは、それぞれ別に進化してきたことを示す証拠を初めて発見し、生物の基本的な形を見直す成果として注目を集めています。 この研究を行ったのは、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機と火山灰

北海道からアラスカにかけても100以上の活火山があり、年に5~6火山で爆発的噴火が起っている。 しかもこの区域は1日に150便以上の過密航空路でもある。 2008年5月、北大の中川さんから千島列島の話を聞いた時には本当に影響があるのだろうかと思っていたが 深刻な問題だったんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワ

寒くて風の強い日、はじめてカワラヒワが来た。 太いくちばしと黄色い羽が特長。 5~6羽の集団。 ヒマワリの種を器用に食べる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国でM7.1の地震

USGSによると Magnitude 6.9 * Tuesday, April 13, 2010 at 23:49:37 UTC * Wednesday, April 14, 2010 at 07:49:37 AM at epicenter * Time of Earthquake in other Ti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生産中の国内炭鉱

釧路コールマインのみと思っている人は多いだろう。 実は現在8箇所で稼働している。 いずれも北海道 三美鉱業(三美炭鉱) 北菱産業埠頭(北菱美唄炭鉱) 砂子組(三笠露天坑) 東芦別炭鉱 新旭炭鉱 吉住炭鉱 空知新炭鉱 釧路炭鉱(坑内炭) 年間生産量は約130万トン(このうち釧路コールマインで60万)で、自給率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメがさくらの蜜を吸う事を覚え始めた

ヒラヒラと花びらが舞うサクラの散り方に「異変」が起きている。 花の蜜を吸うことを覚えたスズメが、がくごと花を食いちぎっているからだ。 ここ数年で急増し、花がボトボトと落ちるようになった。 空き地が減り、この季節のえさになる雑草の種などが減ったことが一因とみる専門家もいる。 asahi.comのニュース 2010年4月12日7時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more