テーマ:自然

満月とエアロゾル

夕方、札幌の街の向こうに見えた月は赤い色をしていてちょっとびっくりしたが、深夜の山間の上に見える月は普通の色に戻っていた。 SPRINTARSエアロゾル予測では東北から北海道にかけて、エアロゾル(土壌粒子)はしばらく高い値を示し続けている。最近の札幌は晴天でも、いまいちくっきりと物が見えない。 (注)SPRINTARS は,大気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5と新型コロナ

週間予報です この1週間はPM2.5が高いので要注意 です。今朝、車に黄砂と思われる微粒子が付着していたので調べてみました。写真は12日18時頃の札幌。 夜空の星もやや霞んで見えます。 ------- 京都大学の工学研究科特別研究学生らの研究グループがPM2.5が新型コロナウィルスの細胞侵入口を拡大する、即ち感染を引き起こしやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月食

琴似発寒川の緑地で待っていたら、雲が多くてうまく写真が撮れない。仕方なく帰ってきたら、山の陰になってしまっていた。しばらく待つと、出てきたのでパチリ。もう月は見え始めていたけれど。 youtubeでは月食のライブがいくつも始っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26日の月食

札幌の月食の時間:ピークは20時19分。 天気予報ではこの時間は「曇り」になっている。ちゃんと見えるだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩

今日も農試公園。風が強く、肌寒い。28日 ツグミが数羽、草地を散歩している。 桜はまだ満開ではなく、手稲の残雪もまだまだ多い。 カラスは巣造りに忙しく、口いっぱいに木っ端を咥えている。 ちょっと大きめのマツボックリ。 明日は畑おこしをしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雨による濁流

久しぶりの大雨のため、琴似発寒川の支川、左股沢川の宝来橋から撮った写真です。褐色の濁流となり、怖いほどの迫力があります。18日17時頃撮影。 最近、全国の橋の名前が分る地図が公開されて、便利になりました。https://info.qchizu.xyz/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が積る

今日の雪は午前中に融けたが、手稲山に積った雪はまだ消えない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラとカワラヒワ

ヤマガラが来ると,カワラヒワは席を譲る。今日は天気がいいので、冬囲いを解く。手稲山を観るとpn2.5も黄砂もないはずなのに、ぼやっとしている。濃度は薄いけれども、まだ黄砂は残っているのだろうか。それとも春霞というものかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月のかさ

満月の夜の月暈。こんなに雲が厚くてもかさと呼んでいいんだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類最古の物語?

Gigazineのニュースです。(以下 抜粋) 「すばる(昴)」こと、おうし座の散開星団「プレアデス」は、「六連星」として知られています。これは、望遠鏡で見るともっと多くの星が見えるものの、肉眼ではだいたい6つに見えるためです。しかし、過去にははっきりと「七連星」に見えていたのではないかという見方を天文学者が示しています。 ウエスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の積雪

五天山の近くで22cm。 札幌市の公表値(1月7日10:00~8日9:00の降雪量) 北区あいの里 9cm 西区西野 14cm 手稲区 17cm 北区太平 18cm 西区平和 19cm 豊平区 20cm 南区S31W8 21cm 清田区 24cm 中央区 24cm 南区定山渓 30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲の衛星写真

2020年12月31日11時30分の写真 「最強寒波の影響で、31日も日本海側を中心に、大雪への厳重な警戒が必要です。」最強と言われてもなーー。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月

12月の満月はcold moonというが、撮影中はほんとうに寒かった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彗星の尾は二つある

太陽風が吹いていることは、1958年にルードヴィッヒ・ビアマンによって、彗星の尾の観察から予言されていた。(証明されたのは1962年の金星に向けて打ち上げられたマリナー2号探査機による観測による)彗星の尾は二本出ているが、その一本はイオンで、太陽風の圧力を受けて勢いよくまっすぐ流されている。もう一本はダストの尾であり、太陽風は感じずに彗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

rainbow(虹) と fogbow(白虹)と二・二六事件

虹は水滴の大きさで見え方が変る。水滴の半径が0.5~1mmと大きければ、紫や緑、赤がはっきり見えるが、青色は薄くなる。水滴が小さくなるにつれて赤は薄くなり、半径0.1~0.15mmでは赤は見えなくなる。そして水滴が半径0.03mmで白みを帯び、0.025mm以下(霧)になると色が分かれなくなり、白く明るい半円が見えるようになる。これを白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発寒川緑地を歩く

広葉樹の葉はまだ少し残っている。 ここでカモは珍しい。 近くの高校生がタスキを掛けて練習中。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米のハリケーン被害

中米ではハリケーンによる大雨の影響で、各地で洪水や地滑りが発生し、グアテマラやホンジュラスなどで、これまでに合わせて70人以上が死亡しています(NHK11月6日)。ホンジュラスには以前から地すべり対策で援助がなされているようです。 ホンジュラスは歴史的にニカラグアと並んで中央アメリカでもっとも貧しい国であり、西半球で10番以内に貧しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷とひょうとあられ

朝方、雷の音で目が覚めた。大粒のひょうがすごい勢いで降ってきた。一度は止んだが、雷は続き、小粒のあられがまだ2時間以上降り続いている。これだけ、雷が続くのは久しぶりだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌は初雪

早朝はかなり積ったが、昼過ぎには僅かに残るのみ。蟠渓スキー場のゲレンデは真っ白。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

層積雲

14日夕暮れの層積雲。畝雲ってこれかな。手稲山は雨が近いかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火星の写真

10月8日23時50分頃。 火星のすぐ上をほぼ水平方向に魚座が横たわる。その左上に牡羊座が、下の方にくじら座が見える。魚座と牡羊座の間に天王星が、右端には海王星が小さく見える。右上の明るい星二つは秋の大四辺形の一角です。久しぶりに雲の無い夜空だったので写真を撮った。ストーブをつけ始めた札幌にて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画面左端に虹の一部が見え始めた。しばらく見ていると上へ伸びていく。そして半円状に伸びて右下へつながった。そして、左下部からゆっくり消え始めた。その間約10分。虹の生成から消滅まで見たのは初めてだ。上の写真はつながり始めで左が濃い(カメラ)。下の写真は左から消え始めるときで右が濃い(スマホ)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more