テーマ:旅行

ビザールなエゾの地図

"日本の中央政権は、一千年以上にわたって、本州のすぐ北に見えるエゾが島をのぞこうともしなかった。<中略>もう一度あえていうが、津軽からすぐ目の前に見えるエゾ地の全体を探索しようとする人がわたしたちの先祖にいなかったのは、なぜだろうか。<中略>しかし、ともあれ日本人は、みずからの国土、およびみずからの周辺の土地について、他者に向けて発信す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 9月分

9/28 ロック・イン・リオが開幕=若手・大御所そろい踏みで計7日間 9/28 最高裁=「LJの判決変わりうる」多数=VZ報道がモロに影響=ルーラの釈放もありえる? 9/28 アマゾン火災問題で、食肉業者がボイコット危惧=「違法伐採地の家畜は使わず」と主張 9/28 北東8州の海岸に原油が漂着=生態系を汚染、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕張シューパロダム

ダムの完成までは何度も通った場所だが、トンネル完成後は風景が一変して知らない土地に来たような気がした。三弦橋の見学会は23日だが、その日は台風が来るというので前日に行った。三弦橋は道路が通行禁止(落石)でざんねんながら見えなかったが当時の記憶が蘇ってきた。近くの道の駅でダムカード(バス通行券)をもらって帰る。 夕張岳 水没した橋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 8月分

8/31 ブラジル産大豆の不買示唆=世界的なサケ養殖業者(ノルウェイ)がアマゾン理由に 8/31 違法伐採=パラー州の農園主を逮捕=麻州でも衛星使った摘発続く 8/30 連邦政府がアマゾンでの焼畑禁ずる=国際的な批判への対応策-60日間 8/30 総人口は2億1千万人 8/30 サルバドル(Salvador)のビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 7月分

7/31 基本金利を年率6%に引き下げ 7/31 環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ 7/31 ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味 7/30 日本との経済連携協定締結に意欲=10月ボウソナロ大統領訪日で新展開か 7/30 国家中枢がハッカーの標的 7/30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルニュース 6月分

6/29 “川の王”は食用禁止に=パンタナルのドウラード 6/29 サンパウロ州=免許更新はネットでOK=登録事項に変更があれば別 6/28 ブラジル空軍=パイロットが大量のコカイン所持=スペイン当局に拘束 6/28 ブラジル中銀=GDP成長予測を下方修正=2%から一気に0・8%へ 6/28 リオ=大物マフィア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 4月分

4/30 サンバのマドリーニャ(代理母、後見人)・ベッチ・カルヴァーリョ72歳死去 4/30 女性殺人が76%も増加=その他の犯罪減少の中で=10件中8件は自宅で発生 4/30 家賃インフレ=4月は0・92%を記録=直近1年累積は8・64% 4/29 ブラジルで男性モデルがショーの最中に急死か 死因は明らかにされず …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手山

岩手山だろうか。飛行機から見るときれいな火山です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県で3回忌

無事終了しました。その後、甥を見舞に鴨川にある大きな病院へ行く。手術はうまくいったようでひとまず安心した。病院の前はサーフィンを楽しむ人が大勢いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司港レトロ

壇ノ浦や巌流島はなぜか瀬戸内海にあるとばかり思っていた。 しかもこれらの個所は意外と近いことも初めて知った。なんで間違って覚えていたんだろうか? 31階展望台からの眺めはすばらしい。 壇ノ浦 巌流島 うこんという名前の桜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉城

小倉に始めて来た。お城や水辺空間の配置が素晴らしい街だ。 大きな石垣。 鳥と犬 上部の石垣は補修跡かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉の夜景

若戸大橋の美しい夜景 レンタカーのカーナビが橋の近くで実道に会わず、橋をなかなか渡れなかった。 小倉駅の構内に最近できた集合居酒屋の一角で食事。どこのお店も満席に近い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震断層

熊本地震の断層を1日見て歩いた。 復興も大分進んでいる。いくつかは天然記念物として保存されている。 益城町 あぜ道の横ずれ  階段の横ずれ 阿蘇の東海大キャンパス(立ち入り禁止) 阿蘇では不通の道路がいくつも残されている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 3月分

3/30 為替(レアル/円)、3月30日現在 R$1=28.25 3/30 「エルサレムにはブラジルの商務事務所を」=ボウソナロ大統領が弁を翻す 3/30 失業率が12・4%に上昇=就職諦めた人は史上最高に 3/30 全国で小児性愛者137人を逮捕 サンパウロ総合大学の学生も 3/29 デフォルト企業5%増加 経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 2月分

2/28 デング熱感染 ブラジル全体で149%増加 すでに5人が死亡 2/28 《リオ州》カブラル元知事「金と権力の亡者だった」=遂に自身の汚職を認める 2/27 ホンダ新工場(サンパウロ州中東部の町イチラピナ)ようやく稼動 まずは「フィット」 2/27 18年の他殺犠牲者5.1万人(13%減) 増加は3州のみ、他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小樽のウィングベイ

祭日の夜7次頃にウィングベイに行ったが、お客さんが少ない。 店舗も行くたびに変っているような気がする。 レストラン街もほとんどがすでにクローズしていて、入れるお店はわずか数店のみ。 観光客の数は小樽市の統計を見ると増えているので、ウィングベイへのアクセスがよくないだけなのだろうか 「雪明りの路」は地元の話によれば例年より少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンランドの日本人

グリーンランドに住む大島トクさんを招いての講演会。 知らないことばかりでおもしろかった。 極寒の地ではゴアテックスなどでは防寒できず、自然の毛皮で作ったものが必等 イッカクの漁業権は限られた人にしか与えられていない 鳥で作る保存食はとても臭い など 杉山慎教授の話はいつも分りやすくて、すばらしい。 会場にはグリーンランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小樽の「雪明りの路」

-5~6°の気温の中、小樽のローソクの明りを見に行く。 札幌の雪まつりに比べると、市民の手作り感が圧倒的でいかにも地元のまつりという雰囲気がすばらしい。 エレクトンの屋外演奏は鍵盤に当る指が冷たそう。いじめを観ているようで楽しめなかった。 屋内でもミニコンサートが開かれている これは「忍路(おしょろ)」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 1月分

1/31 失業者11万人減 1219万人に 非正規と自営業が増加 1/31 ヴァーレの減産 ブラジルの貿易に20億ドルの影響 :350人以上の死者と行方不明 1/30 郵便配達への苦情14%増加 ネット通販拡大の副作用か 1/30 マレーシアがブラジルの牛に市場を開放 1/30 リオの1月 ここ97年間で最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのダム事故:続報

【1月30日 AFP】ブラジル南東部ミナスジェライス(Minas Gerais)州ブルマジーニョ(Brumadinho)近郊で25日に発生したダムの決壊事故で、当局は29日、ダムを所有する鉄鉱石世界最大手バーレ(Vale)の責任明確化に着手した。事故では少なくとも65人が死亡し、不明者279人の生存も絶望視されている。  同州検察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意識をいかにコントロールするか

”無意識をいかにコントロールするか。これはやり方を誤ると、暴走を始めてしまう。無意識をコントロールする最上の方法は自然の中に身を置くことで、それが仏教の教えなんです。だから、お釈迦様も菩提樹の下で瞑想したわけです。 <中略> 自然に近いところで住んでいる人は、”ここから先は入れない”という場所、聖域をもって生活できるわけです。そうす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 12月分

12/28 米国追従に3分の2が反対=次期ボウソナロ政権は、発足前からラブコール 12/28 サンパウロ市=レヴェイロン今年も開催=ブラジル音楽史の大物2人が中心 12/27 干ばつの影響3800万人に=洪水や浸水の被害者は300万人 12/27 サンパウロ市最大の繁華街で同性愛者殺害=夫や友人の見ている前で 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モナーク蝶が激減

モナーク蝶はレイチェル・カーソンのシンボルになっている。 餌となる植物が激減したことなどからモナーク蝶も絶滅の危機に追込まれている。 -------------------------------- ■北米を数千キロにわたって大移動するオオカバマダラ、西部個体群は86%減少 オオカバマダラというチョウは、毎年秋に大移動をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more