テーマ:生態

リスのアイヌ語

地下鉄円山公園の地下通路にリスの写真が展示されている。12月の「クマづくしの1日」でアイヌ語の研究者がアイヌ語の名前の付け方は日本語と違うという話をされたのを思い出した。シマリスは地図を持つもの(縞模様を地図に例える)、エゾリスは呪術を使うものという。エゾリスに見つめられると不幸になる(邪視のことか)ので、こちらもにらみ付けないといけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も野鳥が多い

シジュウガラ、ゴジュウガラ、カワラヒワ、コガラ、ヤマガラ、スズメが絶え間なくやって来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥の餌場

ひまわりの種を置いていると、多くの鳥がやってくる。 シジュウガラ、ゴジュウガラ、コガラ、すずめ、ヒヨドリ、アカゲラ。 昨年、丸く団子状に固めたものを買って置いたが、アカゲラだけが反応した。 今年はなぜか、すずめも好物と思い始めたようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クマづくしの1日」

朝10時の開始時間にはすでに広い会場がほぼ満席状態で、若い人が多かった。ヒグマの話は誰もが知りたいことの表れでしょうね。 12月8日10:00~16:30 場所:札幌エルプラザ3Fホール 主催:ひぐまの会 参加費:無料 内容 ヒグマ・フィルムフェス(5)、クマの語り部ミニレクチャー(5)、クマ笛コンサート(ホラネロ)、落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべての物質は毒物である

1・毒の定義は中世のパラケスススから変わっていない すべての物質は毒物である、毒物でないものはない。正しい容量のみが毒と薬を分ける。 2・ヘビードランカーの脳エネルギーはブドウ糖ではなくて、アルコールが体内で代謝した酢酸である。 3・害虫駆除を目的としてオーストラリアに持ち込まれたオオヒキガエルを食べたワニが大量に中毒死した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独な荒野のオオカミ

” 川村湊:津島さんは自分の先祖はオオカミだと思っていたのかもしれません。しかしそのオオカミもまた、チンギス・ハンのような蒼きオオカミ、格好いいオオカミではなくて、何かもうちょっとはずれたような、決して強いオオカミではない。孤独な荒野のオオカミ。そういうオオカミに対するトーテミズムのようなものが津島さんの文学の根にあるのではないかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾクロテン

伊達市蟠渓で斜面を登っていると、大量のシカの糞が見つかる。近くの人にシカは出ませんかと聞くと、シカは見ないがテンはよく見るらしい。エゾクロテンだろうか。無人になった池の魚を狙ってやってくるのだそう。この日の羊蹄山と夕焼け。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬眠の講義

シマリスは冬眠し、エゾリスは冬眠しない。 小型哺乳類の体温は冬眠時に外気温近くまで低下する。 心拍数は1/40程度まで減少。 数日単位で中途覚醒を繰り返す。 冬眠期の主要エネルギーは白色脂肪。 冬期うつ症と冬眠には共通のメカニズムがあるという仮説がある。 -------------- 冬眠する哺乳類のからだの秘密を探るー遺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大のイチョウと黒い動物

獣医学部の前に黒い動物がいたが、これは何だろう。 1日に見に行ったが、もう葉が散り始めていた。ちょっと遅かったかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリフネソウの仲間

ゲンペイツリフネソウ又はハナツリフネソウという 花で、ツリフネソウとは種が違うらしい。イオン発寒店の近くで撮ったが、この花を見たのは琴似の庭先に次いで2箇所目。きれいな花だから、もっとありそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神樹の実

神樹(またはニワウルシ)の赤い葉のようなものが何か気になっていたが、実らしい。遠目にもはっきりと判る色なので今の季節に特別に目立つ。この木は大木になり、実の前に出来る花はきれいらしいが小さいため、まだ意識して見たことがない。実は初めは黄緑色であり、赤くなり、冬には白くなって風に吹かれて散らばっていく。繁殖力の強さによって嫌われものらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッコウクジラの話

フランスのカメラマンのルネ・ウゼ(rune heuzey)さんのすばらしい映像と奥様でソプラノ歌手である山本由紀美さんの通訳と映像に合わせた歌声を3時間楽しめました。ルネさんは環境保護の団体を立ち上げ、小中学校を廻っては啓蒙活動などを行ったり、プラスティックをできるだけ使わないような製品を作ったりしているそうです。マッコウクジラの最大の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合が原公園

14日、いい天気だったので、公園へ散歩に出かけた。この時期は花の種類は少ない。水鳥のバン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家でカミキリ虫を見る

https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/006/732/80/N000/000/000/156492107592056471266-thumbnail2.jpg?1564921275574わが家でカミキリ虫を見つけたのは初めてだ。ノコギリカミキリの仲間だろうか。札幌市西区の住宅地にて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイオウカイザイク

ルスツの道の駅で買った苗に花がやっと咲いた。 花の名前を忘れたので、スマホにGreenSnapというアプリを入れ、写真を深夜に投稿した。すると5分足らずで解答が届いた。便利な世界になったものだ。帝王貝細工の意味らしい。別名はムギワラギクで英語名(strawflower)の直訳とか。まめに水やりをしないと葉がしおれてくる。30°を超える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切るに切られない

発寒川に面した駐車場にて。https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/006/732/80/N000/000/000/156233600554444745995-thumbnail2.jpg?1562336188949
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手風琴

倶知安町比羅夫の国道沿いにある中華レストラン ずいぶん久しぶりに入る 食事後、手入れされた庭を拝見する 最近よく釣鐘水仙を見かけるが、そうとう種が飛んでいるのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園

2日は天気が良いせいか、駐車場はほぼ一杯だった。藤の花がちょうど満開。カモは2羽のみ。森の中を歩くのは気持が良い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗と種植え

今年は苗4種、種4種を植えたが、どうなるだろうか。 苗用の風よけセットが半額の100円で売っていたので、4セット購入した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

札幌市中央区マロニエ通りの街路樹ベニバナトチノキ。今年も咲き始めています。 6月2日。星空撮影のために買ったPentaxKPで撮影。機能が多すぎて、まだ使いこなせない。すべてオートで撮影。画質は約1/100に圧縮して表示。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花

マルメロの花 テッセン ツリガネスイセン シャクヤク ボタン キングサリ 遅そ咲きのドウダンツツジ 札幌市西区にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮丘公園

西区西野にあるみやのおか公園。 クマ出没のニュースの前は植物の専門家の話を聞きながら歩いたことがある。 季節によってはたくさんの種類の花が咲いている。 今年も熊が出没しているという表示が出ている。 何人ものランナーがこの表示の前で引き返していく。 クロスカントリーコースとしてはいい傾斜のようだ。 ここは手稲山に続く丘陵地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイリントキソウとアツモリソウ

頂き物のタイリントキソウとアツモリソウに美しい花が咲きました。 タイリントキソウ アツモリソウ タイリントキソウは球根性のランで、トキソウとは別種らしい。 アツモリソウはラン科のなかでも花が大きく美しいため、「野生ランの王者」とか、栽培が難しいため「幻の中でも幻の花」と呼ばれているらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園

前田森林公園にギョイコウがあるというので見に行く。 野球場の横はめったに通らないので、知らなかった。 もう満開になっていて、緑色は僅かに残っているのみ。 公園で咲いているのは八重桜、ライラック、たんぽぽくらいか。 多くの樹木は若い葉を付け始めていて、それだけ見ても飽きない。 まだ散歩する人の数は少ない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more