テーマ:生態

手風琴

倶知安町比羅夫の国道沿いにある中華レストラン ずいぶん久しぶりに入る 食事後、手入れされた庭を拝見する 最近よく釣鐘水仙を見かけるが、そうとう種が飛んでいるのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園

2日は天気が良いせいか、駐車場はほぼ一杯だった。藤の花がちょうど満開。カモは2羽のみ。森の中を歩くのは気持が良い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗と種植え

今年は苗4種、種4種を植えたが、どうなるだろうか。 苗用の風よけセットが半額の100円で売っていたので、4セット購入した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

札幌市中央区マロニエ通りの街路樹ベニバナトチノキ。今年も咲き始めています。 6月2日。星空撮影のために買ったPentaxKPで撮影。機能が多すぎて、まだ使いこなせない。すべてオートで撮影。画質は約1/100に圧縮して表示。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花

マルメロの花 テッセン ツリガネスイセン シャクヤク ボタン キングサリ 遅そ咲きのドウダンツツジ 札幌市西区にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮丘公園

西区西野にあるみやのおか公園。 クマ出没のニュースの前は植物の専門家の話を聞きながら歩いたことがある。 季節によってはたくさんの種類の花が咲いている。 今年も熊が出没しているという表示が出ている。 何人ものランナーがこの表示の前で引き返していく。 クロスカントリーコースとしてはいい傾斜のようだ。 ここは手稲山に続く丘陵地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイリントキソウとアツモリソウ

頂き物のタイリントキソウとアツモリソウに美しい花が咲きました。 タイリントキソウ アツモリソウ タイリントキソウは球根性のランで、トキソウとは別種らしい。 アツモリソウはラン科のなかでも花が大きく美しいため、「野生ランの王者」とか、栽培が難しいため「幻の中でも幻の花」と呼ばれているらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田森林公園

前田森林公園にギョイコウがあるというので見に行く。 野球場の横はめったに通らないので、知らなかった。 もう満開になっていて、緑色は僅かに残っているのみ。 公園で咲いているのは八重桜、ライラック、たんぽぽくらいか。 多くの樹木は若い葉を付け始めていて、それだけ見ても飽きない。 まだ散歩する人の数は少ない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい苗

連休最後の日に友人宅で珍しい苗をたくさん頂いた。 彼の庭はもう鉢だらけで、自分で掛合わせて新種を作ったり、丹精込めて芽を増やしたりしている。 大きな鉢は手作りらしい。 どんな花が楽しみだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チシマザクラ

手稲区中の川沿いのさくら並木です。根元から枝分れしているところを見ると、千島さくらのようです。4月29日撮影。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物園

お目当てのシロクマは爆睡中で全く動かず、水中の動作は見ることが出来なかった。 天気のいい日で良かったが、早く風邪を何とかしなくては!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観葉植物の植え替え

今日は5時間かけて、室内の観葉植物約10鉢を植え替えた。 鉢も土もすべて入替えた。 土や肥料は前日に合わせて5袋購入した。 これで元気がなくなった植物も、元気になるだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ

近くの集合住宅の草地にスズメより大きな鳥を見つけた。 ツグミだろうか。4月8日撮影 札幌市西区にて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウモリの話

コウモリ調査報告会 場所 札幌市円山動物園内の動物科学館 月日 3月24日13:30~15:30 親子の聴講が多くて、満席状態、進行が悪いせいか、30分延長で2時間となった。 動物園では8年前から札幌市内でコウモリの調査を行っている。 これまでに10種類を見つけることが出来た。 採集はかすみ網を用いている。 居るかどうかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シメとカワラヒワ

どちらも今年はじめての来訪です。 今日は久しぶりに雪が降っています。札幌市西区にて。3月22日撮影。 カワラヒワはシメに勝てないようだが、それでも挑戦している。 カワラヒワ シメ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカゲラの来訪

今年になって、何度かアカゲラが来るようになったが、なかなか写真が撮れなかった。 1日に何度も来ているようだ。 アカゲラがいるとヒヨドリやヤマガラは餌場に近づけない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「くまが奏でる地図、万華鏡に潜む地球」展

岩石薄片の顕微鏡写真展とヒグマのDNAを音響化したもの。 科学は芸術に転訛できるいい例かも。 旧永山邸は初めてで、記念に1階のカフェで不思議なホットオランジェットというのを飲む。 --------------------------- 2月 9日(土)~ 18日(月)09 : 00 - 21 : 00(旧永山武四郎邸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンランドの日本人

グリーンランドに住む大島トクさんを招いての講演会。 知らないことばかりでおもしろかった。 極寒の地ではゴアテックスなどでは防寒できず、自然の毛皮で作ったものが必等 イッカクの漁業権は限られた人にしか与えられていない 鳥で作る保存食はとても臭い など 杉山慎教授の話はいつも分りやすくて、すばらしい。 会場にはグリーンランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生物多様性フォーラム

札幌のカラスやコウモリの生態の話は面白かった。 札幌のコウモリは18種類もいて、日本で最大とか。 昼間は枯葉などにくるまって寝ているらしい。 札幌に自生のホタルがいるのも知らなかった。 2月13日(水曜日)13時30分~16時00分 札幌市民交流プラザ2階SCARTSスタジオ1、2(中央区北1条西1丁目) 入場料 無料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モナーク蝶が激減

モナーク蝶はレイチェル・カーソンのシンボルになっている。 餌となる植物が激減したことなどからモナーク蝶も絶滅の危機に追込まれている。 -------------------------------- ■北米を数千キロにわたって大移動するオオカバマダラ、西部個体群は86%減少 オオカバマダラというチョウは、毎年秋に大移動をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自然」と「環境」は似て非なるもの

「熊を夢見る」より 「生物多様性」も「環境」同様、防腐処理を施された「自然」であって、「自然」を見くびって管理できると思っている言葉です。 熊を夢見る【電子書籍】[ 中沢 新一 ]楽天Kobo電子書籍ストア <p>詩的空間の原型としてのサーカス、アニミズムという対称性の思考、日本の芸能を貫くラディカルさ── 楽天市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルヴァリン

ウルヴァリンってのはヨーロッパ・アジア・北米大陸の北部にいる最強のイタチ科です。イタチの仲間の中ではかなり大型で、オオカミの餌を横取りしたりクマだって撃退しちゃいます。自分より5倍は大きいヘラジカだって襲っちゃいます。とにかく獰猛且つ超凶暴。「小さな悪魔」と呼ばれてるそうです。日本にはいませんが、和名を「クズリ」と言います。 映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

20日に初雪が申訳なさそうに僅かに降った。 今日21日朝には積雪状態になっていたが、昼には融けてしまった。 今は雨になっているが、夕方から雪になるらしい。 雪かきの道具を用意しなくては! いつもはスズメが多いのに、今日はシジュウガラが来ている。 マルメロの実はすべて落ちてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十月桜

千葉で十月桜が満開でしたが、こんな名前の桜があることさえ知らなかった。この校内には珍しい木が多い。 春は桜の名所らしい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマネギの漬物

漬物で有名な歌志内の道の駅ではいろいろな漬物を売っている。 タマネギの漬物は初めてなので購入してみた。 酒粕の香りとタマネギの甘さがじつにいい。 これは道の駅に植えられているハーブ。チェリーセージの仲間かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人体にマイクロプラスティック、初の報告

避けられない事態が明るみに出た。マイクロプラスチックはすでに鳥、魚、クジラの体内から発見されており、それが人間の中からも見つかったというのは、決して意外なことではない。具体的にどこから見つかったのかといえば、びろうな話になるが、ある予備的研究に協力した8人の糞便からだ。この結果は、10月23日に欧州消化器病学会で、オーストリア、ウィーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のカメムシは変っている

札幌市の五天山の近くに住んでいるが、いつもはちょっと大きめのクサギカメムシが発生していた。 今年はアブラムシを小型にしたような小さな虫が大量に発生している。 調べてみるとこれもカメムシの仲間で、スコットカメムシというらしい。 背中に白い部分があるのが特徴とか。 動きが速くてなかなか捕まえられない。 カメムシは寒さに弱い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリカブト農家

伊達から倶知安へ向う途中で、畑にトリカブトを栽培している所を見た。 トリカブトは猛毒で知られているが、これを薬草として栽培している所がある事を初めて知った。 ネットで調べると、道内で栽培面積の大きい薬用作物ではセンキュウに次いで2位(27ha:H24年調べ)とあるので、私が知らなかっただけのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more