モミジガサの探し方

アクセスカウンタ

zoom RSS 1970年代半ば以降、明らかにIQが低下している

<<   作成日時 : 2018/06/22 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

低線量の内部被曝のせいだろうか
-----------------------------

ノルウェー男性の徴兵制データを分析すると、1970年代半ばに知能指数がピークに達し、
それ以降、明らかに低下していた

「人間の知能指数(IQ)は、年々、上昇し続ける」。
この現象は、ニュージーランドオタゴ大学のジェームズ・フリン教授が1984年の研究論文で初めて示したことから
「フリン効果」と呼ばれている。

フリン教授はこの研究において「1978年のIQは1932年に比べて13.8ポイント高くなっており、
IQは、1年あたり0.3ポイント、10年ごとに3ポイント上昇している」と明らかにした。

しかしながら近年の研究結果では、「フリン効果」とは真逆に、
「年々、IQが低下する」という「負のフリン効果」が示されている。

■1970年代半ば以降、明らかにIQが低下している

ノルウェーのラグナー・フリッシュセンターの研究プロジェクトは、
2018年6月11日、学術雑誌「米国科学アカデミー紀要」において、
「フリン効果は1970年代半ばにピークに達し、それ以降、明らかにIQが低下している」との研究論文を発表した。

この研究プロジェクトでは、1962年から1991年までに生まれたノルウェー男性73万人以上を対象に、
徴兵制データから抽出された18歳または19歳時点のIQを分析した。
その結果、「フリン効果」は1975年以後に転換期を迎えたとみられ、
IQは世代ごとに7ポイント低くなっているという。

この研究プロジェクトは、血縁関係にある家族内での「フリン効果」についても調べた。
これによると、父よりも息子、兄よりも弟というように、親子や兄弟でも「負のフリン効果」が認められたという。

■「負のフリン効果」をもたらしている要因

では、「負のフリン効果」をもたらしている要因は、いったい何なのだろうか。

英アルスター研究所が2016年10月に発表した「負のフリン効果」に関する文献レビューでは、
その原因として移民や男女比などが指摘されていたが、
この研究結果では、IQの低下と遺伝子や環境要因との因果関係を示すものは見つかっていない。

このほかの要因としては、ライフスタイルの変化や、子どもへの教育手法、
子どもの成長プロセスなどが挙げられている。
また、既存のIQテストが、現代の教育や若者のライフスタイルを十分に考慮しておらず、
現代人の知能を正しく定量化するのに適していない可能性もあるだろう。

いずれもせよ、まずは「負のフリン効果」を引き起こしている要因を明らかにすることこそ、
フリン効果を再び負から正に転換させる第一歩といえそうだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/06/iStock-francescoch861553788-thumb-720xauto.jpg
ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/20-50.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1970年代半ば以降、明らかにIQが低下している モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる