ブラジルのニュース 6月分

6/30 リオ市、露店やヘアサロンが営業を再開 6/30 工業の信頼感指数が上昇=過去最大の16ポイント 6/30 セルトンを農業地帯に=疎水工事の北部支流が開通 6/30 6月祭りの会場で集団殺人=銃乱射で10歳女児ら5人が死亡 6/29 “ストップ・ボウソナーロ”キャンペーン、路上とSNSで行われる …
コメント:0

続きを読むread more

ズッキーニ

今年、初めてズッキーニを植えた。トマトやキューリに比べたら、葉の成長がかなり早い。何カ所かの畑で異常に大きな葉を見たことがあるが、これがそうだったんだ。一部の実が腐り始めている。調べてみると、受粉がうまくいかないときは実が腐るらしい。蜂や蝶が少ない場合は人工授粉が必要らしい。やり方は「晴れた日を選んで、その日に咲いた新鮮な雄花を選び、で…
コメント:0

続きを読むread more

「ホドロフスキーのサイコマジック」

久しぶりに映画館で映画を見る。観客は10人弱。 ”「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法である。本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルで水銀汚染 拡大、そしてコロナも

ロイターニュースより抜粋 ブラジルの先住民族ヤノマミ族が暮らすアマゾン熱帯雨林の中心部で過去5年間、違法な金の採掘が急増している。 彼ら、彼女らが数世紀前から暮らしてきた原生林の地下には、金を含む貴重な鉱物資源が眠っている。 ここ数十年というもの、金を求める非合法の探鉱者らがこの地に引き寄せられ、森林を破壊し、河川を汚染し、死に至…
コメント:0

続きを読むread more

勇払油ガス田で新たな原油生産

【苫小牧】石油資源開発(東京)は26日、苫小牧市の勇払油ガス田で、新たに地下1400メートルの比較的浅い地層から産出した原油の商業生産を始めたと発表した。日産200キロリットル、年間生産7万3千キロリットルを計画し、全体の生産量は現在の約2・5倍に増える見通し。  原油はこれまで地下3840~4850メートルの深い地層から産出してきた…
コメント:0

続きを読むread more

デクノボー

今福龍太は知らない世界を紹介してくれるが、いつも難しい。「宮沢賢治 デクノボーの叡智」は表面的にはすんなり読めるが、文学的修辞の裏で主張したいことの本意が分らないので、何かもどかしい。すばらしくいい本であることは間違いないんだけれど。こんな文章がある。私は、賢治とともに、人間が「われわれ」の論理から脱して、愚者の共同体の本当の故郷がある…
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手7

黒いワシ / 岡山加代子 長谷川きよし - 「愛の讃歌」 行かないで♪acco 草笛光子 バラ色の人生 パリ祭/上月 晃 18歳の彼(岩下志麻) ちあきなおみ Chiaki Naomi - それぞれのテーブル (1981) 深緑夏代さん 晩年のステージ『生きる』87歳
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手6

美川憲一 - サンジャンの私の恋人 さとう宗幸 昔きいたシャンソン 美空ひばり 港シャンソン プレジャンの舟唄(三根耕一)ディック・ミネ モン巴里(昭和4年)、日本初のシャンソン 日本シャンソンの夜明け
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手5

二葉あき子 - 巴里の夜 梓みちよ 麻美れい 青木裕史 斎藤晴彦 川井郁子 加藤登紀子 林 隆三 本田美奈子 巴里の屋根の下 (昭和6年)田谷力三 時計 菅原洋一 枯 葉   阿川 泰子 allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope;…
コメント:0

続きを読むread more

戦前の淡谷のり子

戦前の淡谷のり子のきれいな歌声が残っていることを知らない人は多いかもしれない。youtubeからダウンロードして車の中でときどき聞いています。探せばたくさん見つかります。 十月の唄(昭和9年) バンドネオン寄せて(昭和13年) ドンニャ・マリキータ(昭和10年) 街の灯(昭和9年) あこがれのキャロライナ(昭和11年) シ…
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムはコロナの死者ゼロ

ベトナムでは感染者も少なく、死者もゼロなどコロナの被害が少なく、今年の経済成長率が世界最高水準に達しようとしている。 世界的に貿易が落ち込む中で、サプライチェーンの「脱中国化」を進め、米中の政治的対立に巻き込まれたくない企業にとって、 頼りがいのある国に見えるだろう。コロナ危機の最大の勝者は、ベトナムになりそうだ。 ベ…
コメント:0

続きを読むread more

古い歌

刈干切唄/桃山晴衣&M・タブリジ=ザデー6月22日は桃山晴衣さんの生誕日。桃山 晴衣は三味線シンガーソングライター。本名鹿島晴江。東京生まれ。 6歳より三味線を習い始める。古曲宮薗節を継承しながら、家元制に縛られた邦楽の中で生きるのではなく、うたと、歌が生きている情況そのものを創造することに努めた(wikipediaより) 鬼の女の子…
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手3

新倉美子:ドミノ フランク永井・松尾和子/メランコリー・It's been a long long time 五木マリ パダンパダン 笠井美幸 古きパリの岸辺で 群衆 藤井レイ子 布施明 Que Nadie Sepa Mi Sufrir 群衆”  岸洋子 市村正親 沢田研二
コメント:0

続きを読むread more

豪華なヤマボウシ

西野神社の近く。花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片そうほうへん(花のつけ根の葉)とか。本来の花は四枚の白い総苞片の真ん中につぶつぶ状(頭状花序)にある。ヤマボウシ(山法師、山帽子)の名は、頭状花序を僧兵の頭に見立て、また白い総包片を頭巾に見立てて、白い頭巾をかぶった山法師を連想することから。
コメント:0

続きを読むread more

サウダーデ

BSムレミアム空からクルージング特別編「ポルトガル・世界遺産を巡る旅」を見る。この番組の中でサウダーデという言葉が何度も出てくる。 ポルトガル語のsaudadeのことで、ブラジルではサウダージと発音していたので違和感があって調べてみた。日本ではサウダーデと表記したものがかなり多い。池辺葵の漫画「サウダーデ」、 新田次郎 藤原正彦の小説…
コメント:0

続きを読むread more

支笏湖の千年みずなら

久しぶりに勉強会が開かれた。 支笏湖の千年みずならは一度見に行きたいものです 第147回 最終間氷期勉強会 日  時:2020年 6月 20日(土)、午後1時~5時 場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) 「支笏湖の千年みずなら」 関根 達夫 氏 「降雨量から 河川の流量を求める」中村 鎮雄 氏 …
コメント:0

続きを読むread more

英国の国民的歌手、ヴェラ・リン、103歳で死去

第二次世界大戦中に慰問公演を開き“軍の恋人(Forces sweetheart)”と慕われた国民的歌手。戦後どころか近年までその人気は衰えず、2009年92歳のときにリリースされたベスト・アルバム『We'll Meet Again: The Very Best of Vera Lynn』が1位を獲得し、リンは全英チャート史上最高齢のNo…
コメント:0

続きを読むread more

南極とシャクルトンとバンジョー

「南極探検隊にみる、コロナ危機を乗り切るヒント」というYAHOOニュース(NationalGeographic)より。 初期の南極観測隊が危機に陥ったときに、それをいかに克服したかという例をいくつか提示し、コロナを乗り切る指針を提示している。最初の例は、1915年シャクルトン隊の船が流氷に閉込められ沈没し始めたとき、持出す必要最小限の…
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスク

ポスティングでアベノマスクが届いた。生物系の先生が顕微鏡で見ると虫が見つかったと投稿した写真を見ていた。それでルーペで見ると細い髪の毛やら黒い粒子状の物が付いていた。どこかに寄付するのもはばかられるので、未開封のまま着払で責任者に返送した。
コメント:0

続きを読むread more

「再会」

方言の「再会」は知らなかった しずこ 京都祇園編 白木ゆう子 福浦光洋(津軽弁):珠木美甫(肥後弁) utoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen> YOSHIKO
コメント:0

続きを読むread more

タジキスタンの歌

タジキスタンのコロナは急上昇のようです。この国は中央アジアの最貧国と呼ばれていて、医療のレベルは低いらしい。高度な医療というものは自給自足の暮らしではなく貨幣経済によって支えられている。一番弱い立場に置かれる人々のためにも、発展を目指すことは悪ではないということを改めて実感した。 Amazing Tajik Song by Madin…
コメント:0

続きを読むread more

日本のシャンソン歌手

「夜のプレイリスト」で「シャンソン DE パリの香り」を聞く。日本の歌手が歌っていたが誰一人知らなかった。youtubeには多くのシャンソン歌手がアップしている。その一部を紹介。 渡辺歌子 シャンソン 「つる」、「古い上着」、「カルーソ」 嵯峨美子 「再会」 しますえよしお 声のない恋 大木康子 もう私は二十歳じゃないの …
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードの通訳者イトウの物語

明治初期に日本の国内を旅行したイザベラ・バードは多くの国を旅行し、多くの本を書き、世界でも有名である。しかし、日本で通訳者として同行したイトウは長い間、その人物像は不明であったが最近は少し明らかになった。このイトウを主人公にした小説に中島京子「イトウの恋」2005年があるのを知り読んでみた。イトウの日記が見つかり、その経過と日記の内容の…
コメント:0

続きを読むread more

庭の花 6月

釣鐘水仙(ブルーベル)鱗茎に毒あり  テンナンショウ 全草に毒(漢方薬)  アヤメ 全草に毒 テッセン 葉に毒  みんな毒草ですね 植物は身を守るために毒をもつものだけが生延びてきたんでしょうか
コメント:0

続きを読むread more

ベルギーの歌姫

ララ・ファビアン 1970年生れ シンガー・ソングライター、女優、プロデューサー。音域3オクターブのソプラノ。フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ヘブライ語、オランダ語、ドイツ語、ロシア語の9カ国語で歌う。 Lara Fabian - Je T'aime - Live Concert - magyar fordít…
コメント:0

続きを読むread more

アークトゥルス

昨夜は星空がよく見えた。南側の高いところに一つだけ色のついた大きな星が見える。橙色に輝く、春では全天第一のアークトゥルスだ。春の大三角形の一つでもある。ずいぶん昔、『アルクトゥールスへの旅』デイヴィッド・リンゼイ というSF小説を読んで以来、なんとなく気になる星です。
コメント:0

続きを読むread more

花では原則的に色が染まらない

こんなことは知らなかった。 志村:どんな花も色が染まらないのに、紅花だけが、色が染まるんですよね。 石牟礼:そのように、お書きでしたので。 志村:特別な神様のご意志が、そこにあるような気がするの、紅花には。蘇芳は木の幹ですし、茜は地の根でしょ。 石牟礼:根とおっしゃいますね。 志村:ですから、それぞれの分野で役割が違うと思うん…
コメント:0

続きを読むread more

古井由吉

古井由吉の小説を初めて読む。図書館にあった「夜明けの家」と「陽気な夜まわり」。いずれも短編小説集。普通の小説と違って、どうもカメラの焦点が合わないような、情景などどうでもいいようで、粘着質な書き方で、現実と虚構のあわいを表現しているのだろうか。耳も遠くなるにつれて、季節ごとに静まりは確かになり重くなり、人がどこへ紛れこんでいようが、いく…
コメント:0

続きを読むread more