マイナンバーカード申請

今年の青色申告からこのカードを持っていると税の控除が増える。5年前に通知カードとともに届いた申請書を持って街の証明書用の写真撮影ボックスへ行くと、このボックスだけで申請書の送信までできると書いてある。スマホで確認するとそうらしいと分った。料金800円の支払い、写真の撮影、葉書のQRコードの読込み、確認用の写真プリントで終了した。5分もか…
コメント:0

続きを読むread more

「赤星鉄馬 消えた富豪」

この本は赤星鉄馬の評伝です。ほとんどの人は世に知られず死んでいくが、この人はあえて目立たないように生きたようだ。明治15年に生れ、昭和26年に68歳で死去した。1代で巨万の富を築き上げた薩摩閥の武器商人の長男として生れ、アメリカの大学を卒業し、高額の資産を基に多くの事業を行った。ブラックバス、ゴルフクラブ、釣りの世界では有名だったらしい…
コメント:0

続きを読むread more

Goodbye Odessa - Yiddish Song

Goodbye Odessa - Ukrainian Yiddish Song - Olga Mieleszczuk オデッサ、さようならオデッサ、 あなたがいなくなると、とても寂しくなります、 私はあなたを忘れない、 友よさらば 一緒に叫びましょう: オデッサママ、大好きです! ---------------------…
コメント:0

続きを読むread more

歌う犬やオオカミ

そういえば、最近 犬の遠吠えを聞かないな。 New Guinea Singing Dog (CNN) 独特な声の遠ぼえで知られる超希少種の犬「ニューギニア・シンギング・ドッグ」。野生では絶滅したと思われていたこの犬の仲間がニューギニア島に生息していることが分かったという調査結果が、8月31日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表…
コメント:0

続きを読むread more

クラヤ Kraja

スウェーデン北部の都市ウメオを拠点に 活動する女性コーラスグループ。放牧時の情報伝達や家畜呼び寄せのための歌 唱法「キューリング」や、北欧各地に伝わる古い詩などを積極的に取り上げ、豊 かな恵みや安らぎを求める人々の思いや、人生の意味を問う深遠な心の動きを、 メロディーが幾重にも重なり合う巧みなコーラスワークで表現する。 …
コメント:0

続きを読むread more

「参院のドン」元労相の村上正邦さん死去、88歳

ちょうど今読んでいる菅野完著「日本会議の研究」にこの人の名前はよくでてくる。 みんな真剣に怒っていた。特に、大原さんは怒っていたね。椛島まで真剣に起っていた。あのときは、みんな真剣だった。もうどうも手がつけられないんで、「参院では可決させない」と約束して、その日は帰ってもらったんだ」 1995年のあの日、「参院のドン」と呼ばれた村上…
コメント:0

続きを読むread more

収穫

ただ一つ実ったりんごはカラスに食べられてしまった。残りは綺麗に洗ってカラスのおすそわけとして頂きました。まだ堅いりんごでした。先週はトマトも食べられたし油断がならないな。先日の紀伊國屋のカラスの話は満席で聞けませんでした。
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくが見つけたいじめを克服する方法」岩田健太郎

この本が出版された頃、この本の紹介がてら、若いときの著書のエピソードを先輩女医がSNSで書いたのを読んで、いつか読んでみたいと興味があった。若いときからコミュ障でいじめられっ子だったらしい。本の中では空気をあえて読まないフリをしていると書かれているが。岩田健太郎さんはすでに共著や翻訳も入れると70冊近くの本を出している多作の医師。 …
コメント:0

続きを読むread more

風狂のうたびと・バウル

バウルはインドとバングラデシュにまたがるベンガル地方の歌い人。適切な訳語が無く吟遊詩人、神秘的詩人、芸術的修行者など様々に呼ばれる。ユネスコの無形文化遺産。ごく少数点在している歌う修行放浪者である。世俗を捨て師に入門し、静寂を知る修行、自らの内面を旅して人間を知る修行、欲を捨て去る修行など様々な修行を経て、悟りを開いたのちに個人宅を…
コメント:0

続きを読むread more

マリア・ベターニア

Maria.Bethaniaはブラジル・バイーア州生れの歌手。1946年生れ。バイーア州はカンドンブレが盛んなところ。 兄カエターノヴェローゾの O Ciúme(嫉妬) Sonho Meu(私の夢) Reconvexo 黒真珠
コメント:0

続きを読むread more

良い風化

道新のインタビュー記事「【定池祐季さん】胆振東部地震の被災地支援を続ける東北大助教」9/4 より ――2年がたち、地震の記憶の「風化」が懸念されます。  「『風化』との言葉には誤解もあるようです。『忘却』と同義であるととらえられがちですが、それは違う。例えば岩石であれば、粉々になり、土となって自然に溶け込んでいく。被災者の皆さ…
コメント:0

続きを読むread more

[「雪の練習生」

ところがその同じナマケグマが二度目に顔を合せると厳しい顔で、「君は意味も無くその辺を歩き回ったり、ショーをやってみんなを喜ばしたりしている。そんな人生に意味はあるのか」とつっかかってきた。「そういうあなたは一体どうゆう有意義なことをして毎日を過しているんですか」と聞きかえしてやると、「怠けているのさ」という答えが返ってきた。「怠けるとい…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルニュース 8月分

8/29 ≪リオ州知事≫汚職疑惑で停職処分に=コロナ対策費用を着服?=「大統領の陰謀」と反論 8/29 ≪サンパウロ州≫「コロナの最悪期は過ぎた」と知事 8/29 コロナ対策になるゴミ袋=ウイルスを無力化 8/28 黒人の殺人被害が増加傾向=この10年で11・5%増 8/28 総人口2億1175万人に=1年で16…
コメント:0

続きを読むread more

アリソン・クラウス

アメリカのフィドラー兼歌手 ジャンルはブルーグラス・カントリー。 今日の三角山放送で流れてきた。 1990年代にブルーグラスを新しい聴衆に届けたアーティストとして評価されている グラミー賞の最多受賞者としても知られている
コメント:0

続きを読むread more

「ナウマン伝」

昨年発行された「ナウマン伝」を紹介した。いろんな資料を追加して話しをしたら40分の予定時間をかなり超過してしまった。帰りに先輩から良かったと言われほっとした。 第148回 最終間氷期勉強会のお知らせ     日  時:2020年 8月 29日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号)…
コメント:0

続きを読むread more

暖かい海水の流入によって生じる白瀬氷河の顕著な融解プロセスを解明

北大の新着ニュース。https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/08/post-716.html 北海道大学低温科学研究所の平野大輔助教,国立極地研究所の田村岳史准教授,海洋研究開発機構の草原和弥研究員らの研究グループは,現場観測と数値モデルの手法を融合し,暖かい海水の流入によって生じる白瀬氷河の顕著な融解…
コメント:0

続きを読むread more

與那城美和の 白鳥の歌

「ミワさんの名が世に知られるようになったのは、7年前。 『っすとぅす゜(白鳥)ぬあーぐ』という古謡との出会いだった。 狩俣で遊んだ帰りの青年たちが、サディフガーの近くで とても美しい女性の唄声を聞いたんだって。 その声に惹かれて近くに寄ってみると、 大樹の枝が天に昇るように伸びていて、 そこに一羽の白い鳥がとまってた…
コメント:0

続きを読むread more

三峡ダム

日経ニュースによると「長江中流の湖北省にある三峡ダムへの警戒は高まる。中国国営中央テレビによると、三峡ダムへの入水量は過去最大の毎秒7万6千立方メートルに近く達する見通し。すでに10カ所の水門から過去最大となる毎秒4万8千立方メートルを放水するが、流入量に追いつかず、水位は過去最高の166メートルに達する見通しだ。」 20日19時で1…
コメント:0

続きを読むread more