はやぶさカプセル回収大作戦 13日23時頃落下予定

二つのニュース
その1
砂漠の星くず見つけ出せ はやぶさカプセル回収大作戦(1/2ページ)

 小惑星「イトカワ」に着陸した探査機「はやぶさ」が13日、7年の旅を終えて地球に帰ってくる。
大気圏で燃え尽きる前に、小惑星の砂が入っている可能性があるカプセルを放出する。
パラシュートは開くのか、落下後に見つけ出せるのか、気を抜けない局面が続く。
世界初となる小惑星の砂の入手を目指し、日米豪の約50人が回収作戦を展開する。
はやぶさは、13日午後11時ごろ大気圏に再突入、豪州南部ウーメラの砂漠に落下する予定。
突入速度は米スペースシャトルの1.5倍の秒速12キロ。重さ500キロの探査機本体は流れ星となって消える。
本体が燃える前に回収カプセルを放出する。中華鍋のような形で直径は40センチ、底は耐熱樹脂
で覆われている。再突入から70秒後に表面の温度は3千度に達し、最大で重力の50倍の力がかかる。
カバーを吹き飛ばし、中のパラシュートを開き、幅20キロ、長さ200キロの範囲に落ちる。自分の位置を知らせる電波を砂漠で待機している回収チームが受けて急行する。

問題は、この一連の動作を7年前に積まれた一つの電池に頼っていること。帰還が予定より3年延び、電力が残っているか心配される。宇宙航空研究開発機構の山田哲哉准教授は「ほぼ同じ状態で保管していた電池を確認したら、十分な電力が残っていた」と話す。
電波が受信できない場合を考え、燃え尽きるはやぶさの写真も4カ所で撮影。火の玉の軌跡から、カプセルが飛んだ方向を割り出す予定だ。夜に落下させるのは、流れ星のように軌跡を確認しやすいことと、落下後も熱を帯びていて赤外線カメラで見つけやすいと期待されるからだ。

カプセルはアルミ合金製で、パラシュートが開かなかったとしても、山田さんは「かなりダメージを受けるが、バラバラにはならないだろう」と期待する。
過去の回収劇はうまくいったのか。
地球外の天体を調べた無人探査機では、米航空宇宙局(NASA)のジェネシスとスターダストが、それぞれ太陽風に含まれる粒子と彗星(すいせい)の試料の回収に挑戦。
2004年9月に帰還したジェネシスは、パラシュートが開かず、カプセルは地面に激突。破損したものの、試料の多くは回収できた。
06年1月のスターダストの回収では、カプセルが湿地に落ちて水が入った場合などを想定したシナリオを作って準備。
訓練も12回実施した。
試料が地面に飛び散った場合に備えて、軍関係者も含む約150人が、懐中電灯や専用手袋を準備して待機した。
スターダストのカプセルは予定通り大気圏に突入。位置を知らせる電波はうまく受信できなかったが、レーダーや赤外線観測で追跡、順調に回収できた。
担当したNASAのマイケル・ゾレンスキー博士も、はやぶさの回収に協力するため、豪で待機することになってい。

はやぶさが持ち帰る予定の砂から何がわかるのか。
はやぶさが行った小惑星「イトカワ」は、46億年前に誕生した時の状態が保たれ、表面には地球の中心にあるような重い物質が多くあると考えられる。
地球に落ちた小惑星からの隕石(いんせき)のように変質しておらず、その砂から同時期に誕生した地球の初期の状態を知ることができる。
採取の際に装置が予定通り働かず、砂粒がカプセルに入っているか微妙だが、宇宙機構は、粉薬1粒ほどの試料
▽ ソース アサヒ・コム
http://www.asahi.com/science/update/0605/TKY201006050118.html
▽ 画像
http://www.asahi.com/science/update/0605/images/TKY201006050129.jpg
http://www.asahi.com/science/update/0605/images/TKY201006050156.jpg

その2
天文ファンでつくる「日本流星研究会」の上田昌良さん(58)(大阪府羽曳野市)ら2人の「隕石ハンター」が、宇宙航空研究開発機構の要請で、6月13日に小惑星探査機「はやぶさ」が豪州に投下するカプセルの捜索に参加する。

カプセルには小惑星「イトカワ」の砂が入っているとされ、月以外の天体から砂や石を持ち帰るのは、人類初の試練。
上田さんは「太陽系誕生の手がかりとなるプロジェクトで、夢のよう」と意気込んでいる。

 天文少年だった上田さんは高校卒業後、同会に入会。
約40年間、流れ星の観測を続けてきた。
2003年からは、流れ星の映像を自動録画できるソフトを活用。
会のメンバー約30人で宮崎県から青森県までに観測カメラ約100台を設置、光の軌道から隕石の落下地点を割り出す「流星の自動カメラ観測網」を作り上げた。
 昨夏、同機構が開いた「はやぶさカプセル再突入における地上観測研究会」で、上田さんと同会会員の司馬康生さん(48)(兵庫県明石市)が独自の観測網について発表したところ、「高い技術でユニークな試みだ」と評価され、回収班のメンバーに選ばれた。
2人は豪州の落下想定地域にカメラ数台を取り付け、大気圏との摩擦で生じるカプセルの閃光を手がかりに、落下地点を突き止める。
ただ、隕石は大半が大気圏で燃え尽きてしまうため、これまでに独自観測で地上に落ちた可能性があったのは3件だけ。
落下地点とみられる山梨市の果樹園や、大津市の延暦寺周辺を探し歩いたが、まだ発見例はない。
 上田さんは「今回は大まかな落下地点や重さがわかっているので、発見の確率は高い」と言い、司馬さんも「責任は重いが、必ず成功させたい」と話している。
 ◇はやぶさ=地球―火星間の軌道を回るイトカワから、砂やチリなどのサンプルを持ち帰ることを目的に、2003年春に打ち上げられた。
05年秋に着陸に成功、今年6月に帰還予定。
探査機本体は大気圏で燃え尽きる。
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100509-OYT1T00088.htm
はやぶさ
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100509-129842-1-L.jpg
上田昌良さん
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100509-129809-1-L.jpg

24 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 18:00:50 ID:/2uvVWSc
しかし、こんな原始的な方法で探すとは・・・

29 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/05/09(日) 19:00:49 ID:kGb8neZY [2/2]
>>26
地上のシステムは万全らしいけど、何しろ期限をとうに過ぎてる電池の残量がわからない。
そこでビーコンだけに頼らない追跡・捜索が必要なわけ。
もちろんはやぶさチームでも地上の捜索はするだろうけど、万全を期したんじゃない?
記事を信じればだけど、「要請」されて「回収班」に参加するのに、自腹はないと思われ。

47 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/05/09(日) 21:52:57 ID:z80k8Dfy
>>43
宇宙条約で「所有権」は主張できない。
第8条
宇宙空間に発射された物体が登録されている条約の当事国は、その物体及びその乗員に対し、それらが宇宙空間又は天体上にある間、管轄権及び管理の権限を保持する。宇宙空間に発射された物体(天体上に着陸させられ又は建造された物体を含む。)及びその構成部分の所有権は、それらが宇宙空間若しくは天体上にあること又は地球に帰還することによって影響を受けない。これらの物体又は構成部分は、物体が登録されている条約の当事国の領域外で発見されたときは、その当事国に、返還されるものとする。その当事国は、要請されたときは、それらの物体又は構成部分の返還に先だち、識別のための資料を提供するものとする。

75 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/05/10(月) 12:58:17 ID:WsOD1qRf [2/2]
いままでの流れから行って
一筋縄で回収できるわけがない。
たぶん電池切れでビーコンはないけど
はやぶさが最後に我が身を燃やして光で道筋を示し
このチームのおかげで回収に成功するんだろうな
 こういう柔軟で優れた人選がチームの強さなんだろう

15 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:32:08 ID:cSUv6Rb/
>はやぶさは、13日午後11時ごろ大気圏に再突入、豪州南部ウーメラの砂漠に落下する予定。
これは日本時間?

16 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 22:36:32 ID:dk5pGgKn [2/4]
>>15
日本時間+30分だって。
経度がほとんど変わらないから、時差もほとんどないね。

18 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:39:26 ID:vf2M6xF7 [2/2]
いまグーグルマップでウーメラ砂漠見たけど、湖多くない?
水没しないだろうか?

27 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 22:59:34 ID:Uva0wWd0
【宇宙】小惑星探査機・はやぶさ、地球への帰還確実に 宇宙機構、軌道修正に成功★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275741622/

関連動画
【探査機はやぶさ】「イトカワをねらえ!」第一話
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8542502
【探査機はやぶさ】「イトカワをねらえ!」第二話
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10301677
【探査機はやぶさ】「イトカワをねらえ!」最終話
 今後アップ予定

47 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/06/06(日) 07:58:39 ID:2T6xJzzD [1/2]
はやぶさ本体の突入は「小惑星の軌道予測システム」たらなんたらに役立てるらしいね。
NASAがDC-8で追いかけてカメラで撮るそうだから、もしカプセルからビーコン出なくても
本体の正確な観測軌道から、カプセルの落下位置はかなり絞れるんじゃないかな?
http://airborne.seti.org/hayabusa/

198 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/06/09(水) 22:37:32 ID:YfOw+uAU [3/4]
カプセル探査にはNASAのDC-8大型航空観測機が導入される予定。
すでに、今頃はオーストラリアに到着しているはず。
地上チームはDC-8からの指令を受けて動くんじゃないかと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック