高精度土地被覆図の公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のプレリリース 平成22年9月13日
陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)データを用いた「高精度土地被覆図」の公開について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の観測データを用いて、日本のほぼ全域の高精度土地被覆図を作成し、その画像をインターネット上に公開することとしましたので、お知らせいたします。
 今回公開する高精度土地被覆図(図1)は、「だいち」(ALOS)に搭載されている高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2; アブニール・ツー)(※1)の観測データを主に用いて作成したもので、国や地方自治体が行っている植生調査や森林管理、土砂災害などの調査、食糧安全保障への貢献など実利用の分野や、生態系研究等の研究分野など、様々なアプリケーションにおける基礎情報として利用されます。将来的には、気候変動観測衛星(GCOM-C; ジーコム・シー) (※2)による全地球規模での土地被覆図の作成・高精度化や、次期高分解能光学センサによる、より詳細な土地被覆調査へとつなげることが期待されます(図2)。
 この土地被覆図は、一部の離島を除いた日本のほぼ全域を50m四方の細かさ(解像度)で9つの種類(分類カテゴリー)に分けた画像です。9つのカテゴリーとは、[1]水域、[2]都市、[3]水田、[4]畑地、[5]草地、[6]落葉樹、[7]常緑樹、[8]裸地、[9]雪氷になります。土地被覆図の算出には、植物の季節変化(フェノロジー)を考慮するために多時期のアブニール・ツー画像を用いており、地形にともなう歪みと撮影時の大気状態の違いによる影響を補正することで高精度化をはかりました。
 なお、本土地被覆図の作成にあたっては、筑波大学との共同研究の一環としてアルゴリズム開発を行なっています。今後、さらに分類精度の向上を進め更新していく予定です。

【サイト入り口はこちらから】
JAXA 宇宙利用ミッション本部 地球観測研究センター(EORC)
高精度土地被覆図(日本全域):http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/lulc/lulc_jindex.htm (日本語版)
------------------------------------------------------------------------------
ダウンロードしてみたが、解凍不能状態でした。
ファイル名がおかしいのかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック