市民ランナーの心停止

フルマラソンは楽しいが、危険がいっぱいです。

市民ランナーの心停止、「男性」「フルマラソン」がハイリスク 2005年以降の発生率は大きく上昇

 一般市民が参加するフルマラソンやハーフマラソンなどの長距離レース中の心停止の発生率は、参加者10万人当たり0.54で、うち7割が死亡。「男性」「フルマラソン」がハイリスクで、死因として最も多いのは肥大型心筋症。生存の予測因子は目撃者による心肺蘇生開始―。そんなデータが、米Harvard大学医学部のJonathan H. Kim氏らが行ったRACER研究で得られ、NEJM誌2012年1月12日号に掲載された。

 米国でも、マラソンなどの長距離走レースに参加する一般市民が増えている。2010年には約200万人の市民がフルマラソンまたはハーフマラソンに参加したと推算されている。参加者が増えた理由の1つは、定期的な運動による健康増進に関心が集まっていることだと考えられるが、一方で、レース後の心機能の異常やレース中の心停止の報告が増えており、競技会開催の安全性について議論されるようになった。

 若いスポーツ選手の突然死については様々な分析が行われてきたが、そこで得られたデータを、より年齢の高い市民ランナーに適用することはできない。しかし、これまで、長距離レース中に発生した市民ランナーの心停止例を集めて臨床的特徴を調べた研究はなかった。

 著者らは2000年1月1日から2010年3月31日までに開催されたフルマラソンとハーフマラソンの参加者の、レース中またはゴール後1時間以内の心停止の発生率と転帰を後ろ向きに調べた。心停止後の生存者には面接調査を行い、人口統計学的特徴、ランニングその他の運動の経験、本人と家族の医療歴などの情報を収集し、医療記録も分析した。死亡例については、近親者に対する面接と、医療記録、剖検データの分析を行った。

 レース参加者1090万人のうち、59人(平均年齢42±13歳、86%が男性)が心停止を起こしていた。
40人がフルマラソン、19人がハーフマラソン参加者だった。心停止の発生率は参加者10万人当たり0.54(95%信頼区間0.41-0.70)だった。

 心停止発生率は、ハーフマラソンに比べてフルマラソンの方が有意に高かった。10万(0.07-0.31)と0.90(0.67-1.18)で、P<0.001。

 ハイリスクの組み合わせと考えられた男性のフルマラソン参加者の心停止発生率は、10万人当たり1.41(0.98-1.97)で、00~04年は10万人当たり0.71(0.31-1.40)、05~10年は2.03(1.33-2.98)と、大きく上昇していた(P=0.01)。

 心停止を起こした59人のうち、42人(71%、10万人当たり0.39、0.28-0.52)が死亡した。死亡者の平均年齢は39±9歳、生存者の平均年齢は49±10歳だった(P=0.002)。死亡もまた、ハーフマラソン参加者よりフルマラソン参加者に多く(10万人当たり0.25〔0.14-0.36〕と0.63〔0.41-0.93〕)、女性より男性に多かった(10万人当たり0.14〔0.06-0.29〕と0.62〔0.43-0.86〕)。

大西 淳子=医学ジャーナリスト/日経メディカル 2012. 1. 30
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/nejm/201201/523404.html
Cardiac Arrest during Long-Distance Running Races
Jonathan H. Kim, M.D., Rajeev Malhotra, M.D., George Chiampas, D.O., Pierre d'Hemecourt, M.D.,
Chris Troyanos, A.T.C., John Cianca, M.D., Rex N. Smith, M.D., Thomas J. Wang, M.D., William O.
Roberts, M.D., Paul D. Thompson, M.D., and Aaron L. Baggish, M.D.
N Engl J Med 2012; 366:130-140January 12, 2012
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1106468
関連ニュース
【調査】マイカーとテレビを所有する人は、心臓発作を起こす確率が27%高い…医学誌「ヨーロピアン・ハート・ジャーナル」発表
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1326402853/-100
【健康】専門家による定期的な歯のクリーニングで心臓発作リスク低減の可能性
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322280689/-100
一日11時間以上働いていると心臓発作の確率が67%上がる
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1302618592/-100
>>2辺りに続く

2+1 :pureφ ★ [mail↓] :2012/01/31(火) 16:03:25.35 ID:???
【医療】母親の脳卒中既往歴は娘の心臓発作リスクを高める、英研究
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1297867153/-100
【健康】血液型0型の人は特定の心臓疾患・心臓発作に対するリスクが低いことが判明・・・ペンシルバニア大 画像あり
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1295862362/-100
【医療】ダイエット炭酸飲料でも心臓発作リスクは増加、米研究 画像あり
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1297608828/-100
【蘇生】心臓発作時の蘇生法、「胸部圧迫のみ」が好結果 米研究
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1286634904/-100
【医療】糖尿病治療薬に心臓発作の副作用、事実隠匿と製薬会社を非難
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1266844806/-100

3+1 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 16:09:15.66 ID:4VRcQLQ/
5日の香港マラソン(10kmだけど)行ってきまーす。

8 :名無しのひみつ [↓] :2012/01/31(火) 16:34:51.23 ID:YTbPgVUY
>>6
限界を越えると気持ち良いんだよ。
薬中と同じで体には良くないけど。

9 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 16:36:35.05 ID:zKWYzMWn
初心者ほど飛ばしすぎて怪我をする。
普段の練習ではLSDトレーニングを重視すべき。

15 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 18:19:21.35 ID:le44NbwE
マラソンブームのおかげで俺が見ても
「おじさん、あんたはそのペースで走っちゃダメだろ、死んじゃうぜ」
というランナーを良く見掛ける。
中年より老年に掛かった60以降で
「若造なんかに負けるかよ」という勝気な年寄りが一番ヤバそう。
俺がヒョイッと抜いてあげると意地で付いてくるのも居るからあえて道を
変えたり止って足踏みしたりして前へ行かせてあげたりすることも。

危なくって見てられない。

俺と必死で走ってて倒れて痙攣でも起こされたら一生心の傷になっちまうからな

16 :名無しのひみつ [↓] :2012/01/31(火) 18:47:54.47 ID:B8Jg12Vj
>>3
個人的には10kmが一番ヤバいと思う。
比較的ペースも早いし、調子に乗ってスパートしたら心拍MAXまで逝ける。

17 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 18:51:34.04 ID:YUyFejtS
人命に関わるし免許制にしたら?

18 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 21:15:57.56 ID:MI7c1cMc
フルよりハーフ、ハーフより10kmの方が心臓の負担が半端無いけどな
10kmなんかずっと吐きそうな心拍で走りきる

19 :名無しのひみつ [] :2012/01/31(火) 21:39:15.93 ID:CkyNnRty
死ぬのは老人よりも比較的に若者。中央値がどこか知りたいけど、平均年齢40と書いてあるだろう。
年寄りは頑張っても心臓よりも先に筋肉がばてるから死ににくい。
若者は筋肉がばてなくても心臓が先にやられるので良く死ぬ。









おうちランニング [DVD]
クリエイティヴ・コア
2009-08-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おうちランニング [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック