実業団のマラソンは完敗

五輪キップをほぼ確実にした藤原新も、やはり実業団に所属しない“フリー”のランナーだ
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/images/20120227/spo1202271242004-n1.jpg

 男子マラソンは惨敗の予感-。ロンドン五輪男子代表選考会を兼ねた第6回「東京マラソン2012」(夕刊フジなど後援・東京都庁前-東京ビッグサイト)が26日行われ、実業団などに所属しない藤原新(あらた、30)=東京陸協=が2時間7分37秒で日本人トップの2位でゴールした。注目の公務員ランナー、川内優輝(24)=埼玉県庁=は3度も給水をミスして14位と完敗。代表(男女各3人)は来月12日の日本陸上連盟理事会で決定するが、このままではとてもメダルなど遠い存在だ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 しょせんは“井の中の蛙”といわれても仕方ない。五輪代表の『当確タイム』の目安は2時間7分台。藤原は日本歴代7位のタイムでゴールし「本当は日本記録を狙っていた。
ただ、途中は1人だったので、合格のタイムかな」と振り返った。

 この大会では川内ばかりに注目が集まっていたが、試合前日にはマラソンでは珍しい“大舌戦”の応酬があった。

 川内が「2時間7分台を出す。(藤原)新さんが目標タイムを明言されないので、私が言います」と仕掛ければ、藤原は「(川内を)持ち上げるため」と反撃。さらに藤原が「お互い引っ張ろう。後ろにつくのはダメ」と川内の戦法を牽制(けんせい)すると、川内も「新さんは日本記録(2時間6分16秒)更新を狙っている」とやり返す。
レース前日も、藤原が“勝負メシ”に故郷長崎の名産「福砂屋のカステラ」を食べたといえば、川内はいつもの験担ぎで「カレーライス」で応戦した。

 意外な盛り上がりでがぜん注目を集めたガチンコ対決だったが、25キロ過ぎであっけなくカタがついた。

 「正直(川内が脱落して)さみしかった」という藤原も、実は自称“プータローランナー”というフリーの身。JR東日本を経て、プロを宣言。健康機器販売会社と契約したが、給料の未払いなどで昨年10月に契約解除になった。
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20120227/spo1202271242004-n1.htm

2+1 : [―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★ [] :2012/02/27(月) 15:17:28.95 ID:???P [p2]
 「給料があるぶん、川内くんはいい。僕は貯金を切り崩しながらですから」と意地の快走が続いた。41キロ地点では、2時間3分59秒という元世界記録保持者ゲブレシラシエ(38)=エチオピア=を捕らえて3位。、残り1キロになると「あとはカネ! 賞金に目がくらんで必死だった」と、3位からは200万円もアップする2位の賞金400万円をゲットし「いろいろと支払いが滞っているので、妻に納付しないと」と笑わせた。

 一方の川内はまさかの14位。「給水に失敗した自分の技術のなさです」と反省の弁。だが、明らかに調整失敗でもあった。「日本一有名な公務員ランナー」になってしまったことで、1日わずか2時間しかない練習中に心ないファンから写真を撮られたり、声をかけられたりすることもあった。

 また、全力で走りきりゴールするとすぐに倒れる姿に「マラソンなんか出るんじゃない」という批判の投書もあったという。それでも「全部自分で乗り越えなければいけないことです」と力なく漏らした。

 昨年12月の福岡国際マラソンは、2時間9分57秒の日本人トップでゴール。
「これで五輪はほぼ当確」といわれながら、「こんな記録で代表になるのは…」と、五輪日本代表が決定した後の4月にも、ドイツ代表選考レースとなる「デュッセルドルフマラソン」にあえて出場するという。

 日本の男子マラソンでのメダルは、1992年のバルセロナ五輪で森下広一が銀を獲得したのが最後。今回、日本代表としての設定タイムは「2時間7分台」とされたが、藤原が出したのは実に5年ぶり。ところが、この記録では今やケニアとエチオピア勢が占める世界10傑には入れない。ロンドンでメダルを獲得するには「2時間3分台」が最低ライン。もちろん7月に迫った本大会までに、日本人選手がこの記録を出すのは奇跡が起きても難しい。


3+1 : [―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★ [] :2012/02/27(月) 15:17:44.34 ID:???P [p2]
 それにしても情けないのは、藤原や川内よりはるかに恵まれた環境で練習に励む実業団の面々だ。長距離は、マラソンより『駅伝』が国民的行事になってしまったおかげで、ほとんどが駅伝に勝つための練習を優先し、毎日最低でも6時間以上の練習を課す。それに疑問を持って実業団チームを飛び出したのが藤原であり、「1日2時間の練習でも世界で勝てることを証明したい」と成り上がったのが川内だった。

 もはやフリーにも勝てない実業団の実情に、日本陸上連盟の坂口泰・男子マラソン部長(51)は「マラソンにとって絶好のコンディションだった。新たな考え方を取り入れていく必要がある」と、苦り切った様子で話す。とはいえ、全くなすすべがないというのも現実ではある。

 4年前の北京五輪の状況と、何ら変わっていない。ロンドン五輪も、男子マラソンは開幕前に完全降伏の「白旗」をあげている。

15+2 :名無しさん@恐縮です [] :2012/02/27(月) 15:24:52.29 ID:S4tqMtMb0 (1/3) [PC]
浅い記事だな
実際は男子も女子も入賞で御の字だよ
日本のマスコミのレベルの低さは異常

29 :名無しさん@恐縮です [] :2012/02/27(月) 15:29:33.71 ID:JPXenZVcO (2/2) [携帯]
相変わらず
TV見てるだけの楽な商売だな
久保は(笑)

36+2 :名無しさん@恐縮です [↓] :2012/02/27(月) 15:31:50.02 ID:2aiPYu2VO [携帯]
>>7
昨日の東京マラソンのスレに書いてあったが
1回目と2回目は川内自身のミスだったけど
3回目は川内の前にいたペースメーカーが間違えて取っていったらしい

66 :名無しさん@恐縮です [↓] :2012/02/27(月) 15:47:26.97 ID:I661uz/c0 [PC]
>>54
そういう話が出てるみたいだが
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/athletics/1330176007/690
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/athletics/1330176007/706

昨日TVで見た感じでは25kmの給水失敗は確かにちょっと謎だった

83 :名無しさん@恐縮です [] :2012/02/27(月) 16:02:32.18 ID:oBamMO8B0 [PC]
>>6
>瀬古や宗兄弟、中山がいた黄金期はメダル独占の期待されるほどだったのに

瀬古を出す為に、陸連がゴリ押しの琵琶湖マラソンを選考会にしたあたりから
陸連のさじ加減が薄汚くなってきた。
大会2つくらいで、フェアーにやらないから、もやしっ子のようなランナーばかり育つ。
女子の世界陸上で1年も前から2位と4位に確定出しまくって、その後の連戦連勝好記録の
日本女子マラソンランナーは出せなかったのが良い例だよ。有森は勝ったけど、4位での
出場は、フェアーさの欠片もないわ。

107+1 :名無しさん@恐縮です [↓] :2012/02/27(月) 16:12:09.06 ID:hVUZe9IU0 [PC]



てーかよー

戦前はどちらもそこそこ金メダリストをだした競泳と陸上は、
80年代までは同じく低迷してたけど、
今世紀に入って何で競泳が躍進したか、
陸上関係者は良く考えてみろ。

大会参加基準を、競泳は厳しくして絞り込んだんだよ。
最低でもファイナルに進む記録でないと、世界選手権や五輪には派遣しないことにした。
結果、アテネ以降で何人もメダルを狙えるまでに成長。
強化費も 「 選択と集中 」 を図ったのに、
むしろ全体のレベルの底上げにすらなった。

この真逆の方針をとったのが陸連。
陸連が設定したぬるーい標準記録を突破すれば、思い出づくりレベルの選手まで大量に派遣し、
もちろん強化費も分散。
マラソンでは目先の金欲しさにTV放映権狙いで選考レースを何度も行い、
肝心の選好でのdgdgぶりはもはやお家芸騒動になる体たらくぶり。

陸上が低迷しているのは構造問題で根が深すぎる。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック