ソメイヨシノはクローン

クローンだということはすでに約20年前に判っていたんだ。
先日のテレビ「養老センセイとまる」の中でもこの話が紹介されていた。
同じ色合で一斉に咲いて一斉に散るという気持悪さは何だろうと思っていたが、クローンだったとは。
---------------------------
桜の代名詞で、間もなく開花期を迎える「ソメイヨシノ」。
江戸時代に誕生したとされ、一斉に咲き散る姿は壮観だ。最新の科学でその素性がひもとかれる一方、
病虫害のリスクを低減するため遺伝的な多様性に目を向ける機運も出てきた。(

■謎残るルーツ

 日本には多くの種類の桜があるが、公園や校庭などで圧倒的な数を誇るのがソメイヨシノだ。
幕末に染井村(現東京・駒込)の植木屋が「吉野桜」として販売したとされ、
花つきがよく、葉が目立たず、成長も早いため全国に広まった。

 明治時代に入ると分類学の発展に伴い、奈良・吉野のヤマザクラとの違いが明らかになり、
1900年に「染井吉野」の和名が付いた。60年代には雑種だという学説が定着。
95年に京都大の研究者らが全国で採取した個体の遺伝子を調べ、全て遺伝的に同じクローンだと分かった。

 ソメイヨシノの起源は、母方がエドヒガンであることは知られていたが、父方は長く決着がついていなかった。
日本の野生の桜は10種あり、うち4種は近縁のため遺伝子による親子鑑定が難しい。
そこで森林総合研究所多摩森林科学園の勝木俊雄チーム長は、遺伝子の目印を複数組み合わせる手法を使い、
2014年に父方がオオシマザクラだと突き止めた。
http://www.sankei.com/premium/news/180304/prm1803040019-n1.html

桜が創った「日本」 ソメイヨシノ起源への旅 (岩波新書) [ 佐藤俊樹 ]
楽天ブックス
ソメイヨシノ起源への旅 岩波新書 佐藤俊樹 岩波書店サクラ ガ ツクッタ ニホン サトウ,トシキ 発


楽天市場 by 桜が創った「日本」 ソメイヨシノ起源への旅 (岩波新書) [ 佐藤俊樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





うちのまる 養老孟司先生と猫の営業部長
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
養老研究所/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名ソニー・マガ


楽天市場 by うちのまる 養老孟司先生と猫の営業部長 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック