エストニアの歌の革命

エストニアは合唱大国で、国民の7割は合唱団に所属しているらしい。
「歌うこと」とは「生きること」と同義語と言われるほど、合唱は、国を支える重要な活動として位置づけられているという。

”エストニアは、1991年に日本との国交を回復しましたが、この独立回復の背景には、長い間の過酷なソビエトの占領に対し立ち上がった国民の姿がありました。何十万もの人々が手をつなぎ、戦車の前に立ちはだかり、歌の力で一滴の血を流すこともなく、エストニアは独立を果たしたのです。
これが、歴 史上例がないとされる「歌の革命」です。 ”

国家を挙げた壮大なスケールで有名な「Song and Dance Celebration(合唱とダンスの祭典)」







----------------------

エストニアの有名な作曲家トルミスの歌をこの9月に歌うが、難しくて大変だ。


-----------------------
エストニアの歌を探すと、この動画が上位にあるが、このダンスが流行っているのかな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック