生きる覚悟を持つこと

3.11当時、福島では信じられないような教師の生徒への指導があったとか、自殺願望が続いたとかの生々しい話から、現在までの話をストレートに話しを聞かせて頂いた。
こんな若い人から「生きる覚悟を持っていますか」と聞かれたときは、新しい世代が始ったのかなとちょっと嬉しくなった。
--------------------
レイチェル・カーソン北海道の会 第163日回の学習例会
期日 9月27日(木) 15:00~17:30
場所 遠友学舎

話題提供  安達 和叶様
 
「福島県での2011年3月11日とそれ以降の体験を経て~生きる覚悟を持つこと~」
東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故を、福島県伊達市伊達中学校の三年生で卒業式の日に体験されたことを切り口に話してくださいます。
今年5月30日の、レイチェル・カーソン生誕111年の集いに、参加してくださり、このことをお話したいと、お申し出をいただきました。
私たちも、お話を聴いて学ばしていただきたいと思います

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック