川越守メモリアル・コンサート

学生の頃、何度か川越守さん指揮する北大交響楽団の演奏を聴いたことがあるが、卒業以来一度も聞くことがなかった。これを逃したら、川越さんに関する演奏会は聞けないと思い、聞いてきました。
観客はそれほど集っていなかったが、演奏は熱気があってよかったし、久しぶりに学生の頃を思い出した。
指揮者だけでなく、250曲ほどの作曲もされていたのは知らなかった。
------------------

期日 2018年12月9日 19:00~21:10
場所 キタラ大ホール

プログラム

北大交響楽団
川越守/祝典序曲「エルムの鐘」 (1960)
川越守/Sapporo Serenade 二ツのメロディーによる幻想曲「秋風」 (2016)
………
北海道交響楽団
ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲
川越守/題名のない音楽 (1973)
川越守/喜遊曲第5 番 (1977)
………
川越守メモリアルオーケストラ
シベリウス/交響詩「フィンランディア」
川越守/交響三章 より 二章 (1968)
川越守/北海の幻想 (1965)

戦後の復興期から長年にわたり北海道に根付いた音楽活動に尽力し、北海道の音楽界を作り上げた川越守先生がご逝去されてから本年12月9日でちょうど一年となります。この機会にこれまでご指導を受けたメンバー(北大交響楽団、北海道交響楽団の団員、OB等)が広く集い、先生への感謝の気持ちを共有しながら、先生が常々おっしゃっていたように「とにかく楽しんで」演奏し、市民の皆様にも川越作品をご紹介する演奏会を企画いたしました。これまでも川越先生の音楽やお話を楽しみに演奏会に足を運んでくださった方々も、初めて川越ワールドに触れる方々も、多くの皆様がご来場くださいますようお待ち申し上げております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック