古代の泳ぎの記録

魏志倭人伝に記録があるが、古代の日本人は素潜りが得意だったらしい。
「倭の人は、魚やあわびを捕ることが好きで、水の浅い深いにかかわらず、誰もが水中に潜ってこれを取っている。
倭の海人は水中に潜って魚や蛤を捕ることを好む。」
「日本泳法のススメ」より
“日本泳法”のススメ 伝承文化としての“オヨギ”が伝えるもの [ 中森一郎 ]
楽天ブックス
伝承文化としての“オヨギ”が伝えるもの 中森一郎 BABジャパンニホンエイホウノススメ ナカモリカズ


楽天市場
また、こんな情報もある
(縄文人は)、外耳の周りに独特の突起(コブ)があったという。これは、素潜りをしたり、海藻の採取などで長期間海水にさらされることによって出来る特徴だという。縄文人は海女さんのような漁労民でもあったようなのだ。日本中から多くの貝塚が発見されることもこれでうなずける。「小俣龍の「龍の言い分」より」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック