North Laboratory featuring 内村匡成 LIVE

尺八とピアノに違和感はないですね。

3月9日(土) 15:00~15:35
場所:1F すずらん広場
出演:
内村 匡成(尺八)
田中 K助(ピアノ)
常松 将行(カホン)

内村 匡成(尺八) うちむら まさなり
北海道函館市出身。幼少の頃より両親から民謡を習い始める。
14歳から尺八研究会和楽泉主宰林成道師に師事し、平成24年に師範を認定。
道内を中心に民謡伴奏、イベントなどでの演奏活動をしている。

田中 K助(ピアノ) たなか けいすけ
1979年生、北海道江差町出身。
ピアニスト、キーボーディスト、作編曲家としてテレビ、ラジオ、CM等の音楽制作に参加する傍ら、北海道内及び関東圏で活動するアーティストへの楽曲提供、ロック、ポップス、ジャズ、ラテン、ゴスペル、民謡などのステージ演奏、ピアノ講師としての後進指導など活動は多岐に渡る。
Music Lounge BRAVE+専属ピアニスト。

常松 将行(カホン) つねまつ まさゆき
北海道・札幌市出身。4歳の時にピアノを始め、9歳の時にドラムスに転向。
2005年4月、Los AngelesのMusicians Institute-PITに留学。
2007年4月、ドラマー、パーカッショニストとして札幌を拠点に活動開始。
21歳で音楽専門学校・教室の講師を務める。
2015年5月、様々なミュージシャンとの活動を経て、日本と西洋の音楽を融合させ、それを基に独自の音楽世界を展開する「ワートシンフォニー」を結成。
2015年5月に、1stアルバム「未来への道を描く人」、2016年10月に、2ndアルバム「地平線で見る夢」をそれぞれリリース。2018年3月、元劇団四季の女優・歌手の秋夢乃をフィーチャーしたシングル「アゲハ蝶」をデジタル配信でリリース。2018年5月、「常松将行 North Laboratory」アルバム「Japanese Song Collection」をリリース。
現在は、日本の伝統音楽と西洋音楽の融合を試みた「North Laboratory」、日本の伝統音楽のジャズアレンジに挑戦した「常松将行Trio」の自己のレギュラー・グループで活動。
また、それらの活動は「The Walker's」のメインインタビュー等のメディアでも紹介されている。
https://www.masayukitsunematsu.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック