楽な道より苦労の多い道を選ぶ人もいる

「生かされてある日々」より 便器を傍らに置き、ギプスベッドに臥たっきりの私に、三浦は結婚しようと言ってくれた。いつ治るかわからぬ私に、結婚しようと言ってくれたのだ。そして待った結果が4年で結婚した。<中略> 首から下は麻痺している星野富弘さんと8年つきあって結婚、その後8年間結婚生活を続けていて、明るくさわやかに生きている昌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more